« ふたつの手袋 | トップページ | おう兄弟! »

2011年12月30日 (金)

北上夜曲試聴できます

Jakect

今年も残すところ2日になりました。1月5日にレコーディングの予定があるので、今年はあと2日なんだと考えるとなんとなく気持ちが焦りますが、来週の金曜日かと考えると少し楽になります。

ところで新しくリリースしたCD「北上夜曲」には沢山の感想が寄せられています。被災地の石巻の大川に住んでいらっしゃる方からは、「車の中で北上夜曲を聴いて、大声で泣いた」というコメントをいただきました。

またある方からは「家で毎日聴くCDになりました」という嬉しいコメントもいただきました。

若手のミュージシャンからは「ベースがかっこよいですねえ」という感想。今回のレコーディングのコンセプトを感じてもらえたんだなあと、これまた嬉しいコメントでした。

CD「北上夜曲」はすでにネットでも販売されています。東京書籍の音楽専門館では試聴ができますので、一聴していただけたらうれしです。音楽専門館からお買い求めいただけます。

音楽専門館はこちらからどうぞ→北上夜曲

サインをご希望の方はMAKOTO BOXへ直接お申し込みください。年内にMAKOTO BOXへお申し込みいただいた方には送料が無料になります。また「まこと応援団」の方は1割引になりますので、ぜひMAKOTO BOXまでお申し込みください。新年早々に発送させていただきます。

MAKOTO BOXへはこちらです。→まことのおみせ

=========================================================

デビュー35周年記念コンサート情報

仙台 
2月10日(金) 6:00開場 6:30開演
会場:仙台市シルバーセンター
出演:岩渕まこと&由美子/ぺトラストリート
ゲスト:鈴木雪夫/久米小百合

大阪
2月25日(土) 6:30開場 7:00開演
会場:大阪クリスチャンセンター
出演:岩渕まこと&由美子/ぺトラストリート
ゲスト:久米小百合/宮池正子

東京
3月23日(金) 6:30開場 7:00開演
会場:中野ゼロ小ホール
出演:岩渕まこと&由美子/ぺトラストリート
ゲスト:小坂忠/久米小百合/塩谷達也他
友情出演:稲垣潤一

さらに詳しいコンサート情報です。

ローソンチケットで好評発売中!!!

=========================================================

新譜 北上夜曲 発売中

=========================================================

歌声ペトラ 12月20日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00

=========================================================

東北応援団 LOVE EAST>事務局
ジョシュア佐佐木 TEL 042-522-9935 FAX 042-522-9981
メール gospel@worship-japan.com

=========================================================

|

« ふたつの手袋 | トップページ | おう兄弟! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

  『北上夜曲』勝手にライナーノート
  アルバム『北上夜曲』は、すべての曲が一つ一つ味わいがあって、録音も良くぶちさん始めみなさんの苦労が結晶となった労作ですね。わたしは特にアルバムの「北上夜曲」〜「ほほえみの春」の曲順が二つの曲を生かすかたちになっていて秀逸だと思いました。「北上夜曲」は、マイルス・デイビスを思わせるようなクールなJAZZのイントロから始まり、凍てついた冬の夜空に煌々と輝く星々や、北上川の川霧が目に浮かびます。そして驚くべきは4番の歌詞のなかにある「君は召されて 天国へ」はゴスペルを連想させますね。そのような試練の冬が過ぎて、東北に「ほほえみの春」が来て、---その歌詞の---なくすことはできない 彼の地に春が訪れ花が咲いた---このところのメロディーが、すごく--疲労や不安の中で現実に直面していかなくてはならない気持ちのヒダにしみ込んできて癒し効果があります(最近、その日の仕事のことで思い気持ちでの出勤途中いつものようにiPhoneで聴きながら--この箇所のメロディーで癒されている自分に気付きました)。このメロディーがどうして人間の心にそんな影響をあたえるのか生理科学的に解明できればなと思いますが(たとえばマイナーのコードがどうして人に感傷的な気分をおこさせるのでしょうか?生理学的に解明されているのでしょうか?)。また、12/27にぶちさん&由美子さんのライブを聴きながら、「ほほえみの春」は、お二人がデュエットで歌うことによって、その声の重なりが、おだやかな東北の春の浜辺に打ち寄せる波の音が遠くから、近くから重なり合って聴こえてくるように効果的に感じました。いずれにしろ、傑作CDであることはまちがいないです!---以上、「岩渕まこと」評論家 草加のシュンによる寸評でした。年末に、こころおきなく、感想を書かせていただきました。来年(いよいよ35周年コンサートですね!)もよろしくお願いいたします。

投稿: 草加のシュン | 2011年12月30日 (金) 22時16分

草加のシュンさん
嬉しい感想をありがとうございます。「ほほえみの春」のその部分は前後で緊張感がかなり違いますし、見える世界がPANするような感じがしますよね。今度意識して考えてみます。

投稿: ぶち | 2011年12月31日 (土) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/43559438

この記事へのトラックバック一覧です: 北上夜曲試聴できます:

« ふたつの手袋 | トップページ | おう兄弟! »