« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

祖父は軍人

Sunsetsai
松山市北条の夕日 GRD2

年始から読み始めた「坂の上の雲」の第一巻を読み終え、二巻に入りました。普通の自分のペースに比べるとかなり遅いスピードです。あわてずにゆっくり読み進むことにします。

ところで我が家には日露戦争の時に、ロシアから飛んできたという、大砲の玉があります。もちろん火薬などは入っていませんよ。

わたしの父方の祖父は軍人で、馬に乗って通っていたとのことです。祖父が勲章を胸につけた写真を見たことがあります。

わたしが子供の頃にはその軍服も家にあったようで、私がその上着を着て撮った写真もあります。わたしの全身が上着ですっぽりと隠れていました。

いくらなんでも戦争の記念に大砲の玉も無いでしょうが、わたしが本を読み進み、坂の上が近くなる頃には、わが家の色々な事が、少しは見えてくるかも知れません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

オキッパナゲッパ

Hato
途方にくれる鳩 E-P1 LUMIX 20mm f1.7

最近、整理整頓、片付けができなくなってきています。仕事机の上にいろいろな物はオキッパだし、バックなんかを仕事部屋の床にナゲッパだし、ちょっとまずい感じです。

机の上に5~6本あったレンズはさすがに棚に戻しましたが、空いたコーヒーカップやら、小さなキーボード゙やら、スケジュール帳やら、エアコンのリモコンやら、資料やらが絶妙なバランスで散らかっています。床にはバッグが三つ無造作に置かれています。

しかし、片付ける気がしないんです。「気がしない」ってどんな状態なんでしょうか。まあある意味「これでいい」と思っているということですよね。

さすがにこうやって書いていたら、ちょっとだけ「片付けようかな」という気がしてきました。コーヒーカップを台所に持って行って、バッグを所定の位置に戻すだけでも大分違うんだろうなあと思います。

ひとまずコーヒーカップを置いてこよう。そしてコーヒーを入れてこよう・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

娘がパンと帰ってくる

100129l
E-P1 LUMIX20mm f1.7 ファンタジックフォーカス

月に二度くらい、都内に住んでいる娘が帰ってきます。パン屋さんで働かせていただいているので、普段は朝4時から仕事です。なので娘は休みの前日に帰ってきます。もちろんパンと一緒です。

このパンが大変おいしいパンです。口に入れると、「身体に良いものを食べている」という感じがします。身体と相性が良いといいますか、不思議なパンです。

ところでパンの食べ方で最高なのが、アボカドとツナのオープンサンド。食パンにバターを軽くぬり、適当な大きさにカットしたアボカドをのせてフォークでつぶしながら広げます。さらにツナを適当にのせて、黒こしょうをふり、レモンを多めに絞ります。お皿にのせて、ナイフとフォークでいただいたほうが食べやすいと思います。わたしはシンプルにアボカドとツナにレモンを絞ります。

アボカドとツナのオープンサンド。これはおすすめです。写真がなくてすみません。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

ブッキング

Green
E-3 ZUIKO D 12mm-60mm f2.8-4.0 SWD 上野動物園の緑

ここのところ、スケジュールの問い合わせをいただく事が多くなっています。そしてそのスケジュールが決まったり、はたまた仮で予約が入ったり、仮仮で予約が入ったりと、スケジュール管理が複雑になってきています。

わたしの場合コンサートのご依頼は直接メールなどでいただきまして、一応検討させていただき、決定になりましたらば、スケジュールの打ち合わせを手伝ってくれているB君に引き継ぎます。その後はコンサート当日までB君が打ち合わせなどの準備をしてくれます。

とにかくこわいのがダブルブッキングです。これは過去に1度経験があります。どんな時に起きたかというと、親しい方とのやり取りからでした。お互いが「相手はわかってくれた」と早とちりしてしまい、確認が甘くなってしまいました。そして日が近づいてから「エッ!ヒトツキチガイマセンカ!チガワナイ!ウワー!タイヘン!」ということになったわけです。

この時は友人のシンガーにトラを頼み、なんとかなりましたが、それはそれは冷や汗ものでした。ブッキングにはWが付きませんように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

坂の途中で河にはまった

Sakacycle
GRD2+GW-1

変なタイトルですみません。

以前から「坂の上の雲」は読んだ方が良いのかなと思いつつも、なかなか手が出ませんでした。昨年愛媛に行った時にも、空港の売店に並んでいましたが、ちょっとページをめくって、また戻してしまいました。

ところがある方に「坂の上の雲」の話をしたら、「持っているから貸してあげる」、ということで、全巻本棚に並ぶことになりました。昨年末から読み始めましたが、まだ1巻が終わっていません。

