2017年6月28日 (水)

スミマセン

Img_4277

今週の月曜日は久しぶりに妻とプライベートで出かけました。目的地は新宿末広亭です。実はなんかのなんかで招待券をいただき、二ヶ月以上前から「いつ行こうか」と話し合ってはいたものの、多少の忙しさにかまけて実行できずにいました。その招待券の期日が今月末までなので、「ここしかない」と決断したのが今週月曜日だったというわけです。

新宿末広亭は昼夜入替なしです。昼の部は12時から16時半まで、続く夜の部は17時から21時までです。6月下席の昼の部の主任(とり)は柳家喬太郎。夜の部の主任は柳家小三治という超豪華な顔ぶれです。

Img_4278

前日に問い合わせの電話をしたところ、連日立ち見が出る超満員で、好きな人は朝8時頃から並び夜の部の終わりまでいらっしゃるとのことでした。招待券での入場は満員の場合(席がなくなった場合)入場ができないので、「昼の部が終わったあたりで並べば夜の部は確実に入れますよ」、との係りの方のお勧めに従うことにしました。

当初は電車で行こうと思っていましたが、近くの駐車場を調べたところ、なんと伊勢丹の駐車場が最大1600円とのこと。これぐらいで車が停められれば車もありだなと考え始め、車だったらついでにリペアに出しているリゾネーターギターをピックアップできたらバッチリだ!ということになり、車で出かけました。

リペアに出しているリゾネターギターはNationalのM1です。この4月に中古で出ていたのを買ったのですが、付属のマグネットピックアップのアースが取れていないことによるノイズが出るので、弦までのアースを取ってもらうためのリペアです。

お店は御茶ノ水にあるアコースティックプラネットというお店です。リゾ3本目になるNational Style-Oもこの店で買いました。その時に担当してくださったSさんにはその後も色々とお世話になっていますが、今回は保証期間内ということもあったのか、無料で作業をしてもらうことができました。このお店はNationalの正規代理店ということで、他のお店とは違いNationalのリゾやその他メーカーのリゾの品揃えが豊富です。興味のある方は要注目です。

アコプラを後に御茶ノ水から新宿三丁目まで20分くらいでしょうか無事に目的のパークシティイセタン1に到着しました。この駐車場は伊勢丹のお店からは少し離れていますが、ここの方が確実に停まれるだろうと考えて選びました。

なんでも余裕を見すぎて移動する僕のことです。1時間以上時間があるのでパーキング近くのサ◯◯ンというビッグサイズのお店へ寄ってジーンズをゲット。これも近々なんとかしなくちゃとい思っていたので良かったです。

実は僕の服、特に衣装に関しては伊勢丹とこのサ◯◯ンで購入したもの率が高いんです。ですから服を買うといえばこれまでも新宿三丁目をウロウロしていたというわけです。

その後は末広亭へ行って係りの方に、夜の部に入ることができるかどうか、入れるならば何時から並べか良いかなどを確認してお弁当を買いに伊勢丹へ出かけました。伊勢丹のお弁当は概してお値段もなかなか良いので(なかにはお求めやすいものもあります)、そうだまだ時間もあるし軽く晩御飯とお茶をしようかということになり、結局イタリアンのお店に入りました。

ここで「おい岩渕、落語にたどり着かんのかい」という強烈な突っ込みがありそうですが、本当ですね。こんなにキーボードを打ちながらなかなか本題に入らないところをみると、どうやらよっぽど楽しかったようです。で続きは明日にします。スミマセン


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

ひたすら

Img_4276

藤井聡太四段の快挙が伝えられた昨日、僕はちょっと不思議な気持ちになりました。それは膝カックン感というか肩透かし感というか、そんな気持ちです。僕はなんでだろうなあ、と考えました。少し前の稀勢の里の優勝の時には「ウォー!」とシンプルに盛り上がったわけですが、藤井聡太四段の快挙には稀勢の里の優勝のような気持ちにはなれませんでした。それはひょっとすると自分で理解出来る範囲の世界から事実が飛び出していったということなのかもしれません。

なんといっても僕は将棋が指せるわけではありませんので(偉そう)、実際にこの記録がどれだけすごいのか、藤井四段の指し手がどれだけ革新的で芸術的なのかもわかってはいません。ですから僕が新記録達成に興味を持ったのは人間ドラマとしての面白さだったのでしょう。

では人間ドラマとはどんなものでしょうか。それは概ね少々ネガティブなのではないかと思います。ですから今回も普通ならば新記録達成はならずに、「将棋の世界はそこまで甘くない」という解説がされて、僕らも「やっぱり人生ってそうだよな」「そりゃあそうだよ」と言いつつどこかでホッとするという図式でしょうか。

