« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ふたつの環境

130430_1_1
X-E1 XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS 18mm ISO250 1/30秒  f4.0

X-E1を使うに当たってAdobeのPhotoshop Lihgtroomというソフトを購入しようと思い立ちました。きっかけはFUJIのRAWデータをサポートし始めたという事をニュースで知ったことです。

購入を考え始めて気がついたのが、わたしは今東京基督教大学の非常勤講師なので、アカデミーパックが購入可能かもしれないということでした。

調べてみるとその為には在籍証明書が必要との事。早速大学に問い合わせてみたところ即時対応していただき証明書を発行していただきました。

なんでこんな事をあえて書いているのかと言えば、あまりこういう社会的な証明というものに関係したことがないので(運転免許証とパスポートしかないんじゃないかなあ)とても新鮮だからなのだと思います。

昨日Adobeにアカデミーパック(正式には学生・教職員個人版)購入の申請を出しましたが早ければ今日にもなんらかの返答がくると思います。

すでにPhotoshop Lihgtroomは無料体験版をダウンロードして使い始めています。ここのところずっとOLYMPUSのViewerを使っていましたので、Phoroshop系のソフトは久しぶりで少々とまどいましたが(特に言い回しの違いやデータの扱い方の違い)徐々に馴染んできました。

使ってみると写真の管理と現像のためのソフトだけあって「写真」の楽しさをや喜びを与えてくれる良いソフトだと思います。

というわけでX-E1を使うようになって実際の写真環境も頭の中の写真環境も大分違ってきました、ひとことで言うとアナログ寄りに戻ってきたなという感じですねえ。

=========================================================
Back in town LIVE 決定
日時 :7 月 2 日 ( 火 ) 18:00 Open 19:30 Start
場所 : 新宿区住吉町 3-2 第二山田ビル B1 LiveHousuBACK IN TOWN
チャージ :¥3150

出演:岩渕まこと Vo.G 岩渕由美子 Vo. 谷 源昌 B  市原 康 Dr
電話予約 :03-3353-4655
ネット予約 :backintown@nifty.com お早めに
!
=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
          Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

ちょっとした事で変わる

130429sigma24
X-E1 SIGMA ULTRAWIDE 24mm f2.8 ISO400 1/2200秒 f2.8 -33/100EV 

最近楽しみがひとつ増えました。それは新しく使い始めているFUJIFILMのカメラ関係のニュースを見ることと、X-E1で撮った写真を見て楽しむことです。

最近のニュースは来月末に発売される望遠ズームとX100Sというカメラの事ですかね。レンズの方は発売後の評判や作例を見て気に入れば購入するかもしれません。本命は年末近くの発売が予定されているフイルム換算35ミリのレンズです。35ミリの画角は好きなのでこちらはぜひ手に入れたいと思っています。

おそらくX100Sは35ミリの画角に特化したカメラなので、こちらの販売が落ち着いた頃にレンズが出るという事なのだと思います。このX100Sはとても評判が良いので気持が1ミリくらいぐらつきますが、ここはしっかり阻止しなくちゃと思っています。

実は先日OLYMPUSのカメラとレンズを手放した時の○○○カメラのポイントがあるので、ちょっと余裕な感じで好き勝手に思いめぐらせているわけです。

FUJIのカメラの画は最初は少し地味に感じましたが、今では見たまんまの画や自分のイメージに近い写真が撮れる優れものだと思っています。

130429a
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO200 1/100秒  f2.8 Lr自動階調

写真は東京基督教大学のギターレッスンの教室風景です。音楽専用の部屋もいくつかあるのですがここの広々とした感じが好きで使わせてもらっています。

130429hijiri
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO320 1/30秒  f2.8

これは聖坂養護学校のコンサート後に会場の体育館で
撮りました。X-E1は久しぶりにカメラをぶら下げて旅に出かけたい、と思わせてくれるカメラです。普段から仕事での旅が多いのでわざわざ旅をしたいなんて思わなかったのですが、人の気持なんてちょっとした事で変わるものなんですね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

カルメンという出来事

昨日の藤原歌劇団のカルメンは休憩2回をはさんで約3時間20分にわたる公演でした。長時間ではありますが、生のオーケストラと歌で繰り広げられる世界に引き込まれてまったく飽きる事なく、疲れる事なく楽しませてもらいました。

終演後のカーテンコールで感じたのは、これはもうある意味聴衆も一体となった出来事だということです。会場全体にこの日この場で起こるカルメンという出来事を一緒に体験した、的な感覚があり、例えば一緒に旅行した仲間のようなやり遂げた感が聴衆全体にもありました。まあロックフェスのような感じなのかもしれません。とにかくこんなパフォーマンス体験はわたしにとっては初めての事でした。

またオーケストラの音も、歌として磨き上げられた声達も耳に心地よく、アコースティックサウンドここにあり、というような良質の音に包まれた時でした。

今回は闘牛士エスカミーリョ役を友人の前田進一郎さんが演じるということで出かけたので、終演後に楽屋を訪ねました。驚いたのは出演者の皆様のオーラと体格です。あの会場を魅了するだけの歌声はこの身体から発せられるんだ、ということがとてもとても納得できました。写真は左からドンホセ、前田さん、カルメンです。

130428

一生に一度は観たいと思っていたカルメンですが、こんな機会がなければなかなか実現できなかったと思います。今回は前田さんのおかげで観劇することができて、歌うたいとしても良いインスピレーションをもらいました。

それにしても出演者のみなさま本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

カルメン

130427

今日はオペラ「カルメン」の観劇に出かけます。わたしは一生に一度はカルメンを観たい、聴きたいと思っていた人なのですが、今回は一昨年マレーシアでの震災復興チャリティーコンサートでご一緒した前田進一郎さんが、闘牛士エスカミーリョで出演するとあってこれは是非と思ったわけです。

実はカルメンは私の音楽のルーツにしっかりと顔を出しているのです。小さな頃に父を亡くしたわたしは音楽好きの叔父によく面倒をみてもらいました。その叔父は音楽好きで、真空管のステレオを大音響で鳴らしては近所から何度も苦情をもらっていたような人でした。

わたしがまだ4〜5歳位の頃だったと思うのですが、その叔父が良く聴かせてくれたのが歌劇カルメンだったのです。

そのメロディーラインがわたしの柔らかかった脳のにしっかりと刻み込まれていますので、カルメンはわたしのソウルミュージックと言っても過言ではないのです。今でもどこかエキゾチックなメロディーラインが好きなのは、ビゼーの影響にちがいありません。

ただひとつ問題なのはカルメンと一緒によく聴いていた「アルルの女」が記憶の中で多少ごちゃ混ぜになっているところです(笑)。

今日は総勢150名に及ぶ大編成でのカルメンです。なんせナチュラルハイファイ大ステレオ大会ですからね。しっかり楽しんでこようと思います。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