そんなこんなしているうちに、年始の土曜日の午後、なんとなく観た,竜馬伝第1回の再放送にはまってしまいました。で、「坂の途中で河(大河ドラマ)にはまった」というわけです。

明治の前を観、後を読んでいるわけです。それにしても、なんではまっちゃうんだろうと思いますよね。

わたしはどこかで、「這い上がる」とか「改革」とかが好きらしいです。体育会系ミュージシャンなのかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

レンズとセンス

Cykle
E-3 SUMMILUX 25mm f1.4

わたしは何本かのレンズを持っていますが、他のレンズにはない味わいのレンズが、パナソニックの「LEICA D SUMMILUX 25mm f1.4 ASPH」というレンズです。ただし重さが510gもあるので、気軽な撮影の時には敬遠しがちなんです。

でも小さな覚悟をして撮ってみると、なんともいえない描写の写真が撮れています。遠近感といい質感といい、なんとも言えない雰囲気と空気感があります。以前、「写真には空気感がないといけない」と聞いたことがあります。最近やっとその言葉の意味が少しは理解できるようになってきました。写真はレンズとセンスですね。

Hanakura2
E-410 SUMMILUX 25mm f1.4

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

雪やこんこ

Samu3
E-3 SUMMILUX 25mm f1.4

雪やこんこ 霰やこんこ
降つては降つては ずんずん積る
山も野原も 綿帽子かぶり
枯木残らず 花が咲く

雪やこんこ 霰やこんこ
降つても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭駈けまはり
猫は火燵で丸くなる

なはずなのに、我が家のブギーは寒がりです。夜の寝床にはヒーターが入っています。朝起きて居間に連れてくると、そこで微妙に震えています。そしてこんな姿になっています。

ところで、「雪やこんこん」じゃないんですよね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

感動の種

Umekumo
E-3 SUMMILUX 25mm f1.4 NDフィルター使用

我が家は税務申告が複雑です。それを奥さんが自分で処理しています。さすがに家事をやりながらでは気が散るので、近年は某所に数日泊まりこんで頑張っています。

その間家には、母と犬とわたしの3人(2人1頭)です。母は今年90才ですので、さすがに家事はしんどくなっています。ですから今年は食事の準備をわたしがしました。

これまでは、出来合いのものを買ってくることが多かったのですが、今回はご飯ぐらい炊こうと思い立ちました。そしてわたしは、今世紀初めて米を研ぎ、炊飯をしました。以前はよく自分で料理をしていたのですが、最近ではもっぱら皿洗いに回っているもので、米を研ぐ機会はありませんでした。

お米を研ぎながら、ふと小学校の家庭科の授業を思い出しました。記憶の中に白い割烹着を着た「まことちゃん」が登場しました。その時の教室の匂いや、同級生の感じがよみがえってきて、ちょっと甘酸っぱいというのか、妙な感動が通り過ぎました。

米を研ぐ。普段あまりしないことをしてみるのは、脳に良いことかもしれません。感動の種はこんなに身近にあるんですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

花は咲く

Ume
E-3 ZUIKO D 50mm Macro + EC-14

今週は暖かい日があったので、近所の梅が咲き始めました。花はこの暖かさは続かないからと、咲き控えはしないんですね。

そんな花に比べると、わたしは心配性だなと思います。いつも先の事を、あれやこれや考えています。性分というのでしょうかね。

この花を見つけて、花は咲こうとしているんだな、とちょっと感動しました。わたしも明日のことは考えすぎないで、今日を生きなくちゃです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

f2.8

Ice_2
E-3 ZUIKO D 50mm MACRO + EC-14

写真は万座で、雪の上にあった小さな氷を撮ったものです。おそらくツララが溶けて水滴になって落ち、凍ったものでしょう。

昨日は絞り値がf32で撮った写真をアップしましたが、この写真は同じレンズで一番明るいf2.8です。今度はピントの合う幅が極端に狭くなります。

本来このレンズはf2.0が一番明るい絞りになりますが、望遠側に1.4倍のテレコンバーターというレンズ?を取り付けているので、レンズの明るさが落ちて、f2.8が一番明るい絞りになります。

またマクロレンズですので、こんな風に近くで拡大した写真を撮ることが可能です。もう一枚はピントを合わせた部分を真ん中にして切り取ってみました。

Ice2
E-3 ZUIKO D 50mm MACRO + EC-14

写真を撮っている時、その写真の画像処理をしている時、気がつくと他の事を忘れている自分がいます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

f32

Manza
E-3 ZUIKO D 50mm f2.0 + EC14

冬の万座に出かけるために、愛車にはスタッドレスタイヤを履かせています。ですから少しは雪道を走りたいという気持ちがあります。今回の万座は大雪か!と楽しみにしていましたが、行きも帰りも、まるで春のような暖かさでした。まあ雪道らしいところもありましたが、ちょっと物足りない感じでした。本当は無事で順調がなによりですけどね。