多分僕の中にも何パーセントかはこんな気分があって、スーっと(実際はスーっとではないと思いますが)新記録達成という歴史的出来事にどう対応して良いかわからなかったのではないかなあと思います。

ところで稀勢の里の場合と今回と違うのは、稀勢の里の闘いはその姿を見ていれば僕にも闘いの内容が理解ができますが、将棋は盤面を見ても(見ていませんが)理解ができません。実は過去に何度か将棋の本を買ったり、詰め将棋をしてみたこともありましたが、長続きはしませんでした。昨日もせっかくの新記録達成の日だからということで、将棋アプリをインストールしてみましたが、早くも挫折しそうです(汗)。

気がつけば訳ののないことことウタウダと書いてしまっていますが、今回の藤井聡太四段の快進撃に付随する識者のコメントやら何やらで色々気付かされたことがあります。それは音楽と共通する部分があるということです。そして改めて「天才」とはどんな人なんだということに考えさせられました。将棋界での天才は藤井聡太四段だけではありません。言ってみれば皆さんがほぼ天才なのではないでしょうか。これまでの記録保持者の神谷広志八段は「凡人の記録を天才が抜いた」とおっしゃっていましたが、これまた天才のお言葉と感じました。多分、天才という人は自分が天才であることがわからないんでしょうね。そこにあるのはひょっとすると「ひたすら」という一語なのかもしれません。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

積ん読から読ん読

Img_4272

僕は気になった本はひとまず買えるときには買う派です。本を手にしてそのまま順調に読み終えるかというと、いかんせんそうではない本も出てきます。読み始めたものの途中で挫折した本もありますし、パラパラっとめくって後で読もうと「積ん読」状態となっている本もあります。途中で読み進まなくなった本は、読んだ方が良いと思いつつも、他の本が割り込んできたり、分量が多すぎたり、内容が難しすぎたりしてマーカーが途中から動かなくなったというわけです。

Img_4273

この「音楽の科学」という本もその1冊です。なかなか興味深い内容なのですが、この本は分量が多いことと内容が難しいことの二つの条件が当てはまり、途中で止まったままでした。やっと昨日、本棚から取り出してはみましたが、まだ再読開始とはなっていません。続きから読むという手もありますが、僕は変なところが完璧主義者と云いますか、なんと云いますかで、最初から読み直さないと繋がらないよなあ、と思ったまま机の傍に置いてしまいました。

ひとまずこうして書いて自分にやる気を起こさせているのかもしれません(汗)。「積ん読」から「読ん読」へ前進だあ〜ですかね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

名入れ

Img_4270

コンサートでは大体CDや書籍の販売をさせていただきます。買ってくださった方にはサインをすることが多いのですが、僕には大いに苦手なことがあります。それはその方の名前を入れることです。まずは字が汚いから書きたくないのですが、それよりも人前で漢字を書くのが超苦手なんです。歌で舞い上がるということはさすがに無くなりましたが、人前で字を書くとなると舞い上がるんです。じゃあ人前じゃなければ大丈夫かというと、き、き、き、き、基本漢字は苦手なんです。

よくキ普段ーボードを使うことが増えたから徐々に漢字を忘れてしまう、という方がいますが。僕は少しでも悪化しないように、iPhoneには手書き入力アプリを入れて、なるべく字を書くようにしていますが相変わらず苦手です。よくわからないのですが僕はどこかで漢字の覚え方を間違ってしまったのではないかという気もします。あるいは人前で間違った字を書いて恥をかいた経験があるのかもしれません。

昨日もサインをしていたら名前を入れて欲しいとのリクエストがありましたが、そう言われるだけでまあまあ緊張するといいますか、頭の漢字担当部署が慌てて活動を開始します。昨日は「オウ!書ける」という名前だったので良かったのですが、少しでも危ないと思った時にはその方に別なものに書いていただ、確認してから書き始めます(まあまあ恥ずかしい)。

漢字の覚え方を知っている方ぜひ教えてください、って僕は何歳なんだ?

そういえば昨日は日付を間違って書いてしまった方が2〜3人いました。それもごめんなさい(汗)。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


| | コメント (2)

2017年6月24日 (土)

少々曲がった性格

Img_4266

今週の月曜日に息子夫婦から父の日のプレゼントをもらいました。僕はお自分の誕生日や父の日などのお祝いしてもらえば嬉しいくせに、「お祝いをしよう?」と言われると「別にいいよ」と答えてしまう性格です。これを自分では東北人のせいにしていますが、本当は少々曲がった性格のせいだと思っています。