ペトラストリートが今日で・・・

130426
X-E1 XF35mm f1.4R ISO200 1/200秒 f2.0 絞り優先 -33/100EV

今日は午前中に横浜の聖坂養護学校でのコンサートです。毎年春にお招きをいただくようになって何年経つのでしょうか、おそらく20年以上は軽く経っていると思います。

最初は小坂忠さんとのデュオ時代でした。その後ソロ活動を初めてからもオファーをいただき毎年歌わせていただいているわけです。

最近はほぼペトラストリートでの出演が続いてきました。今日もペトラストリートでの演奏ですが、実は今日の聖坂養護学校のコンサートを最後にペトラストリートは解散になります。

「まこと応援団」の方には会報でお知らせをしましたが、それ以外の皆さんには今日初めて解散のお知らせをすることになります。

実際にはキーボードの西原悟さんが抜ける形なのですが、彼のいないペトラストリートというのはなんか変なので、ユニットとしては解散ということにしました。

西原さんは今後も歌声ペトラの関わりは継続していきますので、これからは歌声ペトラでの西原さんを楽しみにしていてください。

じゃあバンドはどうするの?ということですが、ひとまずドラム市原さんとベースの谷さんとわたしの3人で再スタートをします。

頭の中には純粋アンプラグド的な音を試してみたいと思っていますが、3人での音出しは早くても来月くらいなのでその辺からぼちぼち音作りをしていく感じです。

3人での最初のライブは7月2日(火)の曙橋バックインタウンで、これまでとはひと味違った音と内容でのライブにしたいと考えています。

音に関しては先程書いたように純粋アンプラグド的な感じを目指そうと思っていますが、中身に関してはオリジナルや新曲はもちろんのこと、自分のルーツにある「うた」も歌おうと考えています。

それがサイモン&ガーファンクルなのか、ピーターポール&マリーなのか、はたまた五つの赤い風船なのか・・・、それともまったく違うのか・・・。

7月2日(火)にみなさまぜひぜひお出でください。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

力まずに

130425
X-E1 XF 35mm f1.4R ISO200 1/480秒  f1.4 絞り優先 EV補正0

一昨日のブログに「歌うたいらしく生きる」みたいなことを書きました。まあ「力まずに暮らす」みたいなことですが。そんな気持で時間を過ごしていたら、妙に仕事がはかどりました。これは不思議なことでした。

頑張って仕事をしよう、と思っていないのにも関わらず、頭が軽くなっているせいか、仕事の段取りや優先順位がクリアに見えました。また自分に対しても妙に意地を張らずに、今できないことはできなくても良い、的な仕事の仕分けもすることができたように思います。

そんな中でちょっとしたトラブルが起きたのですが、それを解決しようとしていてる自分の頭がどんどん充血、硬直していくのがわかりました。今思えばそのちょっとしたトラブルに捕まってしまったような感じです。

そういえば普段から「あれをしなくちゃいけない、これをしなくちゃいけない」と自分を追い込むような感じで課題を与えていましたが、それがかえって自分を硬直させて効率を悪くさせていたのかもしれません。

この「あれもこれも」と考えて焦っているような状態は、丁度ちょっとしたトラブルが起きた時と同じだと思いました。「あれもこれも」は一見良い事のように思いますが、これまた予定と責任感に捕まってしまっていると言えるかもしれません。

ジェットコースターに乗る時に怖さが軽減するひとつの方法を知っています。怖くなければ乗る意味がないのですが・・・(笑)。

それはコースターに乗せられているのではなくて、自分がコースターを運転していると思う事なんです。そんなばかな、と思われるかもしれませんが、実際にやってみると怖くありませんでした。

トラブルは突然襲ってくるものですから、それをコントロールするのはなかなか難しいですが、責任感からくる「あれもこれもしなくちゃ」という迫りは自分から造り出して自分を追い込んでいるものですから、なんらかのコントロールはできるはずです。

ここで何故か剣道のことが思い浮かぶのですが、剣の道で勝つ為には平常心というのか自然体というのかそんな心境じゃないといけないように思います。勝つ事に捕われていたら勝てない、みたいな事があるような気がします。

朝からくどくどとやっていますが、今日も歌うたいらしく力まずにいきましょうかね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

お勉強

130424
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO200 1/60秒  f5.6

最近カメラをFUJIのX-E1メインにしたことから、Photoshop Lightroom 4に興味を持ち、体験版をダウンロードして使っています。さすがにPhotoshop系のソフトですのでなかなか優れた内容なのではないかという予感がします(まだまだ自由に使えるところまではいっていません)。ソフト付属のマニュアルはわかりにくい(対外のソフトはそうですよね)のとせっかちな性格なので、多少自分を追い込みながらとにかく使ってみています。

また今年後半にオリジナルソングの楽譜集第二弾を出版する計画があるので、その譜面作りの準備も始めています。こちらの浄書ソフトはFinaleで、もう10年くらいは使っていると思いますが、まだまだ使っていない機能がありますし、楽譜の浄書自体の知識不足もあって「こんな場合はどう書くのだろう」とネットやら何やらで調べ倒しています。

というわけで最近は二つのソフトとそれにまつわる基本的なお勉強をしている時間が長くなっています。昨日のブログとは大分違うんじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、これまでは早く結果を出す事に焦って下調べ的な事はすっとばしていましたが、最近は少し落ち着いて調べものをすることができるようになっています。

これはただ歳をとったせいなのか?と一瞬思いましたが、多分年齢というよりは性格が影響しているのだと思います。でもその性格が穏やかになったから行動が違ってきたとすれば、やはり年齢も影響しているんでしょうかね。この辺の判断が難しいところです。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

いつからか

130423
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO400 1/500秒  f8.0

いつからか、本当にいつからかなんですが、朝は9時くらいに仕事を初めて夕方には終わるんだ、という生活の癖がついていました。本来決まった時間に仕事をする人ではなかったはずなのに気がついたらそうなっていました。

心の中のずっと奥というか、心の空に浮かんだ小さな雲的と言うか、「みんな仕事をしているのに、真っ昼間から今日は天気が良いのでブラブラしています・・・」なんていけないような気がしていたのかもしれません。

もうひとつは事務所が自宅だったり、ごくごく近くだったりしたので、なんとなく回りが仕事モードになっていることもあって、自分だけフラフラしていてはいけないような気持になっていたんだと思います。

でも歌うたいにとってはフラフラできるならばフラフラするのも大切な仕事?じゃないの?と考えるようになってきました。これはある意味がんばるのは止めよう宣言近しなのかもしれません。別にがんばらなくても全てが滞るわけでもありませんし、一巻の終わりでもありません。