さて「f32」ってなあに?という方もいらっしゃると思いますが、カメラの絞りを表した数字です。数字が小さくなればなるほど絞りが開いて、沢山の光を取り込むことになります。ですから「明るいレンズ」というのはf2とかf1.4とかの明るさを持っています。もちろんもっと明るいレンズもあります。

一番明るい絞りで撮ると、ピントの合ったところ意外はふんわりとボケます。逆に絞りを絞ると、ピントを合わせたところ意外もボケずにはっきりと写ります。ですから自分の近くから遠くまでをしっかり写したいときには、絞りを絞っておけばいいわけです。

万座温泉ホテルの部屋からE-3というカメラで、一番絞ったf32で撮影してみました。1mくらいのところにあるツララと500mくらい遠くのゲレンデがしっかり写っています。

人間の目ではこうは見えませんよね。ちゃんと見たいところに焦点を合わせて、見たくないとところは見ないようにしています。人間の目ってなかなか優秀です。

さて、万座でのコンサートには100人くらいの方々がつめかけてくださって、良い時間を持たせていただきました。翌日の朝食の時間に、「昨日はありがとうございます」などど声をかけてくださる方がいらっしゃいます。うれしはずかしです。次は2月26日に歌いにいきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

乳酸菌

Pc244989b
E-P1 20mm f1.7

若い頃に友人と一緒に歯を磨いていた時のことです。歯磨きチューブのキャップを外した友人が、ペーストを自分の舌の上に絞り出しました。わたしは歯ブラシの上に絞り出すと思っていたので、度肝を抜かれた!というレベルで驚きました。歯磨きにもそれぞれいろいろあるのかも知れませんねえ。

わたしの歯磨きでの特徴は乳酸菌です。親しい友人の歯医者さんに勧めてもらって、歯磨きの後に乳酸菌のパウダーを指に付けて、軽く歯茎をマッサージしてあげます。これはお口に大変良いようです。

殺菌するマウスウォッシュはいろいろありますが、乳酸菌の場合は全部の菌を殺すのではなく、善玉菌を増やして、悪玉をやっつけるとことになります。続けていると、口内環境がかなり良くなりますよ。今では旅の友です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

ペット事情

Rimg2045b
GRD2

昨夜なにげなくTVのスイッチを入れると、「たけしのTVタックル」でした。普段は政治に関してのトーク番組ですが、昨夜のテーマは「ペット天国ニッポン」と題して犬のブリーダーの問題や無責任な飼い主の問題。そしてペットの殺処分の実態などを議論していました。

日本のベットに関する意識はヨーロッパに比べると200年遅れていると言われる程だそうです。例えばドイツには殺処分はなく、命を全うするまで面倒をみる施設があるそうです。年間40万匹近く殺処分される日本は、ペットにとっては地獄のような国です。文明国とは言えませんね。

また殺処分するための施設の運営と維持に、年間数十億円の税金が使われているとのことです。現在はブリーダーやペットショップは申請さえすればできるそうで、悪質な業者も多いようです。これが許認可制になれば大分違ってくるのではないでしょうか。

TVでは殺処分の様子は映しませんでしたが、想像するだけで気分が悪くなるようでした。

さて今日は今年初めて、万座温泉ホテルで歌います。雪がかなり積もっているでしょうね。写真は昨年3月の万座です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

町で見かけたカメラ

P1065064b
E-P1 M.ZUIKO D 17mm f2.8

昨日はカメラをぶら下げた二人の人を見かけました。最初の人は国分寺駅のホームで電車を待っていた、カーボーイハットのような帽子をかぶった背の高い男性。その胸にはNIKONのフイルムカメラがぶら下がっていました。色はブラックでなかなか精悍なつらがまえのカメラでした。

今ではすっかりデジタルオンリーになっているわたしは、フイルムカメラを提げた人に会うと、微妙に負けたような気持ちがします。

もう1人はその帰りの最寄の駅でのことです。電車を降りて改札の方へ歩き出すと、目の前を歩いている女性がロングストラップで無造作にカメラをぶら下げていました。そのカメラは私も愛用しているOLYMPUSのE-P1というカメラです。

昔のPENのスタイルを継承したデジカメで、若い人達にも指示されています。この女性が持っていたのはホワイトでお洒落な服装とマッチしていました。

最近では携帯で撮る人が多くなり、物凄い数の人が写真を撮っている時代ですが、こだわりを持ってカメラを選んでいる人に出会うのは嬉しいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

ハイチ大地震のために

P1025690b
E-3 SUMMILUX 25mm f1.4 ASPH

わたしは「国際NGOワールドビジョン」のアソシエートアーティストをさせていただいてます。そのワールドビジョンから、ハイチ大地震の募金を呼びかけるメールが届きました。

