« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

讃岐うどんとカチャーシー

C74E4069-D9E9-499A-AEAE-E355F27C8880

久し振りに沖縄にきて感じた事があります。それは内地でよく見るお店が沖縄に増えていることです。

牛丼の吉野家にはじまり、ラーメンの花月や天下一品、ヤマダ電機、讃岐うどん・・・。大した距離を移動したわけではありませんが、これくらいのお店が目に入ってきました。

以前はルートビアで有名なA&Wやブルーシール、そばと言えば沖縄そばのお店、と旅行気分が盛り上がりました、沖縄まで来て内地のお店に入りたくないなあと思うのはわたしだけ?

それでなくても日本中の町、特にバイパス沿いの景色は、何処でも同じになってしまいました。

欲しいものは手軽に手に入っても、町の個性は失われていきます。小さな便利と引き換えに大きな財産を失わないようにしなければと思います。

と言いながら昨日のお昼は讃岐うどん屋さんに入りました。それがとても美味しかったんです。讃岐うどんでカチャーシーもありなんですかね。

今日は一日オフなので、自由な時間があります。昨日「どこか行きたい所がありますか?」と言って頂いたので「普天間と辺野古」と答えました。今日は5月31日ですもんね。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

まこと時間

A0FDC733-D41A-413A-8031-F3A80F36631C

以前日記に新幹線が三河安城駅を通過する時の車内アナウンスの事について書いた事があります。

それは「只今定刻で三河安城駅を通化いたしております。後10分程で名古屋に到着いたします」というおなじみのフレーズです。定刻通過の喜びと誇りに満ちたフレーズだなあと毎回感心して聞いています。

さて滞在中の沖縄はその間逆にあります。沖縄時間というやつです。まあ冗談ですが「7時からのコンサートは何時から始まりますか?」という問い合わせが来るとか来ないとか。

わたしは何年か前に那覇にモノレールが走り始めた時に、その定時運行の影響で、沖縄時間も無くなっちゃうんじゃないかと心配しましたが、さすがにそこまでの影響力は無かったようです。

わたし自身はどちらかというと時間より早めに行動するタイプですし、予定通りに事が進む事が好きな人間です。

しかし最近時間なんてただの目安に過ぎないんだ、と考えるようになってきました。もう少しいい加減になった方が良い仕事ができるような気持ちがしてきました。

ちゃんとしているって、それ程良い事じゃ無いんじゃないだろうか。「まこと時間だからしょうがないなあ」と言われながら生きるのも楽しそうだなあと、妙な憧れが芽生えているわけです。ちょっと危険でしょうか。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

LIVE AT THE TROUBADOUR

100529
E-P1 MZD 17mm f2.8

今回の旅のお伴には「CAROLE KING&JAMES TAYLOR」のLIVEアルバム「LIVE AT THE TROUBADOUR」をiPhoneに入れてきました。

先日武道館で二人のコンサートを聴いたばかりですが、このアルバムが出ていることを知って、即注文しました。CDとDVDのセットを買ったのですが、仕事の合間にDVDの方は待てずに観てしまいました。

ロスにある「TROUBADOUR」というお店で収録されたもので、トークには日本語訳字幕が用意されているので、英語のわからないわたしにもとても興味深い内容になっています。

このお店は当時多くのミュージシャンが出会ったり、交流を深めるのに重要な役割を担っていたようです。DVDを観ながらまた涙ぐんでしまったわたし。この二人がいなければ生まれてこなかった音楽が確実にあります。やっぱり大きな影響を受けているのだなあと改めて思っています。

「音楽ってこうなんだよなあ!」と感じさせてくれる素敵なアルバムですよ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

今日からオキナワン

100528
E-P1 MZD 17mm f2.8

さあ今日から沖縄にでかけます。以前は良く行った沖縄ですが、ここ数年は行っていません。最後のコンサートは伊江島です。どんな旅になるか楽しみです。

ところで今回はホテル滞在用に新兵器を持って行きます。それは無線LANのアクセスポイントです。去年アメリカに出かけた時にはホテルの部屋で無線LANが使える場合が多かったのですが、日本ではなかなかそこまでの設備が整っているホテルがありません。

iPhoneですから、無線LANが無くてもインターネットに接続ができますが、スピードを考えると無線LANが使えた方が便利です。

今回の沖縄滞在では、8月に行くバングラデシュの旅の準備になるように、カメラのシステムとインターネット環境のテストをしようと思っています。

購入したものは、無線アクセスポイントとUSBモバイル充電アダプター(海外対応)、モバイルLANケーブルです。しめて4000円程でしたので、うまく機能すれば安い買い物だと思います。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

