« ペトラストリート | トップページ | 学校公演 »

2011年5月28日 (土)

ありがとうございました

110528
E-P1 G LUMIX f11.7

今日は朝から静かな時間を過ごしています。昨晩のペトラストリートでのライブの余韻なのかもしれませんが、回りの音があんまり聞こえてこないような、不思議な感じです。

昨晩はいつもお出でくださるみなさんや、懐かしいみなさんも来てくださり、久しぶりのペトラストリートを目撃(聴撃)していただきました。

なんと2時間半に及ぶライブはわたしのライブ史上最長ではないかと思います。初めて聴いてくださった方にはちょっと重かったのではないかと気にかかっています。

セットリストはこちらです。

1 愛の中にいて
2 ペトラ通り
3 スマイル 
4 君がいて僕がいる
5 マラソンランナー
6 止まない雨はない
7 君の歌を聴かせて
☆ 北上夜曲 
8 ほほえみの春
9 ドキドキスキップ 
10 ただありがとう
11 喜びの季節
12 心の勇士 
13 ララバイ
14 heavenly
EN
15 永遠鉄道
16 God bless you

☆印の北上夜曲は子供の頃に聴いたことのある歌で、母の実家の近くを流れていた北上川にまつわる歌です。震災の後にこの曲がわたしの中で鳴り始めました。先日伺った被災地でも歌ったのですが、昨日の朝に今夜も歌おうと決めてでかけました。ジャズテイストで歌いましたがとても好評をいただいたので、今後も被災地の復興を願う思いで歌わせてもらうことになると思います。

8曲目の”ほほえみの春”は先日ある復興支援の働きの為に作った新曲です。近いうちに日韓のアーティストの復興支援コラボアルバムに収録されて発表されます。

普段は演芸色の濃いわたしのライブですが、昨日はシンガー&ミュージシャン色にシフトしたライブになりました。ペトラストリートの音はバージョンアップした感があり、これからも続けて開催できたらと思っています。東京以外では大分ご無沙汰していますので、遠出もありかもしれません。

昨晩おいで下さったみなさまに感謝します。自分にとっても大切なチャレンジをさせてもらえたライブになりました。あらためてありがとうございました。

さあ次は31日自由が丘でお会いしましょう。

=========================================================
マラソンランナーというオリジナル曲をサイトにアップしました。
ぜひお聴きください。→マラソンランナー

=========================================================

歌声ペトラ2011年3月の曲を聴いていただけます。
164番→愛の花を咲かせよう

=========================================================

東北応援団 LOVE EAST>事務局
ジョシュア佐佐木 TEL 042-522-9935 FAX 042-522-9981
メール gospel@worship-japan.com

=========================================================

|

« ペトラストリート | トップページ | 学校公演 »

コンサート情報」カテゴリの記事

コメント

  ジャジーな4人の音楽の侍
  昨晩は、特等席でペトラストリートを聴かせていただきありがとうございました。しっかり、聴撃させていただきました。年に数回しか(もったいない)公演のないペトラストリートのライブなのに、この充実した音楽の内容を実現できるのには驚かされます。きっと、リハーサルに相当力を入れているのだと思います。ギター・ヴォーカル 岩渕まこと、ドラム 市原康、キーボード 西原悟、ベース 谷源昌、みなさんが、それぞれの楽器の存在感、そして個性あふれるパーソナリティを存分に発揮されていました。それにしても、休み無して2時間半(終わってみればアッと言う間)、いずれの楽曲もアレンジが凝っていて(ぶちさんが楽譜が真っ黒といっていたのが分かります)、素人にはよく分かりませんが、かなり難度の髙い内容で、それを怒濤のごとく一気に突っ走れるその、高度な演奏技術をベースとした上にある体力、集中力、passionを4人それぞれがお持ちで、しかもアンサンブルとして溶け合っていることに脱帽です。改めて思ったのは、ペトラストリートは、もちろんギター・ヴォーカルである岩渕まことさんが主役ではあるけれども、他の3人は、それをバックアップするための役割ではなく、ちょうどジャズにおけるカルテットのようにそれぞれの楽器がその特性を生かしながら、同じ重要度で互いに響き合っているという印象です。それは、4人のメンバーが---音楽という一つの体をつくりあげるために調和して機能している各器官(1コリント12章参照)としての関係にあるからなのだと思います。簡単に言えば、4人が仲が良く音楽が好きだということ。
  日韓のアーティストの復興支援コラボアルバムに収録されるという「 ほほえみの春」初めて聴きましたが、たいへん良い曲ですね。それでは、食事会を楽しみに。

投稿: 草加のシュン | 2011年5月28日 (土) 18時51分

草加のシュンさん
ペトラの4人が同じ重要度で互いに響き合っているという言葉は確信をついています。
ライブを終えてから新しいCDのレコーディングを考え始めました。

投稿: ぶち | 2011年6月 2日 (木) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/40168106

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございました:

« ペトラストリート | トップページ | 学校公演 »