« かみさまへのてがみ | トップページ | 今年のクリスマス »

2011年11月 9日 (水)

塩つゆおろしそば

先日の白山市松任でのコンサート後に、スタッフのみなさんと一緒に、会場から車で10分程の所にあるお蕎麦屋さんで食事をしました。蕎麦のコースということで期待して出かけましたが、本当に美味しかったのでご紹介します。

コースの名前は「霜月の膳」です。まず始めは「旬菜盛り合わせ」。内容は金時草と大和芋の酢の物、カボチャのクリーム煮、冬瓜の鴨そぼろあんかけ、そば豆腐、白山なめことそば米のピリ辛あえです。

111108a
 GRDⅡ+GT-1

次は「信州蒸し」。うなぎ、きくらげ、小坂れんこん、銀杏、そばの実が入っていました。

111108b
 GRDⅡ+GT-1

3番目は「カモロースたたき風サラダ」。見るからに美味しそうですよね。

111108c
 GRDⅡ+GT-1

次は「粗挽きそばがきの包み揚げ」。めずらしいですよねえ。

111108d
 GRDⅡ+GT-1

そして「きのことそばの実の雑炊」。天然くりたけ、地物舞茸、天然なめこという贅沢な内容です。香りも良く美味しくいただきました。

111108e
 GRDⅡ+GT-1

さあいよいよお蕎麦の登場です。6番目に登場したのが「塩つゆおろしそば」。これはこれまで食べたおろし蕎麦の中で最高のお味でした。そば良し、つゆ良し、おろし良しで、近くに行く機会があれば絶対食べるべしだと思います。

111108f
 GRDⅡ+GT-1

次に「盛りそば」が供されました。これは若い蕎麦の実のおそばということで、少し青みがかったおそばでした。「塩つゆおろしそば」があまりに美味しかったので、写真を撮るのを忘れてしまいました。写真はお隣の方の「盛りそば」です。

111108g
 GRDⅡ+GT-1

次に「そば湯」をいただきましたが、そばのゆで汁ではなく、そば粉で作ってあるしっかりとしたそば湯でした。

111108h
 GRDⅡ+GT-1

最後はデザートです。白山市産のマルセイユメロンのアイスクリームは、ほろほろと崩れるシャーベット状で。とてもおしゃれなデザートでした。

111108i
 GRDⅡ+GT-1

お店の名前は「そば処 敬蔵」です。→食べログ

=========================================================

岩渕まことデビュー35周年記念コンサート情報です。

=========================================================

新譜 北上夜曲 11月20日 発売(予約受付中)

=========================================================

歌声ペトラ 11月29日 御茶ノ水OCC B1 Start 19:00

=========================================================

東北応援団 LOVE EAST>事務局
ジョシュア佐佐木 TEL 042-522-9935 FAX 042-522-9981
メール gospel@worship-japan.com

=========================================================

|

« かみさまへのてがみ | トップページ | 今年のクリスマス »

」カテゴリの記事

コメント

こういう本物の日本の味を楽しめない私たちにとって、今回に限らず、駅弁を含む食べ物を扱ったブログは目と口には拷問の辛さがあります。コンサートのために、いろいろな所に行かれ、その地の名物を楽しまれ、それもまた、神様からの御褒美ですね。以前、どなたか書いておられましたが、食べ物に関しての特集ができそうですね。よだれを垂らしながら、読みますから、その内に出してください。

投稿: KZ | 2011年11月 9日 (水) 10時20分

KZさん
最近なんだか食べ物の事が多くなっていますよねえ。それにしてもこの「塩つゆおろしそば」は絶品でした!ってまたいじめに入っていますかねえ。

投稿: ぶち | 2011年11月 9日 (水) 10時59分

えっと〜、この場所は新潟?松任という事は日本海側のどこかの県?
島根、鳥取?あれ〜どこだっけ?
いったいぶちさんはこの時に何処へ?

投稿: みか | 2011年11月 9日 (水) 11時02分

みかさん
わかりにくくてすみません。石川県の野々市という町にあります。小松と金沢の間という感じでしょうか。

投稿: ぶち | 2011年11月 9日 (水) 12時21分

入っている、また、いじめに入っていますよ!写真がとても美味しそうに撮れているのも、罪の上乗せです。本当に料理の本ができそう!?

投稿: KZ | 2011年11月 9日 (水) 14時08分

KZさん
写真が美味しそうに撮れているなんてうれしいお言葉ありがとうございます。

投稿: ぶち | 2011年11月 9日 (水) 15時13分

あいやや~~さすがの福井、石川地方ですね~~そのあたりはみんなが通り過ぎて行ってしまう辺りですよね、北陸道沿いに美川憲一の町とか書いてて、おもろいとこやな=って通りすぎてました。素晴らしい料理ですがな=ええです。

投稿: ひつじいち | 2011年11月 9日 (水) 17時11分

 ちょいと出ました三角野郎ならぬ、天国とんぼです。
 白山市のコンサートの広報担当スタッフでした。

 岩渕さんの記事に出ていました名称につきました、若干説明を加えさせていただきます。


 松任と書いて、「まっとう」と読みます。

 元は松任市だったのですが、美川町、鶴来町という2つの町と、日本三名山の一つ白山の麓にある5つの村と合併した時に、知名度のある白山に名前をとられ、市からただの町に格下げになった可哀想な町です。


 料理に名前が出ていた「金時草」は「きんじそう」と読みまして、最近石川県が「加賀野菜」というブランドで売り出そうとしている野菜の一つです。
 葉の裏の色が「金時芋(きんときいも)」に似た美しい赤紫色であることから名前がつけられました。

 もともとの名前は「水前寺菜(すいぜんじな)」と言い、全国で栽培されているのは加賀地方だけのようです。


 続きまして、名前が出ました「美川憲一の町」ですが、実に惜しい、正しくは「美川県一の町」でした(^^;)

 北陸自動車道を福井方面から金沢方面へ走って行きますと、小松ICをすぎて美川IC手前の左手方向にあるのをご覧になったのだと思います。
 誰がどう考えても、歌手の美川憲一さんの語呂合わせですが、意味がほんの、ほんの少しだけあります。

 その一つは、美川町に石川県庁が一番最初に建設されたという意味があります。
 二つ目は、美川町を石川県一の町にしたいという町長さんの悲願が込められている。
 そして、町長が個人的に交友のある美川さんの名前から語呂あわせを考えたということのようです。

 この看板を考えたのも町長のようですが、実現するまでにかなりの時間を用し、議会と町長との間で丁々発止の戦いがあったかどうかまでは知りません。
 私は80キロほど離れた町の住民ですので(^^;)


 以上、全く役に立たないプチ情報ですので、どうか無視して、素通りして下さい。
 お邪魔しました。

投稿: 天国とんぼ | 2011年11月11日 (金) 23時03分

おもろ〜〜!

投稿: ぶち | 2011年11月12日 (土) 08時03分

おもろい~、勉強になりました。

投稿: ひつじいち | 2011年11月12日 (土) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/42936451

この記事へのトラックバック一覧です: 塩つゆおろしそば:

« かみさまへのてがみ | トップページ | 今年のクリスマス »