ひと月

100527
E-P1 ZD 14-54mm f2.8-3.5 Ⅱ

久しぶりに散髪をしました。普通はひと月くらいの間隔で切ってもらっていますが、今回はひと月半くらいご無沙汰していたと思います。

さすがに脇のあたりが不ぞろいになっていましたので、髭の手入れをするついでに自分で髪を整えてみましたが、それが結構うまくいって面白かったです。

鏡に映して鋏を操るわけですが、これもひとつの業らしいく、床屋さんに「鏡を見ながら髭を整えているんですよ」と言ったら「自分にはできないなあ」と言っていました。

ところで床屋さんの世界も景気の影響が大きく出るそうです。髪を切らなくても命に別状ないですからね。

景気が悪くなる、物を買わなくなる、値段を下げる、賃金が下がる、景気がさらに悪くなる。誰かが何かをやってくれるだろう、という時代は終わりました。今度はひと月で床屋さんに行かなくちゃ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

家庭内物欲購入好意的雰囲気発信充満作戦

100526
E-P1 ZD 14-54mm f2.8-3.5 Ⅱ

昨夜の「歌声ペトラ」は楽しい時間でした。Ustreamでも多くの方が中継で参加してくださり、Twitterからリクエストもありました。日本生まれの新しい賛美歌を発信する「歌声ペトラ」ですから、ネット配信が新たな展開のきっかけになればと願っています。ちなみに今日から1週間程録画でご覧いただけます。http://bit.ly/cHz3Nm

Ustreamの為にボランティアで参加してくださっているSTさんはMac使いの達人です。昨夜STさんの手にはあの「iPad」がありました。日本での発売は28日ですから、アメリカから直接手に入れたのでしょう。リハーサルが終ると同時にメンバーがiPadに群がりました。中にはすでに注文していた人までいました。

しばらく前にわたしもiPadが欲しくなって妻に「iPadって良さそうだなあ・・・」と家庭内物欲購入好意的雰囲気発信充満作戦に出たのですが、妻のひと言で断念しました。

それは「iPhoneを買う時には、パソコンは持ち歩くのに大きすぎるから、iPhoneが良いと言っていなかった?iPadってiPhoneより大きいんでしょう・・・」。これにはギャフン(古!)でした。ガチョーン(古!)ではありませんか。男はいくつになっても玩具が欲しいんですね。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

またまたレンズの話

100525
E-P1 MZD 17mm f2.8

またまたレンズ話ですみません。わたしはフイルム換算35ミリのレンズが50ミリと並んで好きなのですが、今のシステムではピッタリ35ミリになるレンズがありません。

何故かと言うとフォーサーズの場合、焦点距離がレンズの2倍になるためです。フォーサーズの17ミリのレンズだとフイルム換算34ミリ、18ミリだと36ミリになってしまいます。まあ実際には35ミリと変わらないと思っていますが・・・。

ところで35ミリのレンズの何処が良いのかというと、50ミリに比べるとスピード感があるところです。レンズは広角になればなるほど遠くの物が小さく写るようになります。ですから実際の距離よりもぐっと遠くにあるように見えることになります。それがスピード感として感じられるのでしょう。

街を撮っても自然を撮ってもクールな印象の絵になると思います。モノクロも良いですよ。音楽のことよりも写真のことの方が熱くなるきらいのあるわたしです。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

フイルム換算

100524
ここはどこでしょう? E-P1 MZD 17mm f2.8

昨日は単焦点レンズで好きな画角が50ミリと書きましたが、もうひとつ35ミリも捨てがたい魅力があります。この50ミリや35ミリというのはフイルム換算です。

フイルム換算ってなあに?という方がいらっしゃると思いますので、簡単に説明をします。フイルムの大きさには幾つかの種類があります。35ミリ判、ブローニー判、4×5判などです。後者のほうが大きいフイルムになります。

一般的に使われているフイルムは35ミリ判になります。さてデジカメではフイルムにあたるところの大きさが小さくなっていますので、同じ焦点距離のレンズで写しても写る範囲が違ってきます。

