« 今夜は本家歌声ペトラだよお! | トップページ | ファインダー »

2010年10月27日 (水)

笑いのシャボン玉

昨夜の歌声ペトラはなんだか笑ってしまった。

今月の曲の詩を紹介するところで、通称「朗読シスターズ」のろれつが回らなくて自滅してしまい、会場からも失笑が。気を取り直して取り組んだ二度目の朗読も破綻。最後は会場の皆様も一緒に朗読していただくということになりました。

この時に生まれた「笑いのシャボン玉」が最後まで歌声の中に浮遊していたようで、いつもよりも笑い声が目立つ歌声ペトラだったような感じがしています。

まあ、司会の市原氏の軽妙?絶妙?、なんだかわからない「天然の不始末」みたいな司会がいっそう拍車をかけていたことは間違いがないでしょう。

「天然の不始末」なんてなんともひどい表現をしておりますが、市原氏とは30年近いおつきあいで、わたしは彼の顔を見るとなぜか心にもない?ひどい言葉をかけたくなるという摩訶不思議なお方です。

本家歌声ペトラではこの市原氏の司会が名物になっていることは間違いがないでしょう。歌声ペトラは1週間程Ustreamのアーカイブでご覧いただけます→LINK

ところで歌声ペトラの司会をしている市原氏の姿を見て、彼の職業を当てられる人はまずないでしょう。小さなトイザラスで買ったようなタンバリンを叩きながら司会をする彼はかなり「オカシナヒト」です。

なぜここまで市原氏のことをいじってきたのかというと、今月彼のユニット「TRIO'」のライブアルバムがリリースされるからです。ピアノ福田重男、ベース森泰人、そしてドラム市原康のまさに「TRIO'」。

101027001

 

今年の5月のツアーからのライブ録音のアルバムのサウンドは、気持ちの良いスピード感を感じさせられる仕上がりになっています。ぱっと聴き、とても聴きやすい感じがするのですが、ある種の明るさというか軽快さがそんな気持ちにさせてくれるのかもしれません。

大胆と繊細がバランスよく表現されているすばらしいアルバムだと思います。改めて音楽の文字「音を楽しむ」ということに戻らせてくれるように思います。JAZZを聴いてこんな事を感じるのは珍しいかなあ。

そしてもうすぐ「TRIO'」の秋のツアーがはじまります。詳細はこちらからご覧いただけます。→LINK

このアルバムを聴いてでかける秋のライブは良さそうだなあ〜。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

東書WEBショップ MAKOTO BOX
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

★CD「ペトラ通り」の試聴が始まりました。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« 今夜は本家歌声ペトラだよお! | トップページ | ファインダー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/37408795

この記事へのトラックバック一覧です: 笑いのシャボン玉:

« 今夜は本家歌声ペトラだよお! | トップページ | ファインダー »