« 緊急支援の要請(続) | トップページ | ボランティア保険 »

2012年3月27日 (火)

35周年その(5)

120327
午前中の仕込み風景です

35周年コンサートのこと、その(5)は東京のフィナーレでの市原さんと稲垣さんとのダブルドラムのことです。

客席から向かって右に市原さん、左中央側に稲垣さんのドラムがセットされていました。わたしはちょうどふたつのドラムの真ん中くらいが立ち位置でしたので。二人が叩き始めると右と左からハイハットを刻む音が聴こえてきました。何せダブルドラムで歌うなんて生まれて初めての経験ですので、とても新鮮でしたし贅沢な瞬間でした。

ところで同じドラムでも市原さんのドラムはジャズ系、稲垣さんはロック系です。そもそも二人の使っているドラム自体のサイズが大分違っていました。稲垣さんは概ね普通のサイズですが、市原さんは「こりゃ〜おもちゃか!」というような小さなサイズです。僕は以前冗談で「それ、トイザラスで買ったの〜」と言ったことがあります。

2人のドラミングは全体の音量も違いますし、スネアを打つ感じ、出音にジャズとロックの違いを感じてとても面白かったです。プレイした2人もダブルドラムで叩く機会はほぼないと思いますので、アンサンブルやバランスに苦労したのではないかと思います。

それにしても1流のドラマーふたりが叩き出すリズムの中で歌う機会が来るなんて考えたことがありませんでしたが、これまた35周年のおかげで実現する事ができました。できれば会場で聴いてみたかった。

=========================================================

新譜 北上夜曲 発売中

=========================================================

歌声ペトラ 4月17日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00

=========================================================

|

« 緊急支援の要請(続) | トップページ | ボランティア保険 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

35周年コンサート☆☆
すばらしい時間をありがとうございました。まだ胸がいっぱいです。
たくさん書きたいことがあふれてくるけれども上手く言葉がみつかりません。
本当に本当に最高でした! 

投稿: やこちゃん | 2012年3月29日 (木) 00時02分

ありがとうございます。僕も不思議な実感感があって、現実のような夢のような〜状態です。とにかく大きなプレゼントをもらった感じです。

投稿: ぶち | 2012年3月29日 (木) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/44649580

この記事へのトラックバック一覧です: 35周年その(5):

« 緊急支援の要請(続) | トップページ | ボランティア保険 »