« 東北応援団 LOVE EAST | トップページ | バングラデシュでは »

2011年3月26日 (土)

マラソンランナー

110326
E-3 ZD 14-54mm f2.8-3.5 計画停電の交差点

震災から二週間が過ぎました。Boogieの散歩を終え、家に上がった時に大きな揺れに襲われました。これまで体験したことのない揺れに妻と母とBoogieと四人で家の外に避難しました。

揺れが収まってしばらくしてから家に入り、テレビをつけると津波の映像が流れていました。被害にあっている所は仙台出身の私には懐かしい地名ばかりです。高校時代にたまに遊びに行った浜が津波に襲われるなんて想像すらしたことがありませんでした。

被災地の家族、親戚、友人達とも連絡ができずに数日が過ぎ、大体の安否がわかったのが一週間後ぐらいだったでしょうか。その安否確認も直接確認できたものは少なく、誰かを経由してきた情報が半分以上だったように思います。

正直わたしも妻も心のドミノが倒れたように、半ば放心状態で何日間かを過ごしていました。

やがて自分に何が出来るのだろう、何かしなければ、という思いが起こってきましたが、あまりにも無力な自分に失望するだけです。そんな中で直接の被害を受けなかったわたしたちは、まず普通の生活を取り戻し、自分に出来ることをしっかりとする。わたしにとっては音楽だ!という結論に達したのです。

そして今月開催予定で中止になった歌声ペトラの164番の”愛の花を咲かせよう”を作曲し、レコーディングし配信しました。

次には”マラソンランナー”を配信しようと思い立ち、早速レコーディングを始めました。正直自分の作品をこのような形で録音し配信するのは初めてのことです。数日間iMacにへばりついて録音とミックスダウンの作業に没頭していました。

そんな中久米小百合さんから被災地の方々を支援する”LOVE EAST"という働きを一緒にしませんか?というお話がありました。こういう時は日頃の人間関係が大きく影響します。わたしは後先を考えずにその働きに一緒に加わることにしたのです。

その"LOVE EAST"が”東北応援団 LOVE EAST”という名前になり、いよいよ本格的に支援活動を始めることになりました。近々被災地と支援者のネットワーク作りに役立ていただけるサイトを立ち上げます。

すでに90名ほどの方が団員として名乗りをあげてくださっています。多くはミュージシャンとその関係者の方々ですので、被災地が落ち着いてきたら支援コンサートの開催なども計画できるのではと思っています。

この活動開始に合わせたように、今日”マラソンランナー”をわたしのサイトにアップしました。ぜひお聴きください。→マラソンランナー

=========================================================

歌声ペトラ2011年3月の曲を聴いていただけます。
164番→愛の花を咲かせよう

=========================================================

災害支援募金先のひとつです→緊急災害支援募金

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8-3F
TEL:03-3367-7253 / FAX:03-3367-7652

=========================================================

|

« 東北応援団 LOVE EAST | トップページ | バングラデシュでは »

音楽」カテゴリの記事

コメント

  被災された人々を励ます歌
 「 マラソンランナー」聴きました。ブルース調で、これからの復興に向けて粘り強く歩んでいけるようにという心がこめられているようでいいと思いました。もともと中村牧師(私の教会にも以前こられました)の応援歌としてつくられた曲ですから、そのまま被災され悲しみ苦しんでいる東北の方々を励ます普遍的な思いがこめられていますよね。それどころか、ゴスペルソング(ブラックゴスペルにとどまらず広い意味で)は、基本的に、人を慰め励ます曲がほとんどですからそのまま被災地の応援歌になると思います。以前、森祐理さんの本か本人のトークで、阪神大震災のとき、ひとびとが食料物資を欲しているときに、自分が被災地に行って、歌を歌う意味があるのか悩んだことがあって、そのとき祐理さんは、あるお婆さん?が、絶望のため、食事をとる意欲もなくなっている姿をみて、身体だけでなく心も栄養を欲していると確信し、震災の地で歌いつづけたというエピソードを知りました。また、新潟県中越地震の際、平原綾香さんの「Jupiter」が被災された人々の励ましになって地元のラジオ曲にリクエストが多くよせられ、そのことを本人が知って、現地を訪れボランティアのライブコンサートをして、聴衆だけでなく本人自身が「歌がこんなにも人々を元気づける力があるものなのか!」と涙したという話しがあります。ジュピターの歌詞には、彼女自身の作の詞という「私のこの両手で 何ができるの?---ありのままでずっと 愛されてる---いつまでも歌うわ あなたのために」などが込められていて、荘厳なメロディーとともに打ちひしがれた人々の心にしみ込んで励ましとなったのだと思います。”東北応援団 LOVE EAST”の働きに期待いたします。

投稿: 草加のシュン | 2011年3月26日 (土) 17時49分

草加のシュンさん
ありがとうございます。きっとそれぞれに相応しい道が開かれることと思います。LOVE EASTの為にもお祈り下さい。

投稿: ぶち | 2011年3月26日 (土) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/39375136

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンランナー:

« 東北応援団 LOVE EAST | トップページ | バングラデシュでは »