« 内なる情報 | トップページ | 三度笠 »

2009年10月15日 (木)

足を向けて眠れないシリーズ3

Taku

E-410 PENTAX M50mm

弦、ギターとすすんできましたが、今度はスタジオです。MAKOTO BOXがらみの作品のほとんどは、BS&Tスタジオで録音されています。オーナーの木下夫妻には足を向けて寝ることができません。

これまでのアルバム制作でどれだけ助けてもらったかわかりません。また音に対しての姿勢を随分教えてもらいました。

最近の自分の音楽性を考える時に、木下夫妻の影響大だと言っても過言ではないでしょう。

もともとわたしは音楽的なこだわりが少ない方だと思っています。どちらかというと作曲性ステージ型とでもいいますか、歌を作ることと、それを生で歌う事に興味がある人です。

本来音がどうのこうのとこだわるタイプでは無いと思います。しかしBS&Tでのレコーディングを通して、音という事を学んだのです。よい音とはどんな音かということを自分なりに理解することができました。

おかげでコンサートの音作りにとてもプラスになっています。レコーディング自体で大変お世話にんていますが、それにも増して、音と音楽を教えてもらったことが、大きいのです。

|

« 内なる情報 | トップページ | 三度笠 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/31791453

この記事へのトラックバック一覧です: 足を向けて眠れないシリーズ3:

« 内なる情報 | トップページ | 三度笠 »