« マンハッタン | トップページ | グランドゼロ »

2010年9月 3日 (金)

メトロポリタン

D6AA7B66-3295-46F8-9A51-ABF7E3A757BA

今日は一日フリーだったので、マンハッタンに連れて行ってもらいました。

午前中にメトロポリタン美術館に行きましたが、その規模に驚くやら呆れるやら、足を棒にする覚悟で一日がかりが出かけるのがよろしいようです。

美術館でさらに驚いたのがカメラでの撮影がOKな事。日本では有り得ないと思いました。さらに美術品、特に絵画には何の規制もなく間近に観賞する事ができるという事も驚きでした。

そこでわたしはふと性善説と性悪説の事を考えました。

日本では性善説なので、人は美術品に悪さをしないはずですが、それが信じられないので規制をして守ります。アメリカでは性悪説なのに規制はありません。それは何故か?

私はこう考えました。それはアメリカでは人間というものを信用していないからこそ、美術品の価値や観賞のルールをきちっりと教えているのだろう。

性善説の日本は人が人間の自己規制が崩れたら、大袈裟に言えば国がお終いです。アメリカでは性悪説だからこそキリスト教に代表されるように罪を教え、個人の責任を明確にして社会を築いています。

文化的には西洋を受け入れた日本人も、性悪説を自分の事として今一度考えてみる事も必要かもしれませんね。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

★CD「ペトラ通り」の試聴が始まりました。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« マンハッタン | トップページ | グランドゼロ »

」カテゴリの記事

コメント

面白い記事です。こないだ浅草に行ったのですが、マルベル堂(?)のお店の前に「撮影禁止」ってでてましたね。シャターがしまったあとその張り紙がなくなっていたので、お店の雰囲気を撮ってきました。ポストカードが売れなくなるなんて思っているのでしょうか・・あるいは、どこもそうだからなのか??
こちらは相変わらず暑いのですが、そちらはいかがでしょう?

投稿: くろp | 2010年9月 4日 (土) 17時53分

先日お会いしたのに、、、もう一週間も経ってしまったんですね。そして今はニューヨークですか・・・
何だか時間が経つのは本当に早いなぁ~と思いにふけっております。
美術館はいかがでしたか?
足が棒になっていなければ良いのですが・・・

登別は残暑が厳しく、今日も家族揃って汗臭い一日でした。アイスが欠かせない日々はもう少し続きそうです。

投稿: しんや | 2010年9月 4日 (土) 18時00分

くろpさん

マルベル堂ってなんですか?普通のお店が撮影禁止って普通じゃないですね。
美術館の絵を撮影できる件ですが、考えてみればいくら頑張って撮っても本物とはまったく違うし、どうせ絵は買えませんしね。合理的ってことでしょうか。

しんやさん
そうですね、あれからまだ一週間なんですね。
今日から宿泊するところも、温泉があるらしいです。
温泉な今日この頃です。

投稿: ぶち | 2010年9月 4日 (土) 19時39分

メトロポリタン。私もいつか必ず行ってみたいです。
日本は今ホントにひとがひとを信じられない。こころ閉ざしてしまっているひとが多いように思います。
西洋文化って、クラッシックにしてもオペラなんかもキリスト教から派生したんですよね。アメリカは大統領就任式ではバイブルに手を置き宣誓するわけですし。

自己責任も勘違いしているひとが多いです。日本人のかつてよかったのは、思いやりであり、助け合いであり、寛容ももちあわせていたところです。今や、それはどんどんなくなっています。「損得勘定」をまずもって考えてしまうからです。
愛があれば損も得も関係ありません。性悪なのに他者のせいにできてしまう。まことが意味もたないような社会に思えてなりません。

あくまで私の概念です。特に東京で感じます。拝金主義、あまりにも。

投稿: 山枡 のぶお | 2010年9月 5日 (日) 08時43分

ぼくはブロマイドと思っていたら、プロマイドとありました。ブチさんも売られていた?かな??
http://promide.com/#here

先週は中華街に行ったのですが、そこでもお土産やさんの中は、「撮影禁止」の文字。中国茶房のなかでやっと「フラッシュ禁止」・・どこかの遊園地みたいだなと思って、写真撮ってました。

投稿: くろp | 2010年9月 5日 (日) 09時35分

西洋では、絵画も音楽も自分たちの文化。自分たちのものなのです。より多くの方々に触れてもらいたい遺産なのです。だから、無料で美術館に入れたり、安い値段で良い音楽を沢山聞けるようです。

写真だけでなくて美術館内でのデッサンもOK. 美術が好きな人たちが良く絵をデッサンしていました。幼稚園や小学校からも沢山の子供達が課外授業で美術館を訪れています。小さい頃から良いものに触れる環境があって本当に羨ましい限りでした。

メトロポリタン、毎日通いました

投稿: みか | 2010年9月13日 (月) 18時16分

みかさん
所変わればですね。そういう意味で今回は良い経験をしました。
文化を生み出す事も、それを守り管理する事も大切な事業ですね。

投稿: ぶち | 2010年9月13日 (月) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/36533231

この記事へのトラックバック一覧です: メトロポリタン:

« マンハッタン | トップページ | グランドゼロ »