« 水上散歩 | トップページ | 五島列島 »

2010年9月23日 (木)

テゼ共同体

ダッカから車で4時間ほど北上した所にあるのがマルメイシンという街です。車で4時間と言っても、ダッカ市内を抜けるまでのものすごい渋滞や、悪路、昼食などの時間を入れてなので、距離にしたら100Kmはないかもしれません。

わたしたちがマルメイシンに行く事を知った方から、テゼ共同体の礼拝があるので出席してみないか、とのお誘いを受けました。

街に着いたわたしたちはまずホテルにチェックインをしました。ホテルの前の様子です。

100923maineishin
E-3 ZD 14-54mm f2.8-3.5

慌ただしくチェックインをすませて向かったテゼ共同体の礼拝堂は大きな川のそばにあり、市民が憩う広場に隣接していました。

100923taizegate
E-3 ZD 14-54mm f2.8-3.5

100923taizegarden
E-3 ZD 14-54mm f2.8-3.5

わたしたちが礼拝堂に入った時にはすでに礼拝が始まっていました。もちろんクーラーなどはなく天井に大型の扇風機がゆっくりと羽を回しています。

すでに人々で一杯の礼拝堂になんとか場所を確保してわたしたちも礼拝に加わりました。礼拝の様式はカソリックのように感じられました。テゼ共同体自身はカソリックとプロテスタントの区別はなく、その地域の礼拝スタイルを重んじる形式で礼拝を捧げるとのことでした。

賛美歌の伴奏にはハルモニウムが使われていました。他にタブラなども使われており、土地の文化を取り込んだ演奏になっています。

テゼ共同体では献金はありません。司祭や牧師の生活はそれぞれが働いて支えているとのことです。

100923taizeholl
E-3 ZD 14-54mm f2.8-3.5

静けさと会堂の雰囲気、独特の音楽に、わたしは自分が映画の中に入ってしまたような気持ちになりました。礼拝の終わりの賛美歌はなんと日本語です。その歌を皆さんが歌っています。おそらくいつも礼拝に集っている人々の国のことばで賛美歌が歌われているのだと思います。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
東書WEBショップ MAKOTO BOX
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

★CD「ペトラ通り」の試聴が始まりました。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””




|

« 水上散歩 | トップページ | 五島列島 »

」カテゴリの記事

コメント

以前マイメンシンのテゼに滞在していたことがあり、懐かしく読ませていただきました!

写真からすると、参加なさったのは、水曜日の午後にテゼの教会で行われるカトリックのミサではないでしょうか。

この教会はテゼ共同体が確かカトリックから借り受けたもの。そのため週に一度ミサが行われ、たくさんの人が集まります。

普段は、こんなにたくさんはいなくて、4-5名のブラザーといわれる修道士たちと敷地内に一緒に住む少数民族の若者たち、そしてテゼで働くNGO医療ワーカーの日本人たちが毎日朝昼晩とテゼのスタイルでお祈りしています。

普段から日本人が頻繁に訪れる場所なので、行くと日本語の歌で迎えてくれます。

投稿: Cecil | 2010年9月23日 (木) 19時27分

Cecilさん
まさに水曜の夕方でした。これはカトリックのミサなんですね。
日本語の歌のこともなるほど理解しました。
情報をありがとうございます。

投稿: ぶち | 2010年9月23日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/36883056

この記事へのトラックバック一覧です: テゼ共同体:

« 水上散歩 | トップページ | 五島列島 »