« ちょい試練 | トップページ | いっぽさがってみえるもの・・・ »

2010年5月13日 (木)

電子化

100513
E-3 ZUMMILUX 25mm f1.4

最近、ツイッターで知り合った方の紹介で、一冊の電子書籍をダウンロードし、移動の途中にiPhoneで読んでいます。文字データという硬い感じではなく、本を読む感覚に近い感じで読ことができます。文字も見やすいですし、なんといっても無料でダウンロードができました。

しかしこれが本なので割合い客観的でいられますが、音楽のデジタル化のことになると、少々ナイーブになります。

まずレコードがCDになった時点で、A面、B面、というストーリーがなくなりました。MIDIやハードディスクレコーディングが普及し、プライベートスタジオでのレコーディングが増えて、レコーディングスタジオの使い方も変わりました。わたしがスタジオミュージシャンの仕事をしていた頃に比べたら、ミュージシャン事情も様変わりしています。

そしてダウンロードが盛んになり、CDが売れない時代になりましたが、ダウンロードに関してもあまり景気の良い話しは聞きません。電子化によって音楽業界は大変困難な時代を迎えています。

アルバムから曲単位のダウンロードと、情報のニーズがマイクロ化してきているわけです。そのうち好きなイントロとかサビとかだけを分割ダウンロードして、リミックスをするのが主流、なんていうことになるのかもしれません。

何年か先に、「この曲って最初は人間が作ったらしい」なんて会話もあるのかなあ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« ちょい試練 | トップページ | いっぽさがってみえるもの・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

電子音ばかりってなんだか味気ないですよね(ノ_-。)
声はでコンピューターなんてのもあるので、もしかしたら、コンピューターが曲作りなんてのも現実に近づいてるのかも…

投稿: ちゃも | 2010年5月13日 (木) 08時43分

ちゃもさん
今は電子音というよりも、リアルな音も凄いです。例えば3本のホーンセクションがあるとすると、2本は打ち込みで、1本を本物の録音にするとちょっと聴いただけでは3本共生の感じに聴こえます。
また作曲のソフトもすでにありそうですし、メロディーを自動的にアレンジしてくれるなんていうソフトもあると思いますよ。

投稿: ぶち | 2010年5月13日 (木) 08時50分

本を読みながらしばしば戻ったりして確認しながら読んだり
好きな言い回しのところをまた見たり
そんな読み方する私には
電子本は向かないです。
活用できる人には便利なのでしょうね。

音楽も作り方、提供する形、いずれも「生身の」温かさから遠ざかるようで心配です。

技術によって助けられ、誰でもミュージシャンになれる時代になりましたからうれしくもありますが。

しかし電子機械を使えるものがいい音楽を作れるならば
ミュージシャンの定義ってなんでしょうね。

投稿: めりー | 2010年5月13日 (木) 10時19分

めりーさん
電子書籍ですが、慣れれば便利そうですよ。わたしは比較的こういう物に向いているというのか、好奇心で踏み込んで行くタイプですね。

音楽関係の機材は以前に比べると夢のようです。しかし手軽になったということは、ソフトがより問われるということでもあります。
ミュージシャンの定義のひとつは「ゆらぎ」かも。

投稿: ぶち | 2010年5月13日 (木) 10時49分

そのうち「ゆらぎ」も解析されたりして・・・・。
「ロック的ゆらぎ」「ジャズ的ゆらぎ」フィルターなんてことに。

投稿: 春太郎 | 2010年5月13日 (木) 12時43分

春太郎さん
実際打ち込み関係ではノリを出すために微妙にタイミングをずらしたりします。それができるかどうかなんですよね。

投稿: ぶち | 2010年5月13日 (木) 13時14分

個人の癖さえコンピューターに記憶させて
岩渕まこと風ゆらぎとか
そんなことまでしちゃったりして!

おおコワ!

投稿: めりー | 2010年5月13日 (木) 18時49分

以前、京大の教授で、囲碁の対戦ソフトを研究している先生とお話ししたことがありました。
囲碁ではコンピューターが人間よりも弱いんだそうです。それはまさに人間のゆらぎというか、思いつきのようなもの にコンピューターがついていけないから、とのことでした。

投稿: ぶち | 2010年5月13日 (木) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/34669103

この記事へのトラックバック一覧です: 電子化:

« ちょい試練 | トップページ | いっぽさがってみえるもの・・・ »