« 天国の娘 | トップページ | 日本海の上で »

2009年10月30日 (金)

いわぶちせんせい

St

E-3 ZUIKO.D 50mm Macro

ギターを弾くこと、歌うこと。これを分析して、わかり易く言葉や練習方法に置き換えてあげることが、教えることの根本だとは思うんですが、これがなかなか難題です。

昨日はゴスペル音楽院での授業。わたしはギターを教えているのですが、多少拡張して、弾き語りの部分までを含んでいます。また、ギターを抱えて讃美歌のリードができるように、ということも念頭にいれて、授業をすすめています。

もう数年、この学院に携わっていますが、満足のいく指導をしてあげられないことが悩みの種です。

これまで、わたし自身が”ギターを習ったことがない”というのがネックだと思い、知り合いから”習う”ということを習いに英語を習ってみたりもしました。

少しだけ学ぶ側の気持ちはわかりましたが、教えるということは、特に音楽のような個人技は、学ぶ相手によっても教え方を変えなければなりません。これは英語も、特に発音や会話に関しては同じですね。

悩み多い”いわぶちせんせい”の授業のことや、ギター演奏のことも、これから書いてゆこうかなと思います。

|

« 天国の娘 | トップページ | 日本海の上で »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私は、初心者にウクレレを教えていますが、やはり同じような気持ちです。初心者に対して心がけているのは自発的に練習することが楽しくなる仕掛けを組み入れることかなと気が付きまして、面白おかしくやってます。
教則ビデオを沢山見て、まねしてみましたが。。。そうそう上手くはいかなかったです。(笑)クリスマスの発表会に向けて仕込み開始です!

投稿: ギタパラ | 2009年10月30日 (金) 12時36分

ギタパラさん
楽しいことって大事ですね。そこんところも、わたしは上手くないんですよ。教える人って悩む人のことなんですかね。

投稿: ぶち | 2009年10月30日 (金) 12時42分

いわぶちせんせいwink
ギターリードを学ぶ 夜間の学生リンです!
たまたま先生のブログを発見して、
そして授業のことも書いてあって
とてもうれしいです!o(*^▽^*)o
最初はギターの技術をアップしたかったんですが、
先生が言ったとおり>>「。。。。ギターを抱えて讃美歌のリードができるように」
技術よりワーシップのことのほうがたくさん学びました。毎回楽しみにしてゴスペル音楽院にかよっています!(*゚▽゚)ノ

ゴスペル音楽院(のパンフレット)、岩淵先生と素敵な方一人一人に出会って
本当に神様に感謝します!heart01
これからもよろしくお願いしますbleah

投稿: りん | 2009年11月19日 (木) 18時58分

リンさん
コメントをありがとうございます。今度は来年ですが、練習の成果を楽しみにしていますよ。わからないことがありましたら、メールでもしてください。

投稿: ぶち | 2009年11月19日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/31994946

この記事へのトラックバック一覧です: いわぶちせんせい:

« 天国の娘 | トップページ | 日本海の上で »