もらったプレゼントは猿田彦珈琲のハンドドリップセットです。

Img_4267

思いがけないプレゼントに一度中身を見てから、もう一度箱に入れてしまいこんでしまいました。やっぱり少々曲がった性格のようです。

Img_4269

Img_4268

なんかこの箱好きです。このままずっと箱に入れておいて、時々開けて見るのも良いかもと思ったりして・・・。やっぱり少々曲がった性格のようです。

どうしてこのプレゼントを選んでくれたのかというと、僕がいつか「自分で珈琲を淹れたい」と言ったのをお嫁さんが覚えていてくれたようです。僕はそのことをすっかり忘れているのにありがたいことです。

今朝はこのセットで2人分の珈琲を淹れてみようと思います。さぞかし美味しいことでしょう。まずはセットに入っている美味しい珈琲の淹れ方を勉強するところからですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

リゾネーターギターとわたし

34234000001left

リゾネーターギターとわたしの関係も少し変化が生まれてきました。その理由は最適なスライドバー選びを終えて肝心の奏法探求の段階に入ってきたからです(遅)。現在の探求のポイントはふたつで、まずはノイズを出さないためのミュート。そしてスライドバーの動かし方です。

ミュートは金属の弦と硬いスライドバーが触れるわけですから、バーを弦に置いたり離したりするだけでもノイズが出ますし、スライドバーの先端の位置が不適切で隣の弦に触れてしまえばノイズが出ます。とにかくいろいろな状況でノイズが発生するわけですが、スライドバーをはめていない指でヘッド側をミュートするのは常識として、右手の空いている指や親指の付け根の母子球でミュートをするテクニックが必要となります。これが僕はまだまだなのでございます(汗)。

またスライドバーの動かし方についてですが、ヘッド側からボディー方向へ音程を上げるように複数の弦をスライドする場合、1弦上での動きよりも2弦、3弦と低音弦に向かって大きく動かした方が「らしい」感じになります。ざっと言うと斜めに滑らせてきてフレット上で真っ直ぐに止めるということです。このテクニックもまだまだ身についていません(汗2)。そしてこのテクニックは正確な音程を出すことにも良い影響がありそうだということに気づいてきました。さあしばらくはこのふたつを自分なりに身につけることができるように意識して弾いていこうと思います。

ちなみに最終的に決めたスライドバーは写真のダンロップのグラススライド234です。このバーを選ぶまで約1年かかりました(しつこい)。その結果手元にあるバーの本数は徐々に増えていき現在22本となっております。

34234000001main



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

初心に返って

20150826dscf65702
FUJIFILM X-Pro1 マニュアルレンズ

東京基督教大学(以後TCU)でギターを教え始めて今年で5年目になります。その前のワーシップジャパンとその前身のJMMSでのレッスンから数えれば約12年になります。もちろんそれ以前のミクタムミュージックミニストリーで教えた経験も合わせればさらに長くなりますが、これらは主にギターレッスンというよりは教会音楽のあり方や、携わる者の心がまえなど広い範囲に渡るものでした。

今日と29日と2週続けてTCUでのレッスンがあり、これで春学期の予定が終了します。開始が4月末でしたから正味2か月の期間で6回のレッスンとなるわけですが、僕にはいつも充分なレッスンを提供することができているのだろうかという不完全燃焼感があります。もちろんそれはTCUでのレッスンに限ったことではありません。

今朝はその根本的な問題に気がつきました。それはそれでもまだなんとか頑張ろうとしている自分だたということです。本当はちゃんと「お手上げだ」と白旗を上げることが必要なのではないかと思ったわけです。受講生からしたら白旗を上げている講師から習うなんてとんでもないかもしれませんが、なんとかしようともがいている講師よりはよほどましではないかと思います。

趣味の写真も、職業のギターも音楽も、そのことに飽きたと思ったあたりからの方が良いものが生まれてくるように思います。物事に夢中になっている時には大事なことに気づいていないことがあり得るのではないでしょうか。それはなんとかして教えようとしている自分にも当てはまるのではないかと思います。

まずは背負いこんでいる荷物を降ろし、初心に返って取り組まなければと思わされた朝でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

祈りと経営

71ticw945l

月曜日に一冊の本を読み始めました。それは「小倉昌男 祈りと経営」という本です。サブタイトルには「ヤマト<宅急便の父>が闘っていたもの」とあります。

僕は宅急便というシステムを作り上げた方が小倉昌男さん という方であることを知りませんでしたが、ネットである方がこの本を手に入れたと書かれていたのが目に留まったことと、MAKOTO BOXでヤマトのみなさんにとてもお世話になっているので、読んでみたいと思いました。

そして月曜日に、それこそヤマトさんが届けてくださったこの本のページを開きました。読み始めた途端に僕はその世界に引き込まれてしまい、時間を忘れてしまうほどでした。結局火曜日のお昼には読み終えたのですが、その間何度も心がゆすぶられ、とても感動しました。こんな本に出会ったことはあまりないな、と感じるほど素晴らしい本でした。