例えばA4の用紙いっぱいに顔の画像を印刷します。次にその紙をB5の大きさにハサミで切ってみましょう。そうするとA4サイズでは全体がプリントされていた顔が、B5サイズでは周囲が欠けてしまいます。同じプリントなのに印刷する紙の大きさで見える範囲が違ってくるわけです。

ちょうどフイルムとデジカメの受光部も同じで、小さいデジカメの方が同じレンズで撮っても、フイルムよりは拡大した(周囲が欠けた)画像に写ります。

わたしが使っているカメラはフォーサーズという規格で35ミリフイルムの半分の大きさなので、25ミリのレンズで写すとフイルム換算では50ミリのレンズで写したことと同じになります。ですから好きな画角の50ミリというのは、私のシステムの場合は25ミリということになります。

ここまで読んでくださった方に敬意を表します。わたしも頭がヒートアップしてきたので、35ミリの話は明日にしよう。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

単焦点

100523
E-3 ZUMMILUX 25mm f1.4(フイルム換算50mm)

写真を撮る時に、ちょっと不便が楽しいなあ、と思わせてくれるのが、単焦点レンズでの撮影です。

単焦点レンズはズームレンズと違って、大きく写したい時には被写体に近づき、小さく写したければ離れなければなりません。足を使わなければ写したい絵を撮ることはできないのです。

三泊四日の門司への旅には、カメラを二台と単焦点レンズを三本持っていきました。なぜカメラが二台かというと、違う焦点距離のレンズを付けておいて、状況によって即座に焦点距離を選ぶためです。この事をレンズでやってしまうのがズームレンズなわけです。

それぞれのカメラに、フィルムカメラで言うところの、50ミリと34ミリのレンズを付けて、バッグにもう一本100ミリのレンズと、焦点距離を1.4倍に出来るコンバーションレンズを入れて出かけました。

一日これで撮っていて、改めて単焦点は楽しい、そして50ミリが面白いと感じました。それぞれの焦点距離に個性がありますが、広角レンズ的な味や望遠レンズ的な味も持っているのが50ミリです。34ミリは少し冷静な空気の絵が撮れます。単焦点で一日を過ごした贅沢贅沢な時間でした。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

嬉しい知らせ

100522
E-P1 LUMIX 20mm f1.7

今年2月からオープンした「東書WEBショップ」内の「MAKOTO BOX」のお店。当初はなかなかダウンロードが伸びなくて心配していましたが、徐々に訪ねてくださる方が多くなり、全ての音源と楽譜を購入してくださった方もいらっしゃるという嬉しいニュースも入りました。

わたしがギター弾きということが大きいと思いますが、わたし関係の楽譜はほとんどがメロ譜にコードというものでした。しかしこのお店の楽譜はピアノアレンジをしたもので、他では手に入りません。

「東書WEBショップ」は教育関係の方が多く利用されるお店で、学校の先生も大勢いらっしゃるようです。現在お店では星野富弘さんとのコラボ作品の音と楽譜が販売されています。

実はこれまでに数回、星野さんの詩画展で歌わせていただく機会がありましたが、何度か「星野・岩渕」作品を小学生のみなさんが合唱で歌ってくれたことがありました。川崎では300人くらいの小学生が歌ってくれたと思います。

このWEBショップを通してひとつひとつの曲が、子供達はもちろん、多くの方に歌われる作品になったら、との願いを持ちつつ、今後の展開を楽しみにしています。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

静かな電池

100521
E-3 ZD 50mm f2.0 + EC14

ブギーとの散歩に、カメラをぶら下げて出かけ用とした時に、カメラのスイッチを入れてもまったく動きません。一瞬「壊れたか!」と思ったのですが、「電池かも知れない」と考え直し、予備の電池を取りに部屋へ。電池を入れ換えてみたら、無事に動きました。

ところが放電した方の電池を充電しようとすると、どうも充電されている様子がありません。どうやら寿命のようです。

こんな風に電池が駄目になったのは始めてなので、小さなショックを受けました。早速リチウム電池のことを調べてみると、あまり使わないと寿命がみじかくなる、というような情報を見つけました。

電池を長生きさせる方法を知っていたら教えて下さい。純正の電池は安くなっていても6千円くらいはするので、初めて互換電池を注文してみました。こちらは2千円代です。安物買いの銭失いにならなければ良いのですが。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