1日分に与えられた仕事、空気、光、音、会話、休息、味、満足、涙、笑い・・・、を楽しんで生きるのもいのちを実感し感謝するのには大切な事ですよね。

これからも働き詰めの日が来るかもしれないし、涙が止まらない日が来るかもしれないし・・・。だから若い時の歌うたい岩渕のように、歌うたいらしさ、のようなものを取り戻しても良いのかもしれません。いや取り戻さねばいけないのかもしれませんね。まあ何がらしさなのか?ということもありますが・・・。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

牧師とアーティストが生み出す日本生まれの賛美歌

Worship_chirashi_front1

先週の京都の行き帰りの車内ではFEBCの「歌と笑いとおしゃべりと 歌声ペトラの風」の番組音源を聴いていました。番組開始当初から2月くらいまでの音源を資料としていただいていたのですが、なかなかまとめて聴く時間がなかったものですから、京都までの長距離ドライブがちょうど良いので聴いてみました。

番組をご一緒している関根一夫先生との相性が良いのか、1番組10分強のサイズですが話の展開もまとまりもなかなか面白くて、他では聴けない、というか話さないことが結構披露されていて我ながら興味深く聴いてしまいました。

ところで今度の日曜夕方に関根先生とのコンビで出演するシンポジウムがあります。テーマは「牧師とアーティストが生み出す日本生まれの賛美歌」です。半年以上番組を継続してきた中での生トークと歌声ペトラの曲紹介ですので、ぜひ皆様に聴いていただきたいと思います。

アメリカの宣教師の方々が主催されているシンポジウムですが、牧師とアーティストが一緒に歌を作り続けているなんていうことは珍しいらしく、ゲストに選んでいただきました。

シンポジウムの詳細はこちらです。

会場:レンタルスペースKAHOO
          目黒区下目黒2-23-3-B1
          JR目黒駅から徒歩7分
   お問い合わせ:info@communityarts.jp

タイムスケジュール 
   18:30 交流タイム
   19:00 ワーシップタイム
   19:10 関根一夫 岩渕まこと
   20:10 ディスカッションタイム

日曜の夕方でですのでお時間のある方はぜひお出かけください。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

スローカメラ

FUJIのX-E1で撮り始めてから、マウントアダプターを介してM42というマウントのレンズでも撮り出しました。以前からOLYMPUSのカメラでもアダプターを介して使っていたのですが、オールドレンズはやはりファインダーを覗いて撮るのが自然です。

OLYMPUSのE-M5は優れたEVFファインダーを備えていますが、やはり男の?手にはカメラのサイズが小さくて、気がつくと背面の液晶モニターで撮ってしまいます。その時はもちろんオートフォーカスにして絞り優先モードです。

しかしオートフォーカスができないオールドレンズを使うとなると、やはりファインダーを覗きながらピントを合わせる事になります。

X-E1はわたしの手のサイズには丁度良いサイズと重さなので、オールドレンズを使うのにはもってこいです。実はX-E1を手にするまでこの事は考えてはいませんでした。さらにX-E1の撮像素子がとてもフイルムライクでオールドレンズとの相性もとても良いと思います。

130421
X-E1 Takumar 135mm f3.5 ISO250 1/500秒  f3.5

写真は近所の駐車場の柵に朝日が反射しているところですが、わたしが使ってきたこれまでのデジカメではなかなかこんな感じには撮れませんでした。レンズはPENTAX Takumar 135mm f3.5です。

どんな感じかというと反射した光の輪というか空中にある反射光がとても自然に撮れていると思うわけです。まあこんな事は普通の記念写真には求められませんが、逆光好き、美しいもの好きのわたしにはたまらない感じなんです。

M42マウントのレンズは何本か持っているので、これからは気分に合わせてオールドレンズでのスローカメラも楽しめそうです。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

お手並み拝見

130420
X-E1 Takumar 135mm f3.5
ISO400 1/500秒  f3.5

テザリングでiPhone5とMacBook Airを繋ぐのはWi-Fiだけだと思っていましたが、BluetoothやUSB接続ができます。

「そうかBluetoothで接続も有りだな」と思い、今朝はMacBook AirやiPadを繋いでみましたが、ごくごく簡単に接続ができました。

それぞれの接続方法で上り下りの速度が違ってくるようですが、Bluetoothが比較的に安定している、なんていう評価も目にしました。

7ギガを超えると通信速度が下がることが気がかりではありますが、あまり気にせずに使ってみようと思っています。

わたしの場合実際に使う場所は新幹線とインターネットのできないホテルぐらいでしょうし、使う用途もメールのやり取りやブログの更新程度ですので、おそらく7ギガを超える事はないのではないかと楽観的に考えています。

ところでテザリングの契約にするとこれまでは無制限だったiPhone5でのネット接続にも、7ギガの制限がかかるようですのでここは要チェックですよ。

ところで5月半ばにオープン予定のカフェにもお客様に使っていただけるWi-Fiを飛ばす事にしています。これまでわが家のネット関係の設置や接続はわたしの役目でしたが、カフェの方は全部部息子が設定をしてくれるので助かっています。しばらくコンピューターに関わる仕事をしていたので息子にとってはお手のもののようです。

また昨晩京都から帰ると娘がカフェのテーブル選びをしていました。妻が横からちょっかいを出していましたが、娘には明確なイメージがあるらしく、親の意見は簡単には通りそうにありません(笑)。

親はいつまでも子供達を、いつまでも子供だと思っているのですが、小さく弱かった芽はいつの間にかしっかりと育っているようです。カフェのオープンを通して、子供達のお手並みを少し離れて楽しませてもらえるのは幸せなことですね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

第1回京都歌声ペトラ

130418
X-E1 XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS 55mm ISO400 1/2000秒  f5.6

今回の京都での宿泊はインターネット設備のないホテルです。しかし昨日部屋でMacBook Airを開けるといくつかのフリーWi-Fiが飛んでいました。駄目もとで接続してみるとOKだったので、こりゃあラッキーというわけでひと仕事をすることができました。

しかし今朝は同じフリーWi-Fiの姿はあるものの接続ができません。どういうわけかはわかりませんができないものはできません。

以前ならば「ありゃ〜」というかネット接続ができないホテルは敬遠していたのですが、先日iPhoneのテザリングを契約したので、今回は本当に駄目ならテザリングでいいやというわけで余裕なわけです。

ところで昨日のHさんの前夜式では、歌う前のトークで涙してしまいました。最近とみに涙もろくなったというか、もう恥ずかしいです。

Hさんは以前から京都で歌声ペトラをしたいと言っていたんです。式が始まってから気がつきましたが、昨晩は関根先生もいるし、萩原ゆたかさんもいるし、わたしたち夫婦もだし、期せずして第1回の京都歌声ペトラになった感じでした。

