« 荷物を減らしたらモノクロ | トップページ | ロープ、隔てから絆へ »

2012年12月10日 (月)

曲先

121210
GRD Ⅱ

先週のブログに「作曲をするの事」と「詞が先にできている場合の作曲」について思うところを書きました。ついでなので今日は曲先(曲が先にできていて後から言葉をのせる手順をこんな風に言います。詞が先の場合は詞先です)について書いてみようと思います。

普段わたし達が耳にするヒット曲と言うかポップスはほとんど曲先だと思われます。その理由は曲のサイズも含めて音楽的な目的を達成しやすいからだと思います。

例えば「音楽的に最先端」とか「ノリが良い」とか「イカシテル(死語?)」などなど、いわゆるポップスに求められる要素を盛り込む為には曲先が合っていると思います。

ちなみにわたしの曲で曲先だったとはっきりおぼえているのは「永遠鉄道」です。
当時使い始めたミュージックソフトで遊びながらイントロから作り始めたのが「永遠鉄道」です。その時作ったイントロはCDとは全然違うイントロでした。

「永遠鉄道」をご存知の方は「なるほど他の曲とは感じが違うな」と思われるかもしれません。曲先の場合面白いのはメロディーに言葉を当てはめてゆくので、普段使わない言葉を選んでみたり、物語を書くようなアプローチとでもいうのか、詞先や詞曲同時とは違うイメージの世界が展開しやすくなります。1番良い事は無駄な言葉が減ることでしょうか。

「普段使わない言葉」と書きましたが、わたしの作詞作曲の曲に関しては詞曲同時型が多く、音程をつけながら言葉を空中に放つような感じで作る事が多いのです。

この作り方の場合は、なんの変哲もないぼんやりとした歌ができやすいので、そこは気をつけています。

このやり方で出来上がった曲は歌いやすいかもしれません。最初から歌だったんですからね。

ご自分で作曲をなさる方は詞先、曲先、詞曲同時を気分に合わせて選ぶのも楽しいと思いますよ。

写真は高松市民クリスマスの舞台装飾です。

MAKOTO INFORMATION ======================================
デビュー35周年記念LIVE@所沢AD-LIB
日時:12月28日(金)  Open 18:30 Start 19:00
出演:岩渕まこと&由美子/PetraStreet
ミュージックチャージ : 前売り 3000  当日 3500
★軽食持ち込み可。
予約・お問い合わせ  MAKOTO BOX  mail:singanewsong@cmail.plala.or.jp
★まこと応援団割り引きあり
=========================================================

岩渕まこと夫妻と賛美の旅9日間
2013年2月5日(火)〜13日(水)
わたしたちと一緒に歌いながらイスラエルを旅してみませんか。
お問い合わせ→ホーリーランドツーリストセンター
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  12月11日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================


|

« 荷物を減らしたらモノクロ | トップページ | ロープ、隔てから絆へ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/48185821

この記事へのトラックバック一覧です: 曲先:

« 荷物を減らしたらモノクロ | トップページ | ロープ、隔てから絆へ »