« Misa's Song Book | トップページ | サフランのうたコンサート »

2011年1月 6日 (木)

ROAD TO 武道館

110106
E-P1 M.17mm f2.8

神山みささんの旦那さんはチヨ君。サルーキ=のリードボーカルで皆様ご存知だと思います。

昨年のGOSPEL LINKINGのサルーキ=のステージをUstreamで聴きましたが、昨年の全国ツアーを越えてきた安定感が感じられました。

すでに大人のバンドという風情がかもしだされているサルーキ=ですが、ワンマンライブが1月15日にあります。会場は渋谷O-EAST。1000人規模のワンマンライブへの大挑戦というわけです。

大きい事が良い事かどうかはともかくとして、チャレンジしてゆく気持ちは人を元気にしてくれます。ぜひぜひご支援のほどよろしくお願い申しあげます。

詳細はこちらです。→サルーキ=1000人ワンマンライブ「ROAD TO 武道館二回戦」

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””                   

東書WEBショップ MAKOTO BOX
星野富弘さんとのコラボ作品の楽曲やピアノ伴奏譜がダウンロードできます。

期間限定無料ダウンロード  http://bit.ly/i9OQBG  

★CD「ペトラ通り」の試聴が始まりました。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

|

« Misa's Song Book | トップページ | サフランのうたコンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 主の愛を喜び叫べ
 私は、正直、最初は、サルーキ=のchiyoさんのパンクロック調のコスチューム、パフェーマンスをYouTubeの動画でチョットだけ見て、神山みささんの旦那さんとはいっても、チョット、私の好んで聴く音楽のジャンルとは違うかなとか、このような賛美が可能なのかなという尻込みする思いがありました。でも、先の2010.11.23神山みささんのワンマンライブのオープリングがサルーキ=のライブで、忌野清志郎ばりのchiyoさんのvocalの強烈なインパクだけでなく、Jesusの名のもとに、「闇は光に打ち勝たなかった」と連呼する痛快で見事な賛美を体験して、好きになりました。森モーリー剛さんのギターもカッコイイですね。てなことで、私も、ワンマンライブのチケット付きDVDを購入してしまいました。DVDは、2009.11.20の500人満員ライブの模様が収録されていますが、ホーンセクションまであって、多くのミュージシャンが共演して、贅沢な音色のなか、chiyoさんの今の拝金主義、心の貧しい世間を痛烈に諷刺し、本当の心の優しさを歌って立派な賛美でした。一度、国会の真ん中で、サルーキ=にライブしてもらうと少しは今の世の中も変わるかも!1.15は思い切ってジャンプしてシャウトするぞ(我ながら気持ちは若いと思います)!
「ダビデとイスラエルの全家は歌を歌い、立琴、琴、タンバリン、カスタネット、シンバルを鳴らして、主の前で、力の限り喜び踊った。」(Ⅱサムエル 6:5 )

投稿: 草加のシュン | 2011年1月 6日 (木) 23時00分

パフェーマンス→パフォーマンスに訂正。言葉がパンクロック調になってしまいました(笑)。

投稿: 草加のシュン | 2011年1月 6日 (木) 23時02分

草加のシュンさん
チヨはとても真面目な男です。最初に会ったのは星野さんの二枚目のアルバムのレコーディングの時です。
「生きているから」という曲に何人かのシンガーが加わってくれていますが、そのひとりがチヨでした。
応援よろしくお願いします。

投稿: ぶち | 2011年1月 7日 (金) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/38359668

この記事へのトラックバック一覧です: ROAD TO 武道館:

« Misa's Song Book | トップページ | サフランのうたコンサート »