2曲目に歌ったのは生前のHさんのリクエストで先月の歌声ペトラの曲「やがて御国で」でした。少々迷いましたが列席のみなさまに手拍子をしていただいたんです。それがとても自然でHさんを送るのにはぴったりでした。もちろん前夜式での手拍子なんて、後にも先にも今回だけの特別な事になるでしょう。

今日は告別式に出席してから帰ります。写真は昨日の中央道駒ヶ岳SAで撮りました。今回は忘れられない京都の旅になりそうです。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

いてくれてありがとう

130418
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO400 1/125秒  f5.6

今日は先日ブログにも書いたHさんの前夜式と告別式に出席する為に京都へ出かけます。わたしたち夫婦と歌声ペトラの仲間、萩原ゆたかさんと3人で車の旅です。

以前はひとりで車に音響機材とギターを積んで和歌山まで走ったことがありましたが、ここ最近では関西まで車で出かけることはめっきり少なくなりました。

式では2曲ずつ歌わせてもらいます。音楽葬というわけではありませんが、皆さんの歌声を合わせて送る式となりそうです。

実は先月お見舞いに行った時に、奥さんからエンディングノートなるものを見せてもらいました。Hさんが自分で書いた旅立ちの為のノートです。

そこには友人代表に「岩渕まこと」と書かれてありました。そして葬儀で歌う曲も指定されていました。もちろん相談を受けたわけではありませんのでHさんの中で決まっていたこと、描いていたこと、信じていたことなんです。

これだけ信じられたら人は動かされますね。本来今日はTCUでのギターレッスンの2回目なので行くことは無理だと思ったのですが、大学に相談したところ日程を調整をしてくださるとのことで行けることになりました。

信じるとどうやら道は開かれるようです。今日の京都行きもそうですが、Hさんの闘病から召天を通して「信じる」ということを改めて教わったような気持がしています。本当に「いてくれてありがとう」です。

「いてくれてありがとう」  歌声ペトラ78 詞 関根一夫

   いてくれてありがとう こんな私と一緒に
   いてくれてありがとう あなたのほほえみ
   言い尽くせない 感謝をこめて
   いてくれてありがとう
   いてくれてありがとう 涙流したときにも
   いてくれてありがとう あなたのはげまし
   言い尽くせない 感謝をこめて
   いてくれてありがとう

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

一家をドナドナ

130417
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO400 1/1000秒  f4.0

デジカメ愛好家がメーカーを乗り換えるという事を時々聞きますが、まさかの自分がメーカー乗り換え者になりました。

以前も書きましたがマニュアルカメラに興味を持ち、フイルムで写真を撮っていた時に、OLYMPUSのE-410というマニュアルカメラ的な雰囲気とサイズのカメラに一目惚れしてしまい、デジタルに舵を切りました。

それ以来OLYMPUSのカメラをとっかえひっかえしながら使い続けてきました。最後にたどり着いたのはマニュアル一眼レフの姿をしたE-M5です。携帯性や見た目はもちろんの事、オートフォーカスをはじめとした性能もとても優れたカメラです。2月のイスラエル旅行では大活躍をしてくれました。

今年に入ってFUJIFILMのX-E1を手にする機会がありそのカメラらしさに好感を持ちました。わたしの言うカメラらしさと言うのはマニュアルカメラっぽいということです。大体はサイズ、質感、重さ、操作性ですかねえ。

以前から画質が良いと言う事でFUJIのカメラには興味を持っていましたが、見た目や操作感が何となく好きになれずにずっとパスしてきました。

ところがX-E1でそれがストンと腑に落ちてしまったわけです。そして小遣いをはたいて購入。最初はE-M5に比べると少し物足りない絵だなと思いましたが、次第に「良いなあ」と思うようになりました。簡単に言うと写真らしいということです。あのフイルム時代の写真の風情があるんです。写真的に言うと柔らかい絵ということになります。

その後はX-E1で撮る事が多くなりました。ある日E-M5で撮ってみたところ、その絵を見て「こりゃあ違う」と思ってしまったんです。「違う」というのは絵が駄目なのではありません。自分の実力よりも良く撮れているというのが正確なところでしょう。

もうE-M5は使わないなと思ったせっかちなわたしはOLYMPUSとFUJIの間で気持が引き裂かれるのが辛くて、OLYMPUS一家をドナドナしてしまったというわけです。ここまで一緒に歩いてきた愛するOLYMPUSを今後ほったらかす事になるのが忍びないという気持もありました。

今はX-E1と3本のレンズ、以前から持っているGRDⅡというシンプルな機材構成になりました。趣味なのに肩の荷が下りると言うのは変ですが、身辺がスッキリして気持が楽になったような気がしています。そろそろ機材ではなく写真に集中してみればということですかねえ。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  5月
14日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

浸かる

130416
X-E1 SIGMA ULTRAWIDE 24mm f2.8 ISO400 1/500秒  f5.6

昨日はFEBCの番組「歌と笑いとおしゃべりと〜歌声ペトラの風」の収録でした。放送は毎週木曜日の夜10時10分頃からですが、最近はネットで聴いている方が多いようですね。

番組は10分強のサイズで関根一夫先生(Kaz)とわたしのトーク、そして歌声ペトラの曲を聴いてもらっています。

オンエアー音源はCDはもちろん、まだCDになっていない曲の会場録音音源などもありますので、ニッチな感じが好きな方にはなかなか面白いのではないかと思います。

昨日は4本の番組を収録しましたが我ながら面白いなあと思った内容がありました。それは「浸かる」ということです。

例えばギターを上達したいという場合に、沢山のギター演奏を聴くということが良い影響を与えます。いやっちゅうほど聴いてみると聴こえてくる音、見えてくるギターがあります。

そんな話をしたらKazが「英語も同じなんだよ」という話をしてくれました。Kazがオーストラリアのバイブルスクールで学び始めた時に、英語、特に会話はまったく駄目だったそうです。会話の受け答えは「ウ〜フ〜、ア〜ハ〜」だけだったというのですから驚きです。

しかし英語だけの生活を続けて3ヶ月目に英語の夢を見たそうです。夢にはお母さんが登場して英語で話しかけてきたそうです。答えはやはり「ウ〜フ〜、ア〜ハ〜」だったそうですが・・・(笑)。

しかしその頃から何故か英語で話される内容が聴こえてくるようになり、会話ができるようになったそうです。わたしは「そもそも単語力があったんでしょう」と言うと単語力はごくごく普通の大学生レベルとの事でした。

スピードラーニングのコマーシャルを時々目にしますが、本気で浸かれば話せるようになるかもしれないですね。

さあ今夜は本家歌声ペトラです。19時からお茶の水クリスチャンセンターB1です。ちょうど「横田めぐみ」写真展が5Fで開催されているのでそちらに寄ってから地下へも良いですねえ。

写真展は入場無料です。おっと歌声ペトラも入場無料(カンパ有り)ですよ。もちろんカンパは完全自由カンパですので気になさらずにお出かけください。Ustreamでの中継も予定されています。