テレビの報道ではハイチのことを「中南米最貧の国」と表現していました。この「最貧」という言葉がわたしの耳に張り付いてしまいました。そんな状態のハイチで大地震が起きたわけです。

早速サイトを開き、僅かながら募金をさせていただきました。カードで決済ができるので、とても簡単に募金をすることができます。

とにかく少しでも早く、ひとりでも多く、救助されることを祈るばかりです。一日も早い復興を願いつつ、募金の案内をさせていただきました。

募金ができるサイトはこちらです。
http://www.worldvision.jp/news/news_0415.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

ペトラストリート ライブ決定

100116blog
酒井洋一氏 撮影

ペトラストリートのライブが決定しました。今年は自分自身の原点であり、音楽的な柱である、ペトラストリートでのライブを定期的に開催することになりました。

ドラムの市ちゃんとはもう20年以上、キーボードの西やんとも20年近く、ベースと谷ちゃんとも10年近くになります。また昨年一緒に演奏した、バイオリンの宮池さんや、由美子さんも一緒に、拡大ペトラという感じでいきたいと思います。

ライブごとに新曲を歌うことを目標にして、曲作りにも力を入れてゆきます。今年はすでに1曲できていますので、この調子で作ることができればいいなと思っています。

まずスタートは3月7日(日)に三軒茶屋の「Radio Days」というお店です。西やんが親しくしているお店なので、あんまり気を使わずに演奏ができそうです。

こうみえてもわたしは気をつかう性質で、へたをすると演奏そっちのけで気を回したりする人なんです。

東京だけではなく、仙台や名古屋、大阪などでもライブができたらいいのですがね。あんまり無理をせずに、無理をしてみようかなあ。ライブの詳細は追ってお知らせします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

文字の石畳

Hataku135
E-3 Takumar 135mm f3.5

さて、今日と明日は原稿を書きまくる予定です。ひとつは「まこと応援団」の会報の原稿。もうひとつは「いのちのことば」という小冊子のエッセイです。

それにしても原稿を書くことや、曲をつくることって面白いことですね。現象としては無から有を生み出すみたいな感じですが、実際は地下からマグマが上ってくるみたいなことかなと思います。どこかに熱と材料がないことには生まれてきません。

若い頃はよくひねり出して作っていました。面白そうな部品をくっつけて新しい雰囲気を作り出したり、いろいろな方法を試していたなと思います。

ある時期からあまり作為的に作らなくなってきました。物つくりの旅に出るみたいに、ひとまず必要な物を持ってでかけるような感覚で書き始めます。もちろん途中で挫折してしまうこともありますが、以前にくらべてたどり着かない旅の率が減っているように感じます。これって自分がいいかげんになってきたせいなんでしょうか?

今日も文字の石畳を敷きながら旅に出ます。どんな文章になるのか、どんなテーマが映しこまれるのかが楽しみです。では行ってきます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
Petra Street Live 決定

3月7日(日)@Radio Days
http://www003.upp.so-net.ne.jp/kei_music/radiodays.html

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

ブギーの不思議

P9263093
イヤイヤブギー E-P1 M.ZUIKO 14mm-42mm f3.5-5.6

わたしが家にいる時は、大体わたしがブギーの散歩にでかけます。

わたしが散歩の準備を始めると、ブギーは落ち着きをなくし、全身から「うれしい、うれしい」メッセージを発信し始めます。

ところが不思議なのは、わたしと散歩にでかける時だけ、やおらご飯を食べ始めるんです。他の家族の時にはまったくそんな事はありません。

何故そうなのかはわかりませんが、家族が言うのには、「パパとの散歩は疲れるから」とのことです。

わたしはお散歩グッズを入れたバッグを提げ、リードを持って、ご飯を食べ終わるのを待っています。(もちろんカメラを首から提げてます)

散歩は大体30分から40分くらいです。コースは6種類くらいあって、その日の気分で選びます。時間にゆとりがあって、お天気が良い日は、ロングリードを持って河原へ出かけ、広い芝生でブギーを自由に遊ばせます。この時はわたしにとっても至福の時間です。

それにしてもブギーの散歩前の完食は我が家の7不思議のひとつです。何故そんな行動にでるのかを、かかりつけの動物病院の看護婦さんに聞いてみましたが、答えは「さあ?」でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

歌声丸

_5099123
E-3 Super-Takumar 55mm f1.8

昨日は寒かったですね。我が家の辺りは雪がチラついていました。

そんな中、歌声ペトラには新しい方も来てくださり、外の寒さとはうってかわって、中は熱さを感じる歌声ペトラになりました。150番目に生まれた曲、「福音の力」も嬉しそうでした。

