« はじめての空港 | トップページ | 駅弁事件 »

2009年9月15日 (火)

JPEG?RAW?

Kinjyokanban_2

デジカメのデータをどんな形式で残すべきかは難しいところです。何を悩んでいるのかといえば、撮影したデータをJPEGで残すかRAWで残すかどうかということ。

JPEGはカメラの中で現像してしまうデータですから、撮影後の補正は限られた範囲でしかできません。RAWは生のデータのことですから、撮影の段階で手を加えていない情報が記録されています。ですから後でイメージに合わせたデジタル現像ができるわけです。

わたしはせっかちなので、JPEGで撮影することがほとんどですが、人によってはRAWで撮っておいて、後から画像ソフトでイメージ通りに仕上げるという人もいます。その人に言わせると「そのほうが二度楽しめるでしょう」ということです。そのひと言に影響を受けて改めてどうなんだろうと考えているわけです。

以前わたしもRAWで撮っていたこともありましたが、その後にデジタル現像をしたことがほとんどありません。JPEGとRAWでは保存されるデータの大きさもかなり違ってくることも考えなければなりません。RAWはデータを圧縮していないのでとても大きなデータになります。

参考にと写真家の本を読んでみてもそれぞれの考え方があるので、わたしはいよいよ迷ってしまいます。みなさんはどっち派ですか。

実際はどちらという二者択一ではなく、撮影するシーンに合わせて選べば良いのでしょうが、二者択一型の精神構造を抱えているわたしにはそれすら難しいことなんです。みなさんのスタイルを教えてもらえたら嬉しいです。

写真はベッサRで撮った近所のスナップで、フイルムをスキャンしたカットです。

|

« はじめての空港 | トップページ | 駅弁事件 »

写真」カテゴリの記事

コメント

私はRAW派です。

理由は暗部のデータが残っていることです。私はどちらかというとアンダー気味で撮ることが多いのですが、RAW現像で黒つぶれしている部分を浮き出させることができます。
もう一つはブログに載せる時と印刷する時では仕上げを変えるから。プリンタによって癖もあるしどちらでもきれいに見られる写真って難しいと思ってるから。

RAW現像といいますがフィルムの処理に当てはめてみるとどちらかというとプリント作業時の領域かもしれませんね。RAWから現像でできることはその時点でやっておけばJpegでレタッチするのと違って画像の劣化はありませんから。

確かにデータも大きくなるし、現像という一手間が増えますのでJpegで完璧にできる機材と腕があればいいんですけど、私の腕ではこの方が満足できるものができますのでRAW派となっています。
ちなみに現像はSILKYPIXを使っています。現像時の設定も残しておけるので再現像する時に役に立ちます。

投稿: osanpo | 2009年9月15日 (火) 11時27分

osanpoさん
SILKYPIXをお使いなんですね。私もこのソフトには興味を持っています。今はOLYMPUSのstudioを使っていますが、けっこう重い感じがしています。友人もSILKYPIXを使っていて、かなり良い感じだと言っていました。
僕もosanpoさんくらいこだわりが必要ですね。RAWのことを勉強する必要がありそうです。
またいろいろと教えてください。

投稿: ぶち | 2009年9月15日 (火) 11時58分

ぼくはロウで撮ったことがありません。いつもというかデジカメを持って以来ずっとジェーペグですね。今度ロウで撮ってみようかな?ロウで撮影したファイルは、ハードディスクに保存するのでしょうか?ぼくのJPEGでもかなりの量になるで、その辺はどうなのでしょうね。(*´v゚*)ゞ

投稿: kurop | 2009年9月15日 (火) 16時14分

kuropさん
そうですか。先日お会いした方はRAWとJPEG同時撮りの方でしたが、すぐにハードディスクがいっぱいになると言っていました。撮った後の整理の仕方もうまく考えないと、膨大な在庫に苦しめられますね。

投稿: ぶち | 2009年9月16日 (水) 06時20分

オリンパスのソフトは重いですよね。一度使ってやめました。PhotoShop Elementsの現像機能も使ったのですが、設定が保存できないしパラメータが少ないのでやめました。

RAWファイルは大きいけどJPEGと違って圧縮すれば小さくなるのである程度たったRAWは圧縮するとかDVDへ書き出せばいいと思っています。いまのところ1年経過したものは書き出しています。
もっともハードディスクが安い現在ですのでDVDに書き出すと同時にバックアップ用の別ディスクに入れておくのが安心かも。

投稿: osanpo | 2009年9月16日 (水) 12時32分

osanpoさん
RAWファイルの圧縮というのは、普通の圧縮ソフトを使うんですか。RAWの圧縮なんてはじめて知りました。

投稿: ぶち | 2009年9月16日 (水) 13時04分

そうですよ。
普通にZIPやLZHで圧縮して保存しておくという意味です。
Jpegはデータがすでに圧縮されているのでこれらのツールを使ってもほとんどサイズが変わりませんが、RAWはかなり小さくなります。

解凍、現像しないと中身がわからないので保存する時にはJpegと一緒に保存した方が便利です。

投稿: osanpo | 2009年9月17日 (木) 09時57分

そうか!圧縮されていないデータというところがポイントなんですね。普段からファイルの圧縮ということ自体したことがないものですから、今度トライしてみます。今朝のblogの写真は露出-0.3でRAWで撮ってみました。
撮った画像を大きく変化させられるのは面白いですね。PENの場合はアートフィルターやらなにやら遊べる要素も多いですから、RAWがおすすめかもしれません。

投稿: ぶち | 2009年9月17日 (木) 10時04分

そうなんですよ。
Jpegは各色8bitです。カラーならさほど気にならないのですが、モノクロだと8bitだと256階調(白かろくろまでたったの256段階)しかありません。
RAWはセンサーの持っている生データなのでオリンパスだと各色12bit(4096階調)のデータが入っています。そこからモノクロに加工する際にも余裕があります。
ちなみにフィルムをスキャンする場合でもお使いのスキャナーだとたぶん各色16bitというモードがあると思います。スキャンはこちらで行って読み込んだ後で微調整をしてからJpegに変換すれば劣化が少なくなります。

アートフィルターはカメラ内部でjpegを生成する時にRAW現像でやるみたいな調整をしているようなものでしょうね。

投稿: osanpo | 2009年9月19日 (土) 09時28分

そうか同じRAWでもメーカーで内容が違うんですね。それと8bitと12bitってものすごく違うんですね。

こんなお話をしていると、以前osanpoさんのサイトで拝見したんだと思いますが、重量感のあるSLの写真を思いだします。印象に残るカットです。

この文章を書いてからわたしもRAWで撮ってみています。確かに面白いですし、深いものを感じます。いろいろと調整する過程でかなりトレーニングにもなりますね。

投稿: ぶち | 2009年9月19日 (土) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/31382668

この記事へのトラックバック一覧です: JPEG?RAW?:

« はじめての空港 | トップページ | 駅弁事件 »