今日の楽譜やUstream情報は歌声ペトラのサイトからどうぞ。
http://utagoe-petra.net/index.html

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

GOOD BYE FAREWELL

130415
X-E1 SIGMA ULTRAWIDE 24mm f2.8 ISO200 1/125秒  絞り値不明

今朝メールを開くと、ひとりの方が天に召されたという知らせが届いていました。ここ数年重い病で闘病し続けてきたHさんという方です。彼はは元々関東在住でしたが、2年程前に奥さんの実家のある京都へ転居しました。

Hさんは「まこと応援団」の強力なメンバーであり、特に関西に住んでからは至る所でわたしの情報を拡散してくれていたようです。また歌声ペトラの常連で、本家歌声ペトラの最前列に、ほぼ指定席?と思われる席があった程です。

彼のことは独身時代から知っていて、多分歌声ペトラで結婚することを聞き、その後病を得た事を知りました。

彼のことを思うと浮かぶのは「純粋無垢」という言葉です。信じる事にも、ある意味疑う事にも純粋だったように思います。

わたしはそんな彼に受け入れてもらえたのか、会う度に親しい笑顔をプレゼントしてもらいました。わたしのちょっとブラック目な冗談にもいつも「ニヤ!」っとしてくれました。闘病中も「本当にそんな大変な病気なの?」と思う事があるくらい、超然として病と闘っていました。とにかく不思議な力の持ち主でした。

3月の入院からはベッドの上での生活になり、自由もなくなって辛く苦しかったことと思います。今は痛みのない天国で、あの笑顔が戻っていることと思います。もう「まこと応援団」のチラシは配っていないと思いますがね。

歌声ペトラ131番を彼に贈ります。

「GOOD BYE FAREWELL」 作詞 関根一夫

GOOD BYE FAREWELL また会う日まで
伝えたい言葉はありがとう 心に燃えるあなたのまなざし
GOOD BYE FAREWELL また会う日まで 神の御手に支えられ
GOOD BYE FAREWELL 愛を 愛をこめて

GOOD BYE FAREWELL また会う日まで
振り向けばそこには笑顔 心に残るあなたの励まし
GOOD BYE FAREWELL また会う日まで 神の恵みたたえつつ
GOOD BYE FAREWELL 愛を 愛をこめて

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

カタカタ

130414
X-E1 SIGMA ULTRAWIDE 24mm f2.8 ISO200 1/125秒  f5.6

最近はもっぱら新しく手にしたFUJIのX-E1で撮影する事が多くなりました。この間1度だけOLYMPUSのE-M1で撮った日がありましたが、どうやらFUJIの絵作りがすっかり気に入ってしまったようで、E-M1の絵に「ふ〜ん・・・」という感じになってしまいました。

2月のイスラエル旅行はE-M5で撮り、気に入ったカットも沢山ありました。しかしある時テレビを観ていたら「E-M5は上手に撮ってくれるカメラ」的な事を言っていた人がいて、確かにアートフィルターに代表されるようなアートな、というかポップアート的な絵作りが得意ですし、アートフィルターを使っていない時でも、しっかりとした凝縮した感じの絵が生まれてきます。イスラエルの写真を見ても確かに「腕以上だなあ」と言えば腕以上な写真です。

FUJIのX-E1で撮り始めた時には少し物足りない絵作りのようにも感じたのですが、暫くすると全体の絵の忠実さというか表現されているものがとても優れているということがわかってきました。

X-E1はある意味撮る人の腕以上には撮れないのですが、それが逆に「写真」の原点を思い起こさせてくれるすばらしいカメラだと思うようになりました。

ところで以前からM42というスクリューマウントのレンズを何本か持っていますが、X-E1で使うためにマウントアダプターを買いました。実験的な事なので中国のKIPONというメーカーの安価なマウントアダプターです。

昨日届いたので早速レンズを装着してみましたが、多少カメラとのマウント部が小さくカタカタと動く感じがあり、値段相応なのか、返品すべきなのか迷いましたが、今朝のBoogieの散歩にお試しで持ち出してみました。

レンズはSIGMAのULTRA WIDE 24mm f2.8です。このレンズはとある中古カメラ屋さんで買いましたが、価格は確か4000円くらいだったと思います。

FUJIのXFレンズと比べるために先日撮った近所のチューリップを撮ってみました。トップの写真がSIGMA、次の写真がFUJIです。

130414b
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO400 1/125秒  f2.8

FUJIの方は雨降りでしたので光が違いますが、SIGMAもなかなか良い感じです。X-E1に付けるとフイルム換算36mmで、最短撮影距離が20センチ弱なので、なかなか重宝するかもしれません。

とううわけでマウントアダプターはカタカタ言わせながら使う事にします。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

自筆、寝落ち、スゴイ!

130413

昨日の「歌う、観る、聴く」のスペシャルな1日は心地良い疲れを伴って過ぎてゆきました。

午前中の横田めぐみさん写真展のオープニングセレモニーでは横田早紀江さん作詞の「コスモスのように」を歌わせていただきました。この曲が生まれたのがめぐみさんが拉致をされて30年になる2007年でしたからもう6年が過ぎようとしています。

めぐみさんの写真展はわたしにとって初めてでしたので、セレモニーの前に展示物を拝見しました。その中にめぐみさん自筆の文章があり、それを目にした時には胸に込み上げるものがありました。

普段のわたしたちはニュースで接する拉致問題ですが、多くの方々に写真展に足を運んでいただき、リアルな、現実の出来事として再認識していただくことが解決への力になると思います。わたし自身その事を再確認させられた時間でした。

夜にはジムクエスキンジャグバンドのコンサートに行く事にしていて、セレモニーは午前中に終わりましたので、午後の時間がまるまる空きました。1度家へ帰るという選択肢もなくはないのですが、何と言っても家が遠いのがネックです。

というわけで午後は映画を観に行く事にしました。妻が観たい映画のトップがレミゼでしたので、丁度良い上映時間の六本木ヒルズのコンプレックスに行く事にしました。車は御茶の水に置きっぱで地下鉄です。

映画の始まりまで時間があったのでヒルズをブラブラ。妻に「手でもつなぐ?」と言ってみたら「何を冗談言ってるの!」と一括されました(笑)。

でレミゼラブルですが、始まって10分位までは感動しました。その後の展開はクリスチャンのわたしにとってはドストライクな内容なのですが、結末をなんとなく知っていたり、朝が早くて眠かったせいもあり、途中何度か寝落ちしてしまいました。もちろん妻は感動していましたし、面白い発想の映画だと思いましたよ。

その後は日本橋へ移動してジムクエスキンジャグバンドのコンサートです。わたしの場合マリアマルダーがやジェフマルダーがお目当てでしたが、コンサートを聴きながらジムクエスキンの存在あっての彼らだったんだなと改めて思った次第です。

なんと真ん中前から3列目の人生最高に良い席で聴く事ができて、ギタープレイその他をしっかりと見ることもできました。

とにかく幸せな気持になったコンサートでした。自分のルーツのような音楽ですから当たり前と言えば当たり前ですが、超ベテランミュージシャンの力の抜けた凄腕は「ウマイ」とか「アタラシイ」とかいうとではなく「スゴイ!」ことだと改めて思いました。そしてそれは「カッコヨカッタ」です。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

歌って、観て、聴く

130412megumisan

今日から御茶ノ水クリスチャンセンター5Fで横田めぐみさんの写真展が開かれます。連日北朝鮮がミサイルを発射するかもしれないという怖いニュースが報道されている中、拉致被害者の方々のお気持ちはいかばかりかと思います。

写真展は29日まで開かれますが、今日の午前のオープン式典の中で「コスモスのように」を歌わせていただきます。北朝鮮の体制が変化して今後の情勢がどうなっていくのかいくのかわからない中、一日も早い解決を願うばかりです。会場はお茶の水駅から徒歩1分ですので皆様おでかけください。

実は昨年から、今夜はあるコンサートへ行く予定にしていました。それは「ザジムクエスキンジャグバンド」の東京公演です。わたし的には若い頃によく聴いたいたジェフとマリアマルダーを生で聴けるのは嬉しいですねえ。もちろん他のメンバーもすごいです。

130412band

というわけで午後の時間が空くので妻のリクエストにより映画を観る事になりました。多分レミゼに行くことになりそうです。午後からはデートという感じですかね。

歌って、観て、聴く1日。こんなの初めてですね。では行ってきます。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

ギターレッスンスタート

130411
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO200 1/1000秒  f5.6 +2.0EV

今日から東京基督教大学でのギターレッスンが始まります。今年は何人ぐらいが履修するのかなと気にしつつ準備をしてきましたが、昨年に比べると大分人数が減りました。

まあ昨年が多過ぎたという事がいえるかもしれませんが、人数が減った原因も真摯に受け止めつつ、今年も自分でできることを精一杯分かち合っていきたいと考えてています。

昨年との変化は既成のギター教則本から自前のテキストに変えたという事です。ここ10年程のレッスン経験や教則DVDの制作を通して得たものや、基督教大学という特徴に合わせた教則テキストを作りました。これが演奏力の上達と実践に役立つテキストとして、功を奏する事を願っています。

ところで昨日、昨年よりも履修者が少ないことを知った時に正直ほっとしました。昨年は約7時間弱みっちりとレッスンが入っていましたので、家を出かける時には頭が充血したような感じになっていましたが、今年は3時間程のレッスンになるので良い意味で楽な、というか気負わずに出かけることができそうです。

このギターレッスンが新しく始まって2年目の今年が、自分にとっても大学にとっても、ギターレッスンの存在意義を問われる大切な年になるでしょうね。おっとまた大げさに構え過ぎましたかね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

ネット接続の保険

130410
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO400 1/1000秒  f8

昨日ソフトバンクの契約をテザリングできパックに変更しました。テザリングは前から興味がありましたが、一定の通信料を超えると速度が遅くなるなどのマイナス面もあるので、これまで使わないでできました。

が、一昨日息子のiPhoneがテザリング契約をしていて、特に不便を感じる事がないし2年間は無料だよ、という情報を知り、テザリングについて聞こうとソフトバンクに電話をしました。

そうしたら本人確認ができればその場で契約変更ができるシステムになっていて、簡単に番号ボタンをひとつ押しただけでテザリングが可能になりました。ある意味よく考える暇もなくというか、なんとなくというかテザリング利用者になってしまいました。

それにしてもおかしなもので、どこでも気軽にネットに繋げるなと思った瞬間に、何かが自由になりました。河原でも、公園でもネット接続ができるとなれば、気分次第では外に出て文章や音楽をクラウドを使いながら作業する事が可能になったわけです。

ところでいったい何から自由になったんでしょうねえ。Wi-Fiが飛んでいなければMacが使えないという不便さは、完璧な便利な生活を100だとして考えてもほんの1〜2パーセント程度の事なのではないかと思います。

それでもその1〜2パーセントが改善されただけで自由を感じるとは、自分も意識の底で便利さを求めている事を知りました。誰かに「いや〜いわぶちさんはそれを追求している塊でしょう」と言われそうですね。

デザリングはまあネット接続の保険というところですかね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

小さなゴミ袋

130409
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO400 1/60秒  f5.6

わが家の辺りは火曜日と金曜日が生ゴミの日です。ゴミを出すのは大体わたしの役目ですので、今朝もそれなりに重いゴミ袋を出しに行きました。

途中で普段あまり会ったことのない方と出会いました。その方はわたしよりも少し年上の感じの男性で、スーパーのビニール袋ひとつに入れた生ゴミを手にしていました。

歩くのが少し不自由なのか道を渡る時に少し慌てたのか、サンダルが脱げかかってちょっとつっかかった感じでした。ゴミの量からみても多分一人暮らしをされているのだと思います。

これまでゴミの分量を見てその人の暮らし向きを考えたことなどありませんでしたが、今朝は初めてゴミ袋を見てそのゴミが語る暮らし向きを考えました。

もちろんゴミを多く出す暮らしとそうではない暮らし方があるわけですから、ゴミの分量だけで家族が多いとか少ないとか、ましてや裕福だとか貧しいだとか言えるわけではありません。

まあ一般的にみればゴミが多い家の方が家族も多く、消費活動も盛んということが言えるのではないかとは思いますが・・・。

その方と軽く朝の挨拶を交わしながら、その手の小さなゴミ袋を見て考えました。

きっと自分も近い将来小さなゴミ袋を捨てにくるようになるんだろうな。いや小さなゴミ袋を手にしているのはわたしではなく妻だな・・・、などなど。

ある意味人は毎日小さく死んでいるのだと思います。不思議ですが小さな死を重ねながら人間は人になっていくような感じがします。

小さなゴミ袋は一見淋しい姿に見えますが。抱えきれない程の大きなゴミを抱えながら生きているよりはずっと美しいことです。

わたしは小さなゴミ袋をルンルンと出せる年寄りになりたいなあと考えた朝でした。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

それがなかなか

Dscf1345
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO400 1/125秒  f2.8

昨日はあご髭を剃ったのに妻が気がつかなかった、ということを書きましたが、昨日は結構いろんな人に会ったのにも関わらずだれも髭の事にはふれませんでした。

女性が髪を切るのにはそれなりの決意のようなものがありそうですので、昨日会ったみなさんは「男が髭を剃るなんて余程のことに違いない」とそれにふれないようにしてくれていたのかも知れません。