内容は小倉昌男さんが宅急便事業を始めるに至った経緯に始まり、その生涯を終えるまでのことがノンフィクションとして書かれています。しかし経営のノウハウ本ではなく、人生そのもの、生き方そのものを記録した本です。

これ以上内容にふれることはしませんが、興味を持たれた方は是非お読みになられたら良いと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (2)

2017年6月20日 (火)

歌われるときに歌になる

Utapeto

先週は滋賀でコンサートが連続したので、ひたすら演奏に集中して過ごすことができました。さすがに連続のコンサートの疲れもあり、昨日は本を読んだくらいでほぼ何もしませんでした。今日になってこの先に抱えているいろいろな課題に気がつき、ちょっと頑張らなくちゃという気持ちになっています。

さて今夜はお茶の水での歌声ペトラです。この歌声ペトラで僕は司会進行役ではなく、作曲とギター伴奏担当なので気持ちが楽です。司会進行はドラマーの市原さんが小さなタンバリンを片手に担当しますが、その名司会(迷司会?)が名物になっており、みなさんが楽しみにしていらっしゃいます。

今夜は238番目の曲「心を合わせ手を合わせ」を発表します。曲の作曲から発表までの流れは、まず僕が作曲をして、それに関根一夫牧師が作曲をします。それを僕が譜面にして編曲の西原さんへ送ります。編曲ができると今度はベック由美子さんのところへデータが送られて浄書されます。最後に西原さんが校正をしてプリントアウトするという流れです。同時に浄書されたデータをPDFファイルにして、Ustream担当の安田さんと、歌声ペトラのサイトを管理している関西のピーターさんに送られます。

こうして歌声ペトラの当日を迎えるわけですが、改めてプロセスを書き出してみるとけっこうなものだと思います。そしてすごいのが関係者は隅から隅までボランティアで担当してくれていることです。もしそうでなければ歌声ペトラなんて続けてくることはできませんでした。

さらに忘れてはいけないのが毎月足を運んでくださる方々です。この方々のカンパで会場費やコピー代などの諸経費を賄わせてもらっています。そして運営全体を管理してくれている歌声ペトラの事務方?も隅から隅までボランティアです。

今夜もどんな時間になるのか楽しみです。なんといっても新しく生まれた曲が歌われるときに歌になるわけですからね。みなさんのお越しをお待ちしています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

独り言

20150612dscf9388
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

昨晩は予定よりも少し早く帰宅することができました。今は新幹線の予約が乗車直前でもスマホから変更ができるので僕のような旅人には助かります。妻は30分や小1時間待つのは平気だといいますが、僕には耐えられません。

そして今朝は仕事部屋で落ち着いた時間を過ごしています。今年の初めに隣家(元々飲食店だった)が中華料理屋さんになり、中国の方と思しきご夫妻が住まれるようになりました。部屋の窓を開けていると、時折中国語と思われる勢いの良い会話と生活音が聴こえてきますが、それにもだいぶ慣れました。

ひと月ほど前から娘が出産後の里帰りをしているのですが、今週自宅に戻る予定になっています。久しぶりに妻と二人の生活に戻るので、ひょっとしたら寂しくなるかもしれないですね、なんて言ってはいられませんが(笑)。

それにしても滋賀で出会ったみなさんは良い人たちだったなあ・・・と思い返しています。静かなのに明るいみたいな不思議な感じ。そしてひとたび動き始めるとテキパキ有能みたいな感じ。その辺が近江商人が生まれる要素なのかもしれないですね。元々交通の要所ですし、歴史上の様々な出来事に巻き込まれざる終えなかったという土地柄もあるんでしょうね。

明日は本家歌声ペトラです。今年は歌声ペトラ20周年ということで毎回ミニコンサート的なコーナーを設けていますが、いつからか西原氏がアレンジをしてくれるようになりました。明日のための譜面も送られてきているので、今日その確認をしようと思います。

またリゾネーターのM1のライン出力のアースがとれていないようで、たまにノイズが乗るので明日御茶ノ水に行くついでにリペアをしてもらう予定にしています。

今週末には茨城県の取手でコンサートが予定されています。来週には関東学院の礼拝で歌い、再来週には釜石へ出かけます。釜石では久しぶりに山田へ足を伸ばします。今回は夫婦バージョンなので車移動にしました。釜石まで一気に走ってもその日は何もできないので、前後1泊ずつ宮城にホテルを予約し、9月末の仙台でのライブの打ち合わせもする予定にしています。

なんだか今日は頭の中を整理している独り言のような内容でしたが、ここまでお付き合いくださりありがとうございます。8月頭までぼちぼちコンサートの予定がありますのでお近くの方は是非お出かけください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

«オタクちゃん