頑張るJAL

100520
E-P1 MZD 17mm f2.8

「頑張るJAL」って「ジャン・バルジャン」みたいだなあと思いつつ・・・。先日久しぶりに乗ったJALの雰囲気が変わっていて驚きました。

まずは働いている人が明るくなったこと。以前はチェックインカウンターから微妙にどよんとしていましたが、それが明るくなりました。

ギターの運び方にしてもケースをプチプチで保護してもらうようにお願いしたら、それをわざわざコンテナの上に乗せてからコンベアに乗せてくれました。

機内サービスではANAが飲み物有料に対し、JALは無料でした。また搭乗した時に窓の日除けが開いているのもあれば閉まっているのもあり、なんだこれは?と思ったのですが、着陸の時に理由がわかりました。

それは「空のエコ」という考え方を実践しているようで、駐機の間に機内温度が上昇しないように、窓の日除けを閉める運動をしているとのこと。乗客が降りる時に、「近くの日除けを下げてもらえますか」とのアナウンスがありました。

羽田には垂直尾翼に赤ではなく緑の太陽が書かれているJAL機が駐機していましたが、これが「空のエコ」のシンボル機のようです。

正直JALは敬遠ぎみになっていましたが、JALもイイジャンと思いました。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

こんなお弁当ありました

100519
E-P1 MZD 14mm f2.8

ある日の昼食に、こんなお弁当が出されました。わたしは別のお弁当をいただいたので、味はわかりませんが、特に凝らなくても良いところに凝っているのが好きです。

このお弁当をじっと見ていると、無駄や遊びがどれだけ人を豊かにしてくれるのかがわかります。このお弁当を見て「なんだバカらしいこんなもん」としか思えない自分がいたら、きっと余裕が無くなっているんだろうなあと思うわけです。

便利なものを開発するのは遊びや余裕をもたらすはずだったのに、便利なものに振り回されがちなわたしたちです。

遊びや無駄を悪だと思わないで、楽しんでいきたいですね。このお弁当を見て、どこが面白いのかがわからない人がいたら重症ですよ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

知らない日本

D8E92A1D-4A86-4CF6-B362-CBB59B09347B

旅先でオフの日を過ごせる機会はめったにありませんが、昨日は門司から秋吉台、萩、山口と一日ドライブを楽しみました。

お世話してくださった方は、当初佐世保のハウステンボスへドライブをプランしていてくださったのですが、流石にコンサートの疲れがあって朝早い出発が無理と判断。佐世保よりは近い萩にしました。

まずは初めての秋吉台を通過。カルスト台地の、緑の丘に羊が沢山いるような面白い風景。天気は快晴、最高のカルスト日和でした。

萩は松下村塾や武家屋敷関係が有名ですが、わたしたちはキリシタン関係のスポットを訪ねることにしました。

山口県はザビエルが訪れた所でもあるし、長崎から捕らえられたキリシタンが送られて処刑された場所のひとつでもあります。そんなキリシタンの痕跡があちらこちらで見ることができます。自分自身の知らない日本を垣間見ることができました。

帰路は山口市のザビエル記念聖堂に寄りましたが、以前の建物は火事で焼失して、今は近代的な聖堂に変わっていました。

心地良い疲れを感じながら、日の沈む頃に門司に帰って来ました。今年の初観光デーはなかなか充実した一日となりました。

今日帰りますが、なんだか外は風が強いようです。飛行機君は大丈夫かあ!

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

心の故郷

DBF71146-1C94-4130-9591-C697ABCCA10D

下関はわたしにとって特別な町です。もう30年前の事ですが、自分のその後の人生を変える出来事がありました。

それは、門司文化会館で開催されていたゴスペルコンサートの楽屋で、クリスチャンとして生きようと心に決めたことです。

その頃、特に聖書に興味を持っていたわけでもありませんし、救いを求めていたわけでもありませんでした。しかしわたしは、空虚の中に住んでいました。

あれから30年、不思議なように歌いながら生きてきました。久しぶりに門司の町に立ち、歌い、心の原点といえる場所がある幸せを感じました。

今回そのコンサートのポスターを見せていただきましたが、そこには1980年5月12日という日付が書いてありました。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

ギターを預ける

100516
E-P1 MZD 17mm f2.8 アートフィルター使用

愛用のギターケースはFORTというメーカーの超軽量ケースです。2年くらいは使っていますので、多少傷んできました。輸入元の神田商会さんに問い合わせたところ、次の入荷が7月とのこと、それまでだましだまし使おうかなと思います。

