« 音楽の為の準備 | トップページ | 響き合い »

2010年7月30日 (金)

音を楽しむ

100730
GRDⅡ

以前学校の授業で「音楽は音を楽しむことです」というような言葉を聞いたような気がします。

自分がプロという場面に身を置いた時からある意味それとは正反対の所に長くいたような気がします。最初の頃は右も左もわからずに、アマチュアを引きずったままこの世界に入りました。

その後演奏活動を続けているうちに、正確な演奏とか確実な演奏とかいう事が自分の中でテーマになってきました。これも大切なことではあります。

しかし気がつくと音楽とは離れた所で意気込んでいる自分を見つけることがあります。まるで音楽を武器に、闘う人でもあるかのようになっている状態です。音楽そのものよりも、音楽を乗せるステージや構成ばかりに心が持って行かれ、音楽がないがしろになっている、なんていうこともありました。

それが最近やっと音楽の楽しさがわかるようになってきました。音楽がどれだけ人の心を慰め励ますものかがわかってきました。「わからないで歌っていたの〜」という大合唱が聴こえてきます(笑)。

ミュージシャンと言っても「音楽職人」であるのか「奏でる人」であるのかという違いがあるように思います。職人としての技を磨くことも奏でることを身につけることも、どちらも難しいことです。本来プロとは両方を兼ね備えている人の事を言うのでしょうね。

そんなミュージシャンとしての変化を感じながら、今夜は歌い弾きます。新しい世界への一歩は怖さもありますが、歓喜はその向こうにあります。少しでもでも本来の音楽に近づく夜となりますように。そして音楽という大切な時にご一緒できますように。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
岩渕まこと/ペトラストリート+ LIVE@三軒茶屋ラヂオデイズ 7月30日(金)

出演 岩渕まこと/ペトラストリート+
岩渕まこと 市原康 西原悟 谷源昌 宮池正子 大谷よしみ 岩渕由美子

Open 18:30 Start 19:30 3000円(ドリンク・フード別)

予約とお問い合わせ
三軒茶屋 ラヂオデイズ
http://www003.upp.so-net.ne.jp/kei_music/radiodays.html
Tel,Fax 03-3414-5131

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

東書WEBショップ MAKOTO BOX
http://shop.tokyo-shoseki.co.jp/shopap/feature/theme0072/

星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« 音楽の為の準備 | トップページ | 響き合い »

音楽」カテゴリの記事

コメント

自分がOne of themの時は楽しめるんだけど、

ひとりで人前に立つと、そうじゃなくなっちゃうのよね。

自分を縛っている不思議な魔法から早く解き放たれたいでしゅ。

投稿: みか | 2010年7月30日 (金) 10時45分

みかさん
そうですよね。そこでリラックスできるかが勝負かもしれません。最近のわたしはその辺をうろうろしています。

投稿: ぶち | 2010年7月30日 (金) 11時38分

今も学校で教えてるんでしょかね?

「音子」音を楽しむ子供達。
中学生が自分達で考えて命名した名前なんです。

しかし、音楽職人に憧れる子供達。
まずは、もっと楽しんでほしいのですが・・・、
自分も同じでしたね(笑)
音楽を再確認です。

投稿: demuchin | 2010年7月31日 (土) 02時59分

今夜?昨夜?(30日 金曜日)のLIVEは、新鮮な音色・心音は、私の「ハンモック」でした。
演奏者・コーラスの誰もが、「温かく・優しい眼差し」
そして、岩淵さんのMCを聞き「人の孤独」と向き合い、受け止めてこられた方なのかな・・・と思わずにいられない程、ユーモアでウルウルしながら笑えてしまう温かさを分けてもらいました。
+で、これからも聴き続け・観続けたいな~wink
最後に「バク」の歌・曲は是非CD化して欲しいです。
老若男女問わず、推薦しま~す!!

投稿: イルカルカ | 2010年7月31日 (土) 04時14分

demuchinさん
「音子」ですか。なるほどです。時々スポーツ選手が試合の前に「楽しみます」と言っているのを聞くと違和感を持っていたのですが、本当はそれで良いのだと思うようになりました。楽しむ事は決して良くないことではないんですよね。それは物事の本質に近い所にある大切な事のように思います。


イルカルカさん
ありがとうございます。コメントで昨夜の空気をすべて表現していただいたような気持ちがします。わたし自信のことは良くわかりませんが、「+」の音は確実に新しい鼓動を感じさせてくれました。これからもよろしくお願いします。

投稿: ぶち | 2010年7月31日 (土) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/35951847

この記事へのトラックバック一覧です: 音を楽しむ:

« 音楽の為の準備 | トップページ | 響き合い »