« 昼夜逆転 | トップページ | 怪魚物語 »

2010年9月 6日 (月)

ミルキーウエイ

38E7C5FD-F8A2-4B24-AAE0-9F9C4167AAC5

星を観に外へ出るなんて久しぶりのことです。昨夜ホテルの庭に出てみました。所々に灯りがあるので真っ暗ではないのですが、明かりを避けて上を見上げると、天の川が架かっていました。

普段は自分たちの発する光で塗りつぶしている夜空に、こんなに沢山の星があることを改めて実感。眠らない街と夜空の星とどちらが贅沢なのかなあ、と考える。

眠らない街は人にとっては便利。夜空の星は人間のサイズを教えてくれる。そして人は現実のサイズを越えた世界を内に描けることに気づかせてくれたような・・・。

わたしは「星を撮ってやろう」と考えカメラを持参しましたが素手で星が撮れるわけがないですね。カメラには闇が写っていました。わたしは「星は簡単じゃないや」とホテルの灯り達を写してみました。

結局わたしは光と遊んでいたわけですが、真っ昼間にはこんな陰影はないなあ、とひとりごとを言っていました。

昼には昼の物語が、夜には夜の物語があって、わたしたちは銀行の金庫に入りきらないほどの宝物をもらっているのかもしれないなあ、とひとりごとを言っていました。

夜空を眺めに行っただけで、どうやら頭の中にプラネタリウムが回り始めたようで、あれやらこれやらぶつぶつ言い出したわたし。ことばのかけらが頭の壁に張り付いてゆきます。

詩人という人たちはプラネタリウムを沢山持っている人たちなんでしょうかね・・・。

そろそろ夜が明けてきました。久しぶりに朝まで眠れた朝に、夕べの星のかけらが頭の中でキラッキラッしているんです。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

★CD「ペトラ通り」の試聴が始まりました。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« 昼夜逆転 | トップページ | 怪魚物語 »

」カテゴリの記事

コメント

日記の中にすてきで深い言葉がちりばめられていて
いちいちうなずきながら読んでました。

子どもの時
温かいお茶を持って公園にあつまり
みんなで寝転んで星の観察したっけな~
夜空に吸い込まれそうになって怖かった…
奥の奥の、星のうしろの暗く深いところまで見えたから。
もうすぐ死を迎える星がやたらと明るく大きく光るのも見た。
なんか怖かったです。

それにしてもこの写真。
私は携帯からみているんで小さい画面でしか見てないけど
メルヘン童話の挿し絵のような
光と線と面の芸術ですね。
神様の作品には勝てないけど
「人の作るもの」の美しさも
すごくいいです。

投稿: めりー | 2010年9月 6日 (月) 20時16分

今日のブログ なんだか素敵な絵本を読んでいるよう・・♪
ぶちさんもたくさんのプラネタリウムをもっていらっしゃるスペシャリストの1人だとおもうなぁ♪

投稿: やこちゃん | 2010年9月 6日 (月) 23時10分

"結局わたしは光と遊んでいたわけですが、真っ昼間にはこんな陰影はないなあ"
このひとりごと。いいですねw
ヨブ記の「われわれの世にある日は、影のよう」を、切取った感じですね。

投稿: demuchin | 2010年9月 7日 (火) 00時47分

“昼には昼の物語が、夜には夜の物語があって、わたしたちは銀行の金庫に入りきらないほどの宝物をもらっているのかもしれないなあ、とひとりごとを言っていました。”


なんだか歌になりそうなひとり言ですね。

夜空を写真に撮るのは難しそうですね。

先日、娘が、通信教育の付録についていたインスタントカメラみたいなカメラで、一生懸命、月を撮ったのですが、現像・プリントに出したら、それらは全部没にされていました。
何が映っていたか、お店の方にはわからなかったのでしょうね。

ヘブルの1日は日没から始まるのですよね。
聖書の世界は、まず闇があって、そこに光を当てられる神様の存在があるのだなあ、とぶちさんの写真を見ながら思いました。

投稿: ♪Sunny | 2010年9月 7日 (火) 01時33分

めりーさん
夜空の奥の暗く深いところってすごいなあ。
普段のわたしたちがぐっと近くだけを見て暮らしているもんなあ。
及びもつかないことだらけなんだ、ほんとは、ですね。

やこちゃんさん
うわ!ついついその気になってしまいそう。絵本作家を目指すか・・・。いわぶちアホ君!

demuchinさん
なにげないつぶやきを深くしてくださってありがとうございます。時には大自然の中で自分のちっぽけなことを確認するのも、良いリフレッシュだなあと思いました。

♪Sunnyさん
そうそう聖書の一日はそうとう面白いです。聖書の一日ということは神が創造した考え方ということですもんね。
夕があり朝があった、というのは相当好きです。
娘さん、がっかりしただろうなあ。写真屋さんは親切でボツにしてくれたんでしょうが、何が写っていたのか、何が写っていなかったのかは知りたいですよね。

投稿: ぶち | 2010年9月 7日 (火) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/36575136

この記事へのトラックバック一覧です: ミルキーウエイ:

« 昼夜逆転 | トップページ | 怪魚物語 »