昨日はミュージシャンもスタッフも全員顔が揃って、改めて13年も毎月続けてこられたことを感謝する思いがしました。ここまで継続する中で与えられた宝の山が、少し高くなって来たように感じます。

4声にアレンジされて並んでいる150曲はもちろんですが、スタッフ、ミュージシャンの互いの絆が宝だなと思います。

得てして仲間というものは、排他的になりやすいものですが、歌声の仲間は、外へ向けてもオープンですし、内へ向けてもオープンです。誰かが入り込む隙間がそこかしこにあります。ある意味皆が手弁当という関わり方が小さな奇跡を生んでいるのかもしれません。

誰が親分というわけではなく、歌声丸はこれからも進んでゆきます。スタッフ一同心から、あなたの乗船をお待ちしています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

祝150曲

Utagoe
歌声ペトラ開場後の関根先生 E-P1 LUMIX20mm

10数年前に、市の図書館で「賛美歌・聖歌ものがたり」という本を借りてきました、筆者は大塚野百合さん。

その本の中で驚いたのが、現在世界で歌われている賛美歌や聖歌の作者の中には、生涯で1000曲、2000曲、3000曲も作った方がいるとのこと。わたしはその作り手のエネルギーに感嘆しました。

具体的にどんな時に作っていたのかというと、日曜日ごとに教会の礼拝で語られる牧師のメッセージのレスポンスとして作られていたとのことです。

単純に1年を52週とすれば、10年で520曲ですから、60年弱で確かに3000曲に達します。

わたしは、継続して新しい歌を生み出すエネルギーに、ある種の憧れを持ちました。そして、わたしが教会に通い始めた頃から思っていた、「日本生まれの賛美歌がもっとあってもいいんじゃないか」という思いが強くなりました。

そんなこんながきっかけになって、関根一夫先生が作詞をして私が作曲をするという形で始まったのが「歌声ペトラ」です。今日150曲目の曲を発表します。目標は1000曲ですので、まだまだ先が長いですね。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
歌声ペトラ http://utagoe-petra.net/
  
日時:1月12日(火)オープン18:30 スタート19:00
会場:お茶ノ水クリスチャンセンター地下アイリンホール(マクドナルドのあるビルです。)

アクセス:御茶ノ水駅より徒歩2分
お問合せ: MAKOTO BOX

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

パンフォーカス

ロシアレンズ、ミール37mmをオリンパスのEー3に着けて、ブギーと散歩しながら、パンフォーカスで撮ってみました。

パンフォーカスとは絞りを絞り込んで、近くから遠くまでピントが合う状態にして撮る方法です。インスタントカメラなどはみなそうです。

今回絞りをf8とf11で試してみました。撮った感じではf8でもf11でも大きな差は感じられないようです。

最近のレンズにはあまり見かけなくなりましたが、ミールには被写界深度が表示されるので、レンズの絞りとフォーカスの距離を選べば、だいたい近くはどの辺からで、遠くは何処までピントが合うのかがわかります。

撮影する時にピント合わせをしないので、とっさにこんな写真も撮れます。

Bike2p1105933
E-3 MИP-1B f2.8 絞りf8

撮影後にPCのモニターに並んでいる写真を見た奥さんが、「なんかやわらかい感じがする」と言いました。まさにその通りで、絞り込んでいるのですが、写し取られた表情はどこかほっとするような雰囲気があります。

普段使っている最先端のオートフォーカスのレンズで撮る時と、こういう人間くささを感じるマニュアルのレンズで撮る時とでは、目にとまるものも違ってきますし、シャッターを切る感覚も違ってきます。ある意味自分で撮っているという感じが強いといえるかもしれません。

最近では写真を自分が撮っているのか、カメラが撮っているのかは微妙なところですよね。

もう1枚。ブギーと通る度に吠えられるんですが、以外に冷静な雰囲気ですね。

Dog1_2
E-3 MИP-1B f2.8 絞りf11

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
歌声ペトラ http://utagoe-petra.net/
  
日時:1月12日(火)オープン18:30 スタート19:00
会場:お茶ノ水クリスチャンセンター地下アイリンホール(マクドナルドのあるビルです。)

アクセス:御茶ノ水駅より徒歩2分
お問合せ: MAKOTO BOX

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

ロシアのレンズ

Bike2p1095910
E-3 MИP-1B f2.8 

8日に寄ったカメラ屋さんは、相模原警察署からすぐの「ムサシ」というお店です。普段はこの辺に行くことはないのですが、横浜の関東学院大学で歌った帰りに立ち寄りました。

