« アジアエクスプレス | トップページ | 手紙 »

2009年10月19日 (月)

海がある

Awajich 

iPhone

昨日は淡路の志筑にあるチャペルでのコンサート。地元のゴスペルクワイヤー、クリケットも一緒のプログラムでした。

志筑は神戸まで50キロくらいの距離ですが、この地に立ってみると、もっと遠くに来たように感じます。それは海と人のかもしだすものからくるのかもしれません。

車での移動中はもちろん海がきれいに見えます。しかし海が見えない町中でも、そばに海があることを感じます。きつと風が潮の匂いも運んでくるからでしょう。

海がそこに拡がっていると想うだけで、どこかで人の小ささを感じるように思いました。

ここで暮らす人、台風の通り道でもある、淡路の人が感じてきた自然は、わたしとはかなり違っていることでしょう。また自然から受けてきた恵みも違うことでしょう。

「淡路ではゆっくりとしていったらいいのに」。関西ことばとはちょっと違うイントネーションで、そう言ってくれた人。

淡路での淡い思い出をボケットにしのばせて、わたしは夕方のバスに乗り込みました。

一昨日とは反対のコースを通って戻った大阪。淡路も大阪も埼玉も、同じ時間と季節のなかなのに、かなり違う歌を歌っているようでした。

コラボしたクリケットさんのブログはこちらです。
http://gospel-cricket.cocolog-nifty.com/blog/blog_index.

|

« アジアエクスプレス | トップページ | 手紙 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアエクスプレス | トップページ | 手紙 »