ところでギターケースで一番心配なのが飛行機に乗る時に預ける事です。以前は手渡しというサービスがあり、ベルトコンベアに乗せずに運んでくれましたが、今ではそのサービスがどの航空会社からも消えてしまいました。

航空会社によって、楽器の扱いが違うので、結局安心な順に選ぶことになります。1番安心なのがANAで、専用のケースに入れてくれます。次がJALでプチプチで包んでくれます。スカイマークはそのままコンベアゆきなので、乗らないことにしています。別に会社に恨みがあるわけではありませんが、気持ちの問題なのでしょうがありません。過去に一度だけ乗った、そこらじゅうが真っ黒なエアラインは大丈夫だったように記憶しています。

ところでFORTの軽量ギターケースは、発砲スチロールのようなものでできていますが、強度においてはまったく問題がありません。材質は発砲スチロールではなく、BMWのバンパーに使われている素材とのことです。

プレゼンの時には中にマーティンのオールドを入れて、上に人が乗ったり、放り投げてみせたりしたそうです。手で持ち運ぶことの多い人にはおすすめのケースですよ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

今日から旅

100515
E-3 ZUMMILUX 25mm f1.4 このレンズはすごいです

今日から旅です。昔のミュージシャンだけかもしれませんが、音楽関係者は何処かへ出かける時に「旅」と使うことが多いでんです。

ところで今回の旅は1日フリーの日があります。主催者の方がせっかくなので、ということで計画してくださいました。

旅先は門司。海峡を渡った下関とあわせて、レトロな味わいを楽しむことができそうです。下関には龍馬関係のスポットもあるし、かなりの観光地です。

こんな旅を前にしての楽しみは、どのカメラとどのレンズを持っていくかをプランすることです。出会うであろう景色や状況をイメージして考えます。それから機材の分量と出来上がる写真の仕上がりのイメージを計りにかけてプランします。とどのつまり、重さとクオリティーとこだわり、ということになるのでしょうか。

今はオリンパスのE-3というカメラに。LUMIXのZUMMILUX25mm、それからオリンパスの14-54mmのズームレンズのセットにするか、ズームレンズはやめて50mmMACROにするかを思案中です。

どちらにしてもこのセットは重量級です。でかける直前に軽量級のE-P1に変わるかもしれませんがね、って皆さんにはどうでもいい話ですよね。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

いっぽさがってみえるもの・・・

100514
E-3 ZUMMILUX 25mm f1.4

先日整体の先生から、ひとつのコラムを紹介していただきました。岡村郁生さんという方が書かれた「いっぽさがってみえるもの・・・」というコラムです。そこに書かれてあった司馬遷の「史記」の中に登場する扁鵠という名医の話が印象に残りました。

それは、「みんなが自分のことを名医だというがそれは違う、二人の兄の方が勝っている。長兄は病気にならないようにするから、家の者しかその能力を知らない、次兄はごく軽いうちに治してしまうので、村の人しかその能力を知らない、私はひどくなったものを苦労して直すので、天下に名前が広がったのです」。というものです。

コラムを書かれた岡村さんは東洋医学の立場から未病ということを書かれています。「健康とは無理やりにつくるのではなく、元々ある状態にしておくこと」とおっしゃています。その通りだなあと思いつつ、今からでも遅くはないのかなあ、と自分を振り返るわたしでした。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

電子化

100513
E-3 ZUMMILUX 25mm f1.4

最近、ツイッターで知り合った方の紹介で、一冊の電子書籍をダウンロードし、移動の途中にiPhoneで読んでいます。文字データという硬い感じではなく、本を読む感覚に近い感じで読ことができます。文字も見やすいですし、なんといっても無料でダウンロードができました。

しかしこれが本なので割合い客観的でいられますが、音楽のデジタル化のことになると、少々ナイーブになります。

まずレコードがCDになった時点で、A面、B面、というストーリーがなくなりました。MIDIやハードディスクレコーディングが普及し、プライベートスタジオでのレコーディングが増えて、レコーディングスタジオの使い方も変わりました。わたしがスタジオミュージシャンの仕事をしていた頃に比べたら、ミュージシャン事情も様変わりしています。

そしてダウンロードが盛んになり、CDが売れない時代になりましたが、ダウンロードに関してもあまり景気の良い話しは聞きません。電子化によって音楽業界は大変困難な時代を迎えています。

アルバムから曲単位のダウンロードと、情報のニーズがマイクロ化してきているわけです。そのうち好きなイントロとかサビとかだけを分割ダウンロードして、リミックスをするのが主流、なんていうことになるのかもしれません。

