« 音で遊ぶか、ことばで遊ぶか | トップページ | ソラの空 »

2010年6月12日 (土)

PAUL SIMON and Friends

100612
E-P1 ZD 35mm f3.5 Macro

ポールサイモン。この名前はわたしの音楽の道筋に大きな影響を与えた名前です。中学時代にPPMのスリーフィンガー奏法をコピーすることに夢中だったわたしを、次のステップに進ませてくれたのが、サイモン&ガーファンクルでした。アイアムアロック、四月になれば彼女は、ミセスロビンソン、ボクサー、と個性的な曲のひとつひとつ、その音楽に魅了されていきました。

先日ある方から結婚記念日のお祝いにと素敵なDVDをプレゼントしていただきました。それは「PAUL SIMON and Friends」というタイトルです。このDVDは20世紀のアメリカで数々の名曲を世に送り出したガーシュイン兄弟にちなんで、その名に相応しいアーティストのために創設された、「ガーシュイン・プライズ・フォー・ポピュラー・ソング」という賞の第一回の授賞記念コンサートが収録されています。もちろん受賞者はポールサイモンです。

ポールサイモンが登場する前に、沢山のアーティストがポールサイモンの曲を歌っています。アリソン・クラウス、スティーヴン・マーリー、ジェイムス・テイラー、などなど素晴らしい内容です。

実はわたしが一番触発されるアーティストがポールサイモンです。DVDを観ながら、曲を作りたいという気持ちがフツフツとしてきました。人種や文化を越えた音楽を作り続けてきたポールサイモンに敬意を表したい気持ちです。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX

http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« 音で遊ぶか、ことばで遊ぶか | トップページ | ソラの空 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「明日に架ける橋」
私も高校生の頃を思い浮かべるとS&Gのサウンド・オブ・サイレンスなど彼らのサウンドが甦ってきます(ビートルズよりもS&G派でした)。3年ほど前にNHKで「明日に架ける橋」のドキュメント番組でがあって興味深かったです。1970年に発表され世界的大ヒットとなり1000万枚以上のセールスを記録しグラミー賞最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を獲得した 「明日に架ける橋」は、ポール・サイモンがある黒人のゴスペルソングにinspireされてできた曲だということでした。(歌詞もゴスペルそのものの内容ですよね--3番のSail on silver girlは意味不明ですが?)。ポールは、S&G解散後、南アフリカのミュージシャンとの交流を深め、音楽で、アパルトヘイト(人種差別政策)解放運動にも大きく関わったようです。迫害下の南アの黒人たちは地下で深夜より集まって小さい声で「明日に架ける橋」をゴスペルソングとして口ずさみ励ましあったとのことで、現在でも南アの教会のクワイアによってゴスペルとして歌い継がれている様子がテレビで放映されました。
「When you're weary, feeling small、When tears are in your eyes,
I will dry them all-----」
>人種や文化を越えた音楽を作り続けてきたポールサイモンに敬意を表したい
God Bless Youプロジェクトを見ていると、音楽(賛美)の力を本当に感じます。人類の言語はもともと一つでしたが、罪のために主は「ことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう(創世記11:7)」とされて、人は無数の民族・言語に分裂し、ますます争いが起こるようになりましたが、音楽は民族・言語の垣根を越えて散らされた人々の心をいま一度結びつけようとする強い力を秘めていますね。

投稿: 草加のシュン | 2010年6月12日 (土) 11時28分

タイトルを見て『ナイト・オブ・ゴスペル・グローリィ』の方かと思いました。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A3-DVD-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA/dp/B000KRNI34

ご紹介いただいたものも買わなくっちゃ(^^)

投稿: ロン | 2010年6月12日 (土) 21時46分

草加のシュンさん
以前ポールサイモンという本を読みましたが、明日に架ける橋の出来上がるいきさつが書いてありました。1番と2番はゴスペルに影響を受けて書いたのですが、3番は後で付け足したということです。DVDではポールとアートガーファンクルが目を合わせませんが、本を読むと何故かがわかります。

ロンさん
このDVDはポールサイモンが司会をしているゴスペルコンサートですか。以前ビデオでそんな内容のものを見ました。

投稿: ぶち | 2010年6月12日 (土) 23時13分

ぶちさん

そうです、そうです(^^)

投稿: ロン | 2010年6月14日 (月) 23時05分

ロンさん

あの司会をしているポールサイモンが好きです。最後にふたりの体格の大きなシンガーとハグして、ポールサイモンが見えなくなるのとか最高。
あるプロモーターから聞いた話ですが、来日したアーティストで一番良い人はポールサイモンだったそうです。そして最悪だったのが、・・・・・だそうです。

投稿: ぶち | 2010年6月15日 (火) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/35216638

この記事へのトラックバック一覧です: PAUL SIMON and Friends:

« 音で遊ぶか、ことばで遊ぶか | トップページ | ソラの空 »