« 今日からオキナワン | トップページ | まこと時間 »

2010年5月29日 (土)

LIVE AT THE TROUBADOUR

100529
E-P1 MZD 17mm f2.8

今回の旅のお伴には「CAROLE KING&JAMES TAYLOR」のLIVEアルバム「LIVE AT THE TROUBADOUR」をiPhoneに入れてきました。

先日武道館で二人のコンサートを聴いたばかりですが、このアルバムが出ていることを知って、即注文しました。CDとDVDのセットを買ったのですが、仕事の合間にDVDの方は待てずに観てしまいました。

ロスにある「TROUBADOUR」というお店で収録されたもので、トークには日本語訳字幕が用意されているので、英語のわからないわたしにもとても興味深い内容になっています。

このお店は当時多くのミュージシャンが出会ったり、交流を深めるのに重要な役割を担っていたようです。DVDを観ながらまた涙ぐんでしまったわたし。この二人がいなければ生まれてこなかった音楽が確実にあります。やっぱり大きな影響を受けているのだなあと改めて思っています。

「音楽ってこうなんだよなあ!」と感じさせてくれる素敵なアルバムですよ。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« 今日からオキナワン | トップページ | まこと時間 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ジャズシンガー
 速攻、アマゾンで注文しました(便利な世の中ですね)。ところで、先日の歌声ペトラに、応援団の食事会でお会いしたジャズボーカルを歌われるという方が来られていて、初参加ということで、私は(2回目の)先輩ということで、楽譜のことなど教えてあげたり100番以上の歌本が足りなかったので、一緒に見せてもらったり、市原さんの司会進行でまた楽しい時をすごさせていただいたのですが、その時教えていただいた彼女のHPを見て、さっそくCD(またまたアマゾンのお世話に)を取り寄せて聴いてみたのですが、喩えてみるとビロードのような柔らかで上品な落ちついたすばらしい歌声でした。そんな本物のプロのジャズシンガーと並んで、音程もままならぬ私が先輩顔で共に歌っていたと思うと赤面の思いでした。ある時彼女がライブで歌ったアメージング・グレースの意味をお客さんから訊かれた時に、ちゃんと説明できなかったので、教会の牧師に教えてもらうために行ったのがクリスチャンになったきっかけということでした。さっそく、もう一人のすばらしいアメージング・グレースの歌い手の塩谷さんの新版「ゴスペルの本」(私、カスタマーレビュー書きました)と、次回のいのちのことば社チャペルでの塩渕ライブをお勧めしておきました。それでは、沖縄ツアーが守られますように。

投稿: 草加のシュン | 2010年5月29日 (土) 08時58分

草加のしゅんさん
沖縄は大雨です。コンサートまでに小降りになってくれればよいのですが・・・。わたしもアマゾンで買いました。本当に便利ですね。

投稿: ぶち | 2010年5月29日 (土) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/34908133

この記事へのトラックバック一覧です: LIVE AT THE TROUBADOUR:

« 今日からオキナワン | トップページ | まこと時間 »