何年か先に、「この曲って最初は人間が作ったらしい」なんて会話もあるのかなあ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

ちょい試練

100512
E-3 ZUMMILUX 25mm f1.4

今日、愛犬ブギーにはちょい試練の日です。それは狂犬病の予防注射。

実は2年ほど前の予防接種の時に、アレルギー反応が出て、目の回りが少し腫れてしまいました。それ以降はワクチンや狂犬病を接種する前に、アレルギーを抑える注射をしてからの接種になります。その後は散歩もできないので、家で静かに様子を看ることになります。

こんな日には犬も少しは話ができればいいのになあと思います。しかしもし犬が話し出したら大変でしょうね。

ご飯を出したら「また同じメシかよ!」とか、わたしが家でゴロゴロしていたら「横になってないで働けよ!」とか、家人が全員外出して「ブギーは大丈夫かなあ」なんて心配している頃に、「あ~やれやれ、今日は少しのんびりするか」などなど・・・。

こんなイメージが浮かんでくるのは、ブギーの見た目がチョイ悪系だからだと思います。

ブギーも6歳半になります。人間年齢ではわたしに近づいてきました。先日散歩をしながらふっと「最期まで幸せに生活させてあげたいなあ」と思いました。

癒し系などと言っていただくわたしですが、本当はセッカチでガサツな男です。「幸せにしてあげたい」なんていう気持ちを掘り起こしてくれるブギーという存在、愛情が生まれる不思議を感じました。ひょっとしたら言葉が話せないからかもしれませんが・・・。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

かろのうろん

100511
キャナルシティー E-P1 MZD 17mm f2.8

先日「次はうどん」という日記を書きましたが、博多にうどん屋さんが多いというのは、博多がうどん発祥の地なんだそうです。そう言えば以前もそう教えてもらったような気がします。

ラジオで永六輔さんが博多のうどんの話しをしていたのですが、お店の名前は聞きのがしていました。今回お世話になった方に、うどんの話しをしたら、ズバリ永六輔さんが話しているお店は「かろのうろん」というお店とのこと。時間がなくてお店による事はできませんでしたが、前を通過してくれました。場所はキャナルシティーに近い道沿いでした。

「かろのうろん」という店名は「角のうどん」の博多弁がそのまま今も店名になっているとのことです。

今回は「よーし、次は本当にうどんだ」と決意を深めた博多の旅でした。週末にまた九州に行きますが、北九州なのでちょっと無理そうです。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

富士からパワステ

100510
E-P1 LUMIX 20mm f1.7

福岡行きの飛行機に乗ると、左手に富士山が見えてきます。毎回わたしは慌ててカメラをバッグから取り出します。何故かはわかりませんが撮りたくなるんです。特に雲と積もった雪の感じが良かったり、夕暮れだったりすると、間違いなくカメラを向けている自分がいます。

時々地上から富士山を眺めながら、大昔の人々にはどんな風に富士を見ていたのかなあ、と想像してみることがあります。「あの山の向こうには何があるんだべえ」なんて言っていた時代もあったことでしょう。もしその向こうにでも行くことができたら英雄間違いなしです。

未知の世界が今よりもぐっと近くにあった昔には、今よりも男達の勇気や力を発揮するチャンスがあったのではないかなあと思います。しかし最近では男じゃなくちゃできないことは、ほとんど無くなったように思います。

わたしは車のパワーステアリングに代表されるような、小さな力で大きな物を操れる装置は作らない方が良かったのではないかと思います。そうすれば時々重いものを持って、女性からの尊敬を集めることができたのかもしれません。

おっと、自分に腕力が無いことを忘れていました。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

与えるということから

100509
E-3 SIGMA ULTRAWIDE 24mm f2.8

多くの皆様にご協力をいただきました、ワールドビジョンジャパンに「手」の写真を送っていただくキャンペーンについて、担当者の方から結果報告をいただきました。ここに感謝と共に報告をさせていただきます。

5月5日までに2万件の写真を募集していましたが、予想を上回る方が参加してくださり、最終的には29,111件に達したそうです。

写真を撮って送る、という作業を通して、世界の苦しんでいる子供達への支援の思いを表明してくださったことは素敵だと思います。

この国は受けることも与えることも、お殿様任せです。受けられない時には声が上がることがありますが、基本与えなければ受けることはありません。

まずは与えることから、という軽やかな習慣が浸透し、定着することを願っています。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