欲しかったレンズはロシア製ののレンズなんです。基本、ズームレンズではなく、単焦点レンズを使っているので、広角のロシアレンズがあれば買おうかなと思っていました。

こんなに簡単に買おうかなと思えるのは、ロシアレンズはとても安い場合が多いからです。

この「ムサシ」というお店は中古品にも保証書を出してくれる、良心的で良い品物があるお店です。

久しぶりに店内をぶらぶらしながら、わたしはカメラ屋さんにいるのが好きだなと再確認しました。特に道具としての質感や美しさがあるものがこれでもか、と並んでいるお店は格別です。

レンズをながめながら、このレンズだったらどんな感じに写るんだろうと思いをめぐらすのが楽しいのです。

お店の方と話しているといろいろな知識にふれることができます。「ロシアは良質の鉱物の産地だそうで、レンズの材料はとても質が良い」とのことでした。

買ったレンズは「ミール-1B」。レンズには「MИP-1B」と書かれています。この春はマニュアルのロシアレンズならではの写りを楽しめそうです。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
歌声ペトラ http://utagoe-petra.net/
  
日時:1月12日(火)オープン18:30 スタート19:00
会場:お茶ノ水クリスチャンセンター地下アイリンホール(マクドナルドのあるビルです。)

アクセス:御茶ノ水駅より徒歩2分
お問合せ: MAKOTO BOX

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

うっかり夫婦

Fufu
E-3 ZUI(KO.D 50mmf2.0+EC-14 B君撮影 

3日の夕方に、近くのショッピングセンターに買い物に行きました。本屋さんで毎年買っているアサヒカメラの1月号を買い、その後にちょっとした食料品を買ってきました。本はそのうちでいいやと思い、その辺に置いたつもりが、後で探しても見あたりません。奥さんに「こんな本見なかった?」と聞くと「見ないよ、お店に忘れてきたんじゃないの?」との返事です。まあ車の中かどこかにあるだろうと思い、そのままにしていました。

6日の日に奥さんと買い物をしていた時に、事件が起こりました。支払いにカードを使おうと奥さんがお財布を開くと、カードが無いんです。わたしが「最後はいつ使った?」と聞くと、4日の夜に家族で食事に行った時と判明。

「あの時にカードを戻してもらっていないかもしれない」と早速お店に電話すると、「岩渕様ですね、カードはお預りしています、レジの者がご迷惑をおかけして大変申し訳ありません」とのこと、二人でどれだけほっとしたかわかりません。

本もお店に連絡したら忘れ物で届けられているとのことなので、翌日二人で忘れ物をとりにお店を回りました。

わたしは「同じ忘れ物でもカードと雑誌じゃレベルが違う」と、ケチな優越感にひたっていました。ところが8日、たまに行くカメラ屋さんで安いレンズを買って車に乗ろうとしたら、後ろから「お客さん、お客さん」と呼ぶ声がします。

振り返るとカメラ屋さんの店員さんが「カードを忘れてますよ!」。これでわたしのケチな優越感もペシャンコになりました。

まるで落語の落ちのような「うっかり夫婦」というおめでたい一席でした。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
歌声ペトラ http://utagoe-petra.net/
  
日時:1月12日(火)オープン18:30 スタート19:00
会場:お茶ノ水クリスチャンセンター地下アイリンホール(マクドナルドのあるビルです。)

アクセス:御茶ノ水駅より徒歩2分
お問合せ: MAKOTO BOX

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

新年のご挨拶

Mag
右からMAGのS社長、エンジニアのTさん、スケジュール管理のアシスタントをしてくれているB君。
E-3 ZUMMILUX 25mm f1.4

6日は都内へ出かけて、友人のミュージシャン夫妻とお食事をしました。7日は年間を通して一緒に仕事をすることが多い、MAGのみなさんと新年の挨拶をかねて昼食を食べました。約2時間ほど、今年の抱負やらいろいろな情報交換をしました。

今のところわたしは年内にレコーディングの予定はないので、いつもとはちょっと違う1年になるかもしれません。MAGのS社長は、今年「塩渕」に力を入れたい気持ちがあることを話してくれました。

以前から「塩渕を聴きたい」との声が上がっている、関西方面でののライブも夢ではないかもしれません。

わたしはバイオリンも加わったペトラストリートのライブを展開したいと願っていますが、まだまだ具体的なところは見えていません。今月中にはペトラのメンバーとも会うので、そこで方向性が見えてくるでしょう。

今年はいろいろなことがジャブジャブ、ジャバジャバと拡がっていけば楽しいなと思います(ちょっと水っぽすぎますか)。

特に世代やジャンルを越えたミュージシャンのコミュニケーションが育っていき、一緒に歌う機会が実現すればいいなと願っています。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
歌声ペトラ http://utagoe-petra.net/
  
日時:1月12日(火)オープン18:30 スタート19:00
会場:お茶ノ水クリスチャンセンター地下アイリンホール(マクドナルドのあるビルです。)

アクセス:御茶ノ水駅より徒歩2分
お問合せ: MAKOTO BOX

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

道具選び

P1065747
E-3 D SUMMILUX 25mm f1.4

昨年オリンパスのE-P1というカメラを手にしました。マイクロフォーサーズという規格のカメラで、レンズが交換できるタイプでは、その時点で一番小型のカメラでした。デザインと小型化のためにファインダーを無くしたので、撮影はコンパクトカメラのように両腕を伸ばすスタイルです。物としての存在感があり、とても気にいっています。

このカメラとは真逆の、オリンパスのEー3というカメラがあります。何が真逆かというと、オリンパスの中ではほぼ一番大きいカメラです。

このカメラのファインダーは撮りたい範囲が全部見えますし、見やすい大きさで明るく見えます。このカメラに気にいったレンズをつけて首から下げると結構重いのですが、ファインダーをのぞきながら切るシャッターの感じは格別なものがあります。

以前プロで長年撮り続けてこられたカメラマンの方に、お使いのカメラの良さを教えていただいた事があります。説明の最後に出てきたのがシャッター音の良さでしたを。

E-3も魅力的なシャッター音です。このカメラは写し手のモチベーションを上げてくれるカメラだと思います。そういう意味で、趣味であろうと仕事であろうと道具選びは大切です。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

歌声ペトラ http://utagoe-petra.net/
  
日時:1月12日(火)オープン18:30 スタート19:00
会場:お茶ノ水クリスチャンセンター地下アイリンホール(マクドナルドのあるビルです。)

アクセス:御茶ノ水駅より徒歩2分
お問合せ: MAKOTO BOX

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

小さな嬉しい

P1045049
キャンパスの窓から荻窪IC方面 E-P1 LUMIX 20mm f1.7

昨日私たちは朝の8時頃に小田原の関東学院キャンパスに向かって我が家を出発しました。

国道16号線を八王子に向かって進んでいましたが、しばらく走ったところで、コーヒーが飲みたくなり、ドライブスルーのあるマクドナルドへ突入。コーヒーのS(120円)をふたつたのむと、「今週は朝9時までプレミアムコーヒーが無料です」とのこと。タダで二人分のコーヒーをもらってしまいました。もちろんお砂糖やミルクもつけてくれました。

「こりゃ春からいいことがあったわい」とコーヒーを飲みながらのドライブ。厚木から小田原厚木道路に入る頃には、遠くに富士山が見えてきます。この辺りから大分風が強くなってきました。

予定より早く小田原に着いたので、パーキングで一休みをしてキャンパスへ向かいました。駐車場へ車を止めて、指定の校舎へ向かいましたが、校舎に入ったところで、大勢の学生さんが熱心に勉強をしている姿が目に入りました。

昨夜から「坂の上の雲」を読み始めたせいもあるかもしれませんが、その勉強している姿にとても清々しさを感じました。まさか1月5日からこんな空気で勉強しているなんて想像もしませんでした。もっとゆるい感じかなと思っていたんです。タダのコーヒーと学生さんたちの姿、昨日は思いがけなく「小さな嬉しい」をもらい、1年のスタートを切ることができました。

さてコンサート自体は20分なので、実質3曲です。「きく」「横丁のジーザス」「GOD BLESS YOU」を歌ってきました。

正月から「横丁のジーザス」でもないだろうと思いつつも、「弱さの中にある力、祝福」をテーマにしたいと考えて選曲しました。帰り際にアンケートを見せていただきましたが、「横丁」や「GOD BLESS YOU」への反応があり、嬉しくなりました。

今週の金曜日には金沢八景にある関東学院大学へ歌いにゆきます。今年のコンサートはキャンパスからのスタートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

初コンサート

R0013286
仙台:青空市場 GRD2

今日は小田原へでかけます。関東学院大学法学部でミニコンサートです。

ミニコンサートと言っても「音楽礼拝」という集いで、お昼の時間に約20分間の歌とトークさせていただきます。

演奏時間の短いコンサートは、それなりに難しいコンサートです。やり直しがきかないので、無駄なく進める必要があります。しかしコンサートは生ものですから、予定通りに運ぶかどうかは始めてみないとわかりません。

例えばトークの中でうっかり話したひと言から、収集がつかなくなったり、テーマがぼやけたり、時間を浪費したりする可能性があります。選曲を事前に決めていても、その場に立って会場の雰囲気を感じ取るまでは、果たしてこの選曲でOKなのかどうかという確信が持てません。

