« CK&JT(1) | トップページ | ペトラストリート »

2010年4月16日 (金)

CK&JT(2)

100416
iPhone

(昨日からの続き)
20分程の休憩をはさんでの二部。「It's Too Late」「You've Got A Friend」などなど、まだまだ歌われていない名曲がいくつも残っています。

一部のスタートでは目頭を熱くして聴いていたわたしですが、二部に入るとだんだん心境に変化が起こってきました。

それはステージの上の人達が昔から知ってるおじさんやおばさんに見えてきたんです。親近感というのか馴染むというのか、他人とは思えないというのか、コンサートではあまり感じたことのない感覚です。少なくとも外国のアーティストに感じたことはないと思います。

それほど自分がこれらの曲に包まれてで生きてきたということなのでしょう。そう言えば「It's too late」を聴きながら、シュガーベイブのダウンタウンを思い出していました。70年代のサウンド、空気が頭を駆け巡ります。

しばらくくつろいで聴いていた私の目頭が再び熱くなったのが「Sweet Baby James」です。やはりわたしの音楽の根っ子にJTはいるようです。

一部、二部と20曲近くが歌われました。アンコールは3曲。3曲目は相談しながら演奏が始まりましたから、本当にサプライズだったのかもしれません(それはないか)。曲はキャロルキング作曲のロコモーション。この人はいったいいつから活躍しているんだ!ですよね。

コンサートを聴いている内に、意識があちらこちらと旅をして、わたしの頭はボーっとしてしまいました。何故か「明日は会社に行きたくないなあ」と思っているわたし。もちろん「あのう、あんたは会社に行ってないよ」と自分で突っ込みましたよ。

JTとCK(私にとってはこの順番なんです)のコンサートなんてもう聴くことはできないでしょう。初めてで見納めですね。「あー、よかった」。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
岩渕まこと/PETRA STREET LIVE@三軒茶屋 ラヂヲデイズ
http://www003.upp.so-net.ne.jp/kei_music/radiodays.html

4月25日(日) Open18:00 Start18:30  
          3000円(ドリンク別)

出演:岩渕まこと 市原康 西原悟 谷源昌

今回はペトラストリートの基本である男組です。本当に久しぶりになります。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« CK&JT(1) | トップページ | ペトラストリート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いやぁ〜いいっすね
なんだか、行ってないのに、行った気分です。
ほんと、彼らの演奏を聴きたかったなぁ
演奏を聴きながら、想いにふけると言うか、心の旅をするっていうのが、何ともたまりませんね。

投稿: じょーじ | 2010年4月16日 (金) 09時22分

じょーじさん
演奏を聴きながらあんな気分になったのは初めてでした。まあ自分も、ある年齢になったということですかね。

投稿: ぶち | 2010年4月16日 (金) 10時25分

 行けて良かった
昨日私も武道館のCK&JTのコンサートに行ってきました。あやうく、救急車の対応をしなければならないか?という電話が、来たのですが、大丈夫でした。もう少しで、プラチナチケットが紙くずとなり、永遠に生CK&JTを体験できずに終わるところを救われました。こんな時、次に生まれてくるときは(このような発想はクリスチャン的ではありませんが)、絶対に医者にはならないぞと思ってしまいます。こんな思いで頭がモヤモヤしながら、雨の中をなんとか会場にたどりつき、---南スタンドの2階席の前から3列目(ぶちさんが2日前に座った席の2つ後ろあたりだと思います)の良い席で、すばらしい音楽を聴くことができました。二人の人柄がにじみでている温かいコンサートでした。JTのギターの響きもよかったです。ああ、行けて良かった!主よありがとうございます。

投稿: 草加のシュン | 2010年4月17日 (土) 11時17分

草加のシュンさん
医療に従事されている方は緊急の対処を求められる事が多いのでしょうね。妻が大病を患った時に治療して下さった先生は、自分も精神安定剤を服用していると言っていました。ご自分の身体をこわさないようにすることも大きな仕事ですよね。
ところでプラチナチケットが使えて良かったですね。塩屋夫妻もどこかにいたようですよ。

投稿: ぶち | 2010年4月17日 (土) 11時47分

岩渕さんがポール・サイモンやPPMに影響を受けたのは、WEBサイトを読んでしっていたのですが、JTに影響を受けたことは、このBlogを観るまでしりませんでした。この記事を読んでから、時々いしきしてJTをかけるようにしました。岩渕さん「愛のはじまり」を聴いているとJTのSweet baby james に収められている Anywhere like heaven 風なので、あぁ影響受けてたんだと再確認しました。仕事場で昔の岩渕さんの曲を聴き直しながら、仕事してます。やっぱり「銀色ヒコーキ」好きです。

投稿: ピーター | 2010年8月 1日 (日) 21時03分

ピーターさん
JTは不思議な存在です。まず聴く頻度は一番かも知れません。
例えば引っ越しをしたとします。荷物を片付けて最初に聴くのは多分JTだと思います。
最初はギターの影響が強かったかなあ・・・。

投稿: ぶち | 2010年8月 2日 (月) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/34234574

この記事へのトラックバック一覧です: CK&JT(2):

« CK&JT(1) | トップページ | ペトラストリート »