今度はうどん

100508
E-3 D ZUMMIUX 25mm f1.4

今日は昨年の7月以来の福岡にでかけます。福岡はわたしの好きな街のひとつです。理由はまず「人」。どこかおおらかな雰囲気があって、安心感があります。次に「食」。

最初九州に来た時には微妙に甘めな味付けに、「これはどうなんだろう?」と馴染まなかったものですが、ある時から「おいしい」と感じるようになりました。

特に魚のあら煮は九州が絶品ですね。家に帰って同じ味を、と思ってもなかなか出すことができません。どうやら醤油自体が違うようです。

その他の「食」は、水炊き。福岡で水炊きをいただくと、そのスープは、トンコツラーメンのように濃厚で、いわゆるあっさりとしたというイメージではありませんでした。

またもつ鍋もおいしいですね。今度は「うどん」を食べたいなあと思っています。福岡というとラーメンという感じがしますが、うどん屋さんも多く、美味しいらしいですよ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

誕生日

100507_2
E-3 ZD 12-60mm f2.8-4.0 SWD

じゃーん!という歳でもありませんが、今日はわたしの奥様、岩渕由美子様のお誕生日です。一年に数回の大切な記念日がやってまいりました。

みなさんは記念日をどう過ごされるんですか?わたしは旅先にいることも多いので、プレゼントだけで終わることが多いかなあ。

でも今日は家にいられるので、午前中に映画、その後昼食にレストランを予約しました。映画鑑賞は奥様からのリクエストです。

正直、わたしは自分の誕生日を祝ってもらうのが照れくさく感じる人間です。誕生日が近づくと、「別に、なんにもしなくていいよ」という空気を発してしまいます。もう少しひねくれずに生きられたらどんなにか良かったでしょう。

さてわたしたち夫婦は同じ年に生まれましたので、今日からわたしの誕生日が来る9月までは、妻が年上になります。その間にもうすぐ結婚記念日がやってきます。そろそろそちらの方も考えなくちゃです。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

ダイレクトメール

100506
E-3 ZUIKO D 12-60mm f2.8-4.0 SWD

先日ツイッターのダイレクトメールを鳩山総理に送りました。鳩山総理の「4日から沖縄訪問を頑張ります」というようなツイートに対してのメールです。それはこんな内容でした。

「沖縄訪問は頑張っていただきたいと思います。いつからか私は総理が沖縄と徳之島の皆さんと、交渉に交渉を重ねたすえに、国外案をアメリカにおっしゃるのではないかと思っています」。というものです。

現在の普天間基地移転の物事の進み方を考えると、わたしには国外案に持っていくためのプロセスとしか思えません。これはわたしの一縷の望みということかもしれませんが・・・。

ところで戦後、海兵隊の基地は岐阜と山梨にありました。やがて基地に対する強い反対運動が起こり、当時アメリカの管理下にあった沖縄に移転したのです。普天間に基地があるのは、本土の人々が反対した結果でもあります。ですからなおさら自分の事として、国民全体が考えなければならない問題なんです。

もし5月末に、「国内への移転は無理です」というメッセージが、総理からアメリカへ伝えられることになれば、これぞ政権交代、ということになるのですが・・・。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

「手」から「バングラデシュ」

100505
E-P1 ZUIKO D 14-54mm F2.8-3.5 Ⅱ デイドリーム使用

今日5月5日を目標に、ワールドビジョンジャパンのひとつのキャンペーンが開催されていました。

それは医療を受けることができれば命が助かる、カンボジアの5歳以下の子供達へのキャンペーンです。内容は「手」の写真を送ると、協賛企業がから100円の支援金が寄付されるというものでした。2万件の手を募集していましたが、予定より早く2万件に達しました。http://www.worldvision.jp/involve/children/index.php

ブログを読んでくださっている方々にも、投稿してくださった方がいらっしゃると思います。本当にありがとうございました。

なぜ私がお礼を言わせていただくのかというと、ワールドビジョンジャパンのアソシエートアーティストとして、支援者の一人だからなんです。

実はこの夏にバングラデシュを訪問する計画が進んでいます。わたしがチャイルドスポンサーをさせてもらっている子供さんに会う事が目的のひとつですが、現地を知る貴重な経験になると考えています。多少は同行者の募集もできそうなので。興味のある方は一緒にいかがですか。

チャイルドスポンサーの情報はこちらです。
http://www.worldvision.jp/child/index.html?link_id=tnav01

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

勇気ってなんだろう


F4C4C60A-C9B5-4E53-80F0-A9B2DB2846EF


ツイッターでフォローしている方の中に、フリージャーナリストの江川紹子さんがいます。

先日流れてゆくタイムラインをながめていた時に、江川さんが出版された本の感想と感謝の言葉に目がとまりました。

しかもその感想を書いていたのが、フォークシンガーの中川五郎さん。これはわたし的にはただなぬことです。

その本のタイトルが「勇気ってなんだろう」。早速アマゾンに注文を入れました。

この本は江川さんが、その勇気に感銘を受けた人へ取材して書いたものです。

登場してくる人は、野口健さん、山本譲司さん、蓮池透さん、千波敏郎さん、高遠菜穂子さん、そしてイスラエルの何人かの人々です。

丁寧な取材の上で書き上げられた文章を通して、ひとりひとりが、苦難の中から、次の一歩を踏み出していく様子がよくわかります。メディアの報道では知ることのできなかったことが書かれています。

わたしたちの日常生活で、勇気を発揮する場はそう多くはありませんので、自分に勇気なんてあるのかどうかもわかりません。

しかしこの本に登場する皆さんの、勇気ある行動と姿勢に触れた時、皆さんの勇気がわたしに向かって飛んで来るような気持ちがしました。

勇気は伝染するものかもしれません。

勇気のある人もない人も、「勇気ってなんだろう」お薦めです。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

カワセミ撮影隊

100503
E-P1 M ZUIKO D 17mm f2.8

最近散歩コースの近くの河原に変わったものを発見しました。それは芸能人の記者会見のようなカメラの方列。それも撮影する人が目立たないように、しっかりと目隠しのためのブース?まで作っています。

この人達はどうやらカワセミを撮影しているようです。カメラの先には、水辺の所に1メーターくらいの木の枝が地面に挿してあります。カワセミのとまり木を作ってあるわけです。

どうやら皆さんは一日中撮影しているようで、休憩のための日除けスペースやテーブルなども整っています。ところでどうしてここに人が集まるようになったのか、誰がこんなスペースを作ったのかが謎です。

と思ってネットで調べたところ、この辺はけっこうカワセミスポットのようです。そういえば散歩中にわたしもカワセミを目撃したことがありました。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

朝生

100502
E-P1 M ZUIKO D 17mm f2.8

もともと僕は討論番組が好きな方なんですが、テレ朝の朝生はさすがに翌日にひびくので、なかなか見ることはできませんでした。

ところがDVDレコーダーを買ったおかげで録画をして、昨日、時間のある時に分割で見ることができました。

タイトルは「激論!出でよ平成の龍馬」。閉塞感が否めない政治と経済についてパネラーの議論が続きました。

印象的だったのが、民主党議員の煮え切らない様子。総じて政治家の皆さん方に感じることは、選挙の為に政策論争をしているような感じ。この国をなんとかしようという気概を感じる人はいませんでした。

逆に政治家ではない若手のパネラーからはエネルギーを感じました。初めて知った名前でしたが、チームラボの猪子寿之さんという方の言葉が残りました。

それは「今の時代に必要なのは寛容」という言葉でした。インターネット関連企業の30代前半の社長さんの口からこんな言葉が出るとは思ってもみませんでした。

相手を叩くのではなく、良いことは良いと言う、互いに励まし合う社会が今必要とされているのかもしれません。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

モノクロ散歩

100501
E-P1 M ZUIKO D 17mm f2.8

時々カメラのモードをモノクロにして散歩に出かけます。デジカメですから、撮影した後からモノクロにすることもできますが、初めからモノクロにしておいたからこそ撮った、という被写体もあるものです。

どうしてかというと、最初からモノクロにしておくと、頭の中の感覚がモノクロモードになります。そうすると光の陰影に目がとまったり、この風景がモノクロになったらどうだろう、というように想像力が働きます。これがモノクロ独特の楽しみであり、味なのだと思います。

わたしのカメラにはラフモノクロームという、誰が撮っても森山大道さんの写真のように写るフィルターが内蔵されていますが、あえてそれは使わずに、普通のモノクロに微調整をして撮っています。

花の季節、春にモノクロというのはちょつと「?」かもしれませんが、ちょっと変わったものが好きな私にはぴったりかもしれません。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »