« 小さなお祭り | トップページ | ウッドシェット »

2010年12月22日 (水)

男の隠れ家

まこと応援団の団員でもあり、ブログのコメントでもおなじみの、SのSさんからプレゼントをいただきました。

それは「男の隠れ家」一月号です。なんとこれが「ロック&ポップスを産んだ 黒人音楽の世界」というタイトルです。

101222
E-P1 LUMIX 20mm f1.7

中を開くと私の好きなピーターバラカンさんの解説から始まっています。まだちゃんと読んではいませんが、ブラックゴスペルというよりはブラックミュージックの世界がいろいろと解説されていて、とても興味深い内容です。

SのSさんがこんなことを言っていました。「この本を読めば塩谷達也さんと互角に渡り合えるかも知れませんね(笑)」。もちろんジョークですが一度渡り合うのも面白いですね。声量で負けるだろうな〜。

一月号の「男の隠れ家」店頭では入手しにくくなっているとの噂もあります。興味のある方は書店に駆けつけてみてはいかがですか。

それから1月8日の相田みつを美術館での星野富弘さんの作品を歌うコンサートの情報ですが、事前に申し込みが必要で、期限が12月25日とのことです。こちらも興味のある方はお急ぎください。

今日から軽井沢、宮城の古川、新潟の五泉、高田とコンサートが続きます。土日は寒くなるらしいですね。29日にはゴスペルリンキングに出演します。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””                   

東書WEBショップ MAKOTO BOX
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

期間限定無料ダウンロード  http://bit.ly/i9OQBG  

★CD「ペトラ通り」の試聴が始まりました。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« 小さなお祭り | トップページ | ウッドシェット »

音楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして。いつもブログを拝見させて頂いております。
カテゴリーを前後するのですが、新松戸(ここは古いですが)と豊四季に教会が建ち、岩淵さんがその時の記事を書いて下さり、感謝します。可愛い和菓子、良かったですね。
私は、以前にそこに住んでいた者でして、今は郷里の北海道に帰りまして、なかなか上京することも出来ずにおりますから、とても嬉しく拝見しました。
また、登別のT兄の教会にも、10年ぶりに行ったと聞き、なんだか嬉しくなりました。(あの頃はS町でもコンサートをして頂き、感謝しています。縁あって、T兄にはお世話になってます。)これからのコンサートの上にも神のご加護と祝福をお祈りしています。      在主

投稿: MIYASHITA | 2010年12月22日 (水) 10時36分

MIYASHITAさん
コメントをありがとうございます。S町ってどこだ?としばし考えましたがわかりませんでした。北海道はたまにしか行く機会がありません。大好きなんですが・・・。

投稿: ぶち | 2010年12月22日 (水) 10時50分

世界中の音楽のルーツは、賛美
   音楽に興味をもってから、これまで衝撃的な発見が二つありました。1つは森祐理さんのCD「心のふるさと〜童謡から讃美歌へ」、DVD「永久のふるさと」(これは最近完成したばかりです、歴史的資料としても、音楽DVDとしてもすばらしいです。いのちのことば社)から、知ったのですが、日本人のこころのふるさとというべき小学唱歌は、ほとんど讃美歌のメロディーに日本的な歌詞をつけたものであること。日本人のこころともいうべき一番日本的な抒情を唱った「赤とんぼ」「ふるさと」がいずれもクリスチャンによる作品であり、福音的なメッセージが込められていること。もうひとつは、塩谷達也さんの名著「ゴスペルの本」その他(この雑誌も掘り出し物です)を通して、現代のポップスのほとんど、R&B、ブルース、フォーク、カントリー、ロック、ジャズが、そのルーツをたどっていくと、ゴスペル、黒人霊歌にたどりつくという事。クラシック音楽は、もちろんキリスト教会音楽がベースですから、そうしてみると、この世界中で耳にする音楽は、賛美ということになります。すごいことですね、日本のクリスチャンにとっても大いなる励みです。ハレルヤ。

投稿: 草加のシュン | 2010年12月22日 (水) 19時27分

ぶちさんスミマセンでした。登別を書き込んでおきながら、わが町静内を書かないなんて…ここを開く前に、はたと気づき謝ろうと思いましたら、ぶちさんの書き込みの方が早かったです。(^.^;)お許しください。かつては小坂さんと共に何度か来て頂きましたね。と言うわけで、静内(現新ひだか町)です。その時、ぶちさんが1W滞在されたお宅のA・K師とは、とても仲良くしていただいております。先生は、今、ネットをされてませんので、このHP見て頂けないのがとても残念です。今度お会いしたら、はっぱかけてみたいと(笑)思います。
草加のシュンさんのコメント、とても良いですね。参考になりました。
ぶちさんの写真・ぶちの動画楽しみに開いてます。  在主

投稿: MIYASHITA | 2010年12月23日 (木) 05時18分

草加のシュンさん
さすが追求型ですね。コメントを楽しみにしています。

MIYASHITAさん
静内ですか。ボーリングをしたことがありました。綺麗なところですね。

投稿: ぶち | 2010年12月24日 (金) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/38169193

この記事へのトラックバック一覧です: 男の隠れ家:

« 小さなお祭り | トップページ | ウッドシェット »