そんなこんな、あんなこんな思い巡らしているうちに本番がやってきます。最終決定はマイクの前に立つ時といっても大げさではありません。

ですから事前に決まっている曲目を、確信も無しに歌わなければいけない時には疲労します。決まっている曲目がその日の空気とまことにピッタリと合っていれば良いのですが、ずれているとなると、頭の中は自分自身との格闘です。

演奏しながら気持ちが迷いはじめ、弱気というよりも萎縮してゆきます。そして「できないかもしれない」という不安が増大して、本当に全部できなくなるんじゃないだろうか、という恐怖心が襲ってきます。なんだか恐怖映画みたいな感じになってしまい、すみません。

でもこの緊張感がなくなった時は、人前に出ることを止めなければいけない時かもしれません。

さあギターを車に積んで小田原に向けて出発です。いつか緊張が楽しめるようになる場所に着けたらいいのですがね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

150番

P1035048
E-P1 LUMIX20mm f1.7

今朝は早く目が覚めたので、歌声ペトラ150曲目の作曲をしました。タイトルは「福音の力」。

讃美歌の中の讃美歌というようなタイトルで、新年の歌にも、150番というキリ番にもふさわしい感じがします。

作曲については自分でも不思議のひとつで、上手にその仕組みを解明することができません。おそらくこれまで耳にしたメロディーや音、目にした風景や出来事、読んだ本や観た映画、音楽について学んだほんの僅かな事などが、混沌としながら、あるきっかけで、ロクロの上の土のように陶芸家の手の中で形になっていくようなことかなと思います。

「歌声ペトラ」の場合には先にできている「詞」がきっかけになります。この「詞」がなければ歌声ペトラの曲はひとつも生まれなかったと言えます。

自作の曲の場合はこのきっかけが多種多様です。しかし出来上がった曲を思い返してみれば、人との出会いや誰かへの手紙、的なきっかけが多いように思います。とにもかくにも、問題意識とまではいかなくても、何らかの意識はもっていないといけないということになりそうです。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

歌声ペトラ http://utagoe-petra.net/
  
日時:1月12日(火)オープン18:30 スタート19:00
会場:お茶ノ水クリスチャンセンター地下アイリンホール(マクドナルドのあるビルです。)

アクセス:御茶ノ水駅より徒歩2分
お問合せ: MAKOTO BOX

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

メロンパン

P1025684
E-3 ZUIKO.D 50mm f2.0

久しぶりに子供達が帰ってきました。娘はパン屋さんで修業中です。もともとはキャンドルアーティストを目指していたのですが、途中からロウが小麦になって、今ではバン職人を目指しています。

その娘が友人の子供の誕生祝いに、我が家でメロンパンを作りました。朝方までかかったそうです。

プレゼントになみなみならぬエネルギーを注ぐのは母親ゆずりだなと感心します。「眩しい翼」という歌で子供のことを歌っていますが、子供もいろいろなところを通りながら、時がくれば大人になるものですね。

子も育てられ、親も育てられです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

ことば好き

Pc245002
難波のデパートだっけ?駅だっけ? E-P1 LIMIX 20mm f1.7

小学生の時、遠足のバスの中で、わたしは落語を披露していました。どういういきさつでそうなったのかははっきりおぼえていないのですが、マイクをにぎって落語を語っていたことは事実です。

というわけで、わたしはお笑いが好きなのです。なのでお正月はテレビの前に座る時間が多くなります。

実は12月25日の昼、大阪で時間をつぶさなければいけなかったので、日本橋のカメラ屋さんでもブラブラして、妻へのプレゼントでも買おうと思って歩いていると、NGKの前に出てしまいました。「間もなく始まりま〜す」の呼び込みの声に、気がついたら客席に座っていました。わたしがどれくらいお笑い好きかをおわかりいただけると思います。

何故お笑いが好きなのかなあ、と考えてみると、「ことば好き」という結論に至りました。その「ことば好き」がわたしのキャラのかなりの部分を形ずくっていると思います。だからコンサートと演芸の間を右往左往するようなステージになっちゃうんでしょうね。今年こそ寡黙なミュージシャンになるぞ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

Nenga002_3

新しい年が始まるって面白いですね。さめた言い方をすれば昨日から今日になっただけなんですが、世界中が仕切りなおすとでもいいますか、昨日という昨年にはもう戻れないという小さな感傷と、新しい年という身近な未来への期待やらなにやらが複雑に入り混じって、「新年あけましておめでとうございます」というお約束の言葉を互いに交わしながら、時が動くという不思議に乗っかるような気持ちがします。(新年からなにやら意味不明ですみません)。

しかしこれほど「志」という言葉が似合う日もないので、わたしも今年について思いを巡らせたいと思っています。

個人的には「新」ということが気にかかっています。昨年よりも速く時が過ぎることもありえるので、「大切」に生きることもできたらと思います。2010年もよろしくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »