« 音楽館 | トップページ | 大みか饅頭 »

2010年12月11日 (土)

日立

101211
E-410 ZUMMILUX 25mm f1.4

今日は久しぶりに日立に行きます。日立はわたしにとって思い出深い町なんです。昨年出版した「気分は各駅停車」を読んで下さった方はご存知ですが、20歳前後に約1ヶ月程日立に住んでいたことがあるんです。

高校を中退したわたしはアルバイトを始めたのですが、それは表札を売る仕事でした。普通の表札ではなく、最近は見かけなくなった家族全員の名前が書いてある表札です。

表札を手提げ袋にいっぱいに詰めて、日立の町々を売り歩いたわけです。その時の町と人と海を忘れることができません。

今日のコンサートの会場は日立多賀にある市民会館です。わたしが逗留していた旅館は多賀駅のすぐそばでしたから、まさにストライクなロケーションです。

わたしが売った家族表札がまだ日立にはあるでしょうか。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””                          

東書WEBショップ MAKOTO BOX
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

★CD「ペトラ通り」の試聴が始まりました。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””


|

« 音楽館 | トップページ | 大みか饅頭 »

」カテゴリの記事

コメント

家族表札を売る男の物語
  「家族表札を売る男の物語」---その男から家族表札を買って、玄関に付けると、どの家でも散り々になっていた家族がまた戻ってきて、家族の団らんが回復するのでした。男は、「家族の回復」の祈りのこもった表札を売り歩いていたのでしたとさ----。すみません、昨日から、ストーリーモードがとまりません(笑い)。実は、私の母教会のファリミリークリスマスで壮年のスキットをやることになり、そのシナリオを書いた勢いが残っているようで。---会社をリストラされて絶望の淵にたっていた男が路上ミュージシャン岩渕(すみません勝手に名前を拝借)の歌で励まされ希望を見いだす感動的ストーリー-----。早くも、「草加の岩渕まこと」の夢がスキット上で実現!(自分勝手モードにならないよう気をつけねば)。今日もぶちさんのコンサートの上に主の栄光が輝きますように。

投稿: 草加のシュン | 2010年12月11日 (土) 09時51分

草加のシュンさん
ストーリーコメント面白いです。スキット観たいです。

投稿: ぶち | 2010年12月14日 (火) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/38032882

この記事へのトラックバック一覧です: 日立:

« 音楽館 | トップページ | 大みか饅頭 »