あるいはわたしの髭はあまりに顔に馴染み過ぎて、ただの陰影にしか見えていなかったのかもしれません。「あれ岩渕さん今日は陰がうすいなあ・・・」みたいな。

まああれこれ妄想に走るのはこれぐらいにして、多分真相はあご髭が大分白くなっていたので顔に溶け込んでいたからでしょう。2番目の妄想にほぼ近いのだと思います。

それから肝心なのは髭を伸ばしている本人ほど回りの人は髭に興味がないということでなのでしょう。これは生きることのけっこう良いヒントになりますね。

時々「自分はあの人にどう思われているだろうか」と思い悩む事がありますが、実は「なんとも思われていない」、というあたりが正解なのかもしれませんね。

そしてなんとも思われていないということが寂しいことではなくて「普通だ」というところに落ち着けば人生楽になりますね。

でも実際にはあれこれ思われているわけです。問題は口なんでしょうか、目なんでしょうか。目は口程に物を言うですから両方なんでしょうね。

口は剃れないし目も剃れないし、こればかりは上手にコントロールするしかないようですが、それがなかなかですよね。

髭を剃ったことへの周囲の反応があまりに肩すかしで、今朝はちょっと変なわたしです。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

あ〜!

Supermoon

先月プライベートで京都に行った時の事なんですが、ホテルに1泊した朝にふと「髭を剃ろうかなあ」という気がしてきたんです。

髭と言っても全部じゃなくてあご髭の方ですがね。でもその時は結局踏みとどまって剃るのは止めにしました。

わたしの髭遍歴は高校生にさかのぼります。誰の影響かははっきりとしませんが、当時のフォーク系もロック系も髭をはやしたミュージシャンが多かったのでその影響なんだと思います。

その後は1、2度、冗談で剃ったことがありましたが、ずっと鼻の下の髭はお顔の友達でした。

あご髭を伸ばし始めたのは25年程前の長女の手術の日からでした。丸1日以上かかった大手術でしたので、終わった時にはわたしの髭も伸びていました。それをそのまま伸ばし始めて大分経ちました。

その後東日本大震災の後に鼻髭とあご髭のくっついていたところを剃って鼻の下とあご髭を分離させましたが、気付いてくれた人はほとんどありませんでした。

で、昨日の夕方に「あご髭を剃ろう」という思いが再燃して、なんとなんとついに決行いたしました。

剃った後に妻がすぐ気付くだろうと思っていましたが、なかなか気がつきません。夕食を食べながら面と向かっていても気がつかないじゃあありませんか。

その後娘が帰ってきたので、気がつくだろうなと思いましたが、これまた気がつきません。「今まで髭を伸ばしていたのはなんじゃったんじゃい!」ですよね。

気が付くまでずっと黙っていようかとも思いましたが、なんとなく落ち着かないので就寝前に「なんか変わってない」と妻に言いました。一瞬?、二瞬?の沈黙があった後に「あ〜!」と驚きの声が上がって、無事「チャンチャン」ということになりました。

結局今はどうなっているかというとデビューアルバムの顔に35年をふりかけてもらえばイメージしてもらえるかもしれませんね。

妻からは一応「若く見える」というおことばをいただきました。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

機械は人が楽しむ為にある

130406
X-E1 XF 35mm f1.4 R ISO200 1/1000秒  f5.6

昨日のブログに写真撮影のマニュアル露出設定の目安になる「感度分の16」ということばを書きましたが、それをさらに適応しやすくした「感度×10分の5.6」という目安もあります。

これはISO感度×10のシャッター速度ということですから、ISO感度100ならば1000分の1秒のシャッター速度、400ならば4000分の1のシャッター速度ということになります。

f5.6は絞りの開け閉めを表す数字で、絞り開放がf1,4の明るいレンズだとすると、4段絞ったところがf5.6になります。

わたしが「感度分の16」ということがを初めて知ったのは写真家の「渡部さとる」さんの著書を読んでからです。たしか渡部さんはいつもISO感度400で撮っているともどこかで読んだ気がするので、ひとまず久しぶりのデジカメマニュアル撮影に際してはISO感度400を基準にしようかなと思い立ちました。

絞りはというとこれまた写真化の木村伊兵衛さんは絞りをf5.6に決めていて、撮影に出かける時にまずその日の明るさを露出計で測ってシャッタースピードだけを決めていた、というようなことも読んだ気がするので、絞りはf5.6でいってみようかなと思っています。

FUJIのX-E1を手にするようになってから、久しぶりに同じ被写体を絞りを変えて撮影してみました。その時のレンズはフジノンのXF35mm f1.4でしたが、結果f5.6は前後のボケ具合の描写が良い感じだなと思いました。

最近自分的には楽しい事が減ったなあと思っていたのですが、知らず知らずのうちに機械任せになっていて、楽しみを機械にもっていかれていた的なことがあるのかもしれません。

Macとデジカメに囲まれた生活をしているわたしが言うのもなんですが、iPadが便利な紙であるように、デジカメも優れたアナログカメラだ!というアプローチもありだなと思いました。機械は人が楽しむ為にある、ということですよね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

全マニュアル

130405
X-E1 XF 35mm f1.4 R

昨日FEBCからの帰りに、久しぶりに最寄り駅からわが家までを歩いてみました。普通に歩いて30分強の距離ですが、昨日はデジカメX-E1をぶら下げてぶらぶらと歩いてきました。

普段の撮影する時は絞り優先モードで撮っているのですが、昨日はふと全マニュアルで撮ってみようと思い立ち、感度を設定し、絞り、シャター速度を決めて、もちろんマニュアルフォーカスでシャッターを押してみました。

以前マニュアルカメラで撮っていた時にはこうして撮っていたのにも関わらず、すっかり勘をなくしてしまったような感じで、まず露出の設定がままならず、思った通りの絵になりません。

何枚か撮っているうちに感度分の16のいうフレーズをを思い出しました。「そうだそうだ」と思ったものの、それがどんな事だったかが正確に思い出すことができませんでした。家に帰ってから早速感度分の16で検索をしてみると幾つかのサイトがヒットしました。

どういうことかというと晴れた日のお昼頃に野外で写真を撮る場合の露出の決め方は、ISO100だったらば100分の1のシャッタースピードで絞り値が16という事なんです。ISO400ならば400分の1のシャッタースピードで絞り値が16ということです。

X-E1はマニュアルカメラと同じでシャッタースピードの100分の1とか400分の1はないので、近いスピードの250分の1とか500分の1を使って絞りを微調整するということになります。

最近はカメラまかせで撮っていることが長かったので、感度分の16を元に色々と頭の中で計算を始めたら脳が充血してくる感じでした。でもこの撮り方の方が平均的じゃない写真が撮れるのが楽しいですね。

写真に限らず、なんでもかんでもすっきり答えがでれば良いというもんでもないですよね。これからはX-E1はマニュアルで、E-M5は絞り優先のオートフォーカスで撮る、という使い分けも良いかなと思い始めました。

写真は全マニュアルで撮り、めずらしくしっかりとトリミングをしました。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

大切なあなた

130404ban

先日車のタイヤを夏タイヤに履き替えました。走行距離は購入から4年と少しで8万キロを越えています。いきつけの車屋さん走行に関わるメンテはこまめにやってきたので、大きな故障もなく頑張ってくれています。

しかし外側はだんだん傷が多くなってきました。乗りはじめの頃にわたしが後ろのバンパーをこすってしまい、これじゃあみっともないというのでバンパー交換をしたくらい奇麗に乗ろうとしていたのですが、そのうち駐車場で傷をつけられてしまったり、自分で壁にこすったりと、傷が増えてきてしまい、簡単に交換して直るという感じではなくなってきました。

最近ではカフェの内装用資材を運ぶことが多くなり、半ばトラック状態になっていました。運転も家族が交代で頻繁にするようになり、つい最近、脱輪、スーパー駐車場内での軽い接触、単独接触などが続きました。まあ大げさにいえば満身創痍ということでしょうか。

130404und

そんな愛車のタイヤ交換とオイル交換をしながら、なんとわたしの中に車に対する不思議な愛情が芽生えてきました。見た目は傷もあるしピカピカという感じではないのですが、「頑張ってくれているなあ」という「大切なあなた」的な気持が芽生えてきたのです。これは車を持つようになってから初めての事だと思います。

車屋さんから「20万キロまでは大丈夫ですよ」と太鼓判も押してもらったので、「20万キロを目指してこれからも一緒に走ろうな」、なんてちょっと思い始めています。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

あってもいいけど、なくてもいいんだ

130403

わたしのブログは@niftyが運営しているココログです。ほぼMacBook Airから投稿することが多いのですが、旅に出てMacがなかったりWiFiが飛んでいなかったりした時にはiPhoneから投稿をしていました。

ところがiOSのアップデートに伴ってココログのアプリが立ち上がるは立ち上がるんですが、投稿画面に行こうとすると落ちる、という現象が続いていました。

ところが先日アプリのアップデートのお知らせにココログのアプリも入っていたので早速アップデートをしてみたところ、iPhoneでもiPadでも投稿ができるようになったようです。「ようです」というのは実際にはまだ投稿をしてないものですから一応「ようです」にしておきます。

アプリが落ちるようになったのがいつかを考えてみると、わたしがiPhone5に変えた昨年の9月末からということになります。アップデートまで実に半年弱の時間がかかったわけです。

普通アプリを作っている所では、次のiOSのバージョンが出るのに合わせてアプリもアップデートするのが普通ですが、ココログのサイトには「当分その予定はありません」みたいな事が書いてありました。これは最近の、というかネットの世界では相当珍しいことです。そしてすっかり忘れた頃にアップデートをしてきたわけです。

しかし考えてみるとAppleの都合にみんなが必死で合わせているというのもおかしいと言えばおかしいとも言えるわけです。力関係が違えば、Appleの方が「今度バージョンを変えますが、アプリ開発者の皆様よろしいでしょうか?」とお伺いを立てるなんていう可能性もゼロではありません(そんなOSを誰も使わないかあ・・・)。

まあアプリ開発の世界はまったく知りませんので、それぞれ事前に通知があって、その為のプログラムのが配布などもされているのだとは思いますが、ある意味半年も変えなかった@niftyも大したもんだなと不思議な感動?のようなもをおぼえましあ。あのAppleに楯突いたみたいな感じでしょうかね。

とどのつまり便利なものはあってもいいけど、なくてもいいんだ、くらいにしておくのがちょうど良いのかもしれません。そういう自分は音楽も文章も写真もみんな電気仕掛けですがね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

誰がこんなに

130402

昨日のブログを読んで下さった方がFacebookの方にコメントをくださいました。ご本人の許可はいただいていませんが、すでに公に掲載されたものなのでそのコメントを皆様にご紹介します。発災直後の浜通の方々の様子を知ることができます。

以下がそのコメントです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩渕さんが原発事故の当地である大熊町の現況について記載してくださいました。ありがとうございます

大熊町は3月12日、各地区の集会所に避難するよう命じられました

わたしたち町民は、それぞれの地区の集会所に集まりました。でもこの時は、集会所に余震が収まるまで、数日避難するのかと思っていたと思います。

私の住んでいた地区も集会所は当然そんなには大きくないので外待ちです。バスがくると言うことですが、道路が壊れているため迎えない、ということで2.5キロ先の町役場まで徒歩であるいていきました。

その時、どうやら西に逃げろ、ということだけがささやかれていたのです。

町役場も自身で建物内も散乱していましたから、町民のほとんどは外で長蛇の列になって待ってました。

ピストン輸送のバスは数時間かけないと戻ってこず、乗る順番がくるまで、外で待っていました。

着のみ着のまま、買っていたペットたちの鎖を付けたままで…

受入先もわからない、各避難所はすでに満杯、何度も断られ、やっと夜受け入れてもらえました。

でもその後も受け入れができず夜中にやっと受け入れてもらえた町民もいます

私たちは避難先のテレビでこれが原発事故による避難だったと初めて知りました。

大熊町だけでなく、双葉町、富岡町、浪江町、楢葉町、川内町、その他浜通り地区…

ひとりひとりが誰がこんなに長い避難になると思ったでしょう…

書ききれないほどの大きなものを私たちは失ってしまいました。

今もどこに視点を持ち、どこに落ち着いたらいいのか、まだまだわかりません

でもたくさんの方の愛に支えられています。ありがとうございます

皆さんの心の片隅でいいので祈り心の片隅に覚えてくださったらうれしいです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「誰がこんなに長い避難になると思ったでしょう」。この言葉に胸がつまりました。もしわたしがこのような中を通されたとしたら、心にどんなトラウマが残るのか想像ができません。

昨日のブログのタイトルは「途方に暮れて当たり前」でした。会津で出会った方々が口々に「自分は途方に暮れている」と話されていたわけではありません。つとめて明るく振る舞っておられた、というのが正確なところです。

しかしその心の中はどうなのだろう、という思いからあのような言葉が出てきました。発災直後は誰も今のような事になるとは思っていなかったのです。降って湧いたような災難、それも人生を大きく変えてしまうような・・・。

一時「フクシマ」という表現を目にした事がありますが。特別な事情を抱えた「フクシマ」が幸せな暮らしのできる「福島」へと戻る事を、わたしたち自身が忘れることなく願い、支援し続けていかなければならないのです。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

途方に暮れて当たり前

130401train
X-E1 XF 18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS

わたしが会津へ初めて行ったのは小学校の修学旅行でした。当時の仙台の小学校は大体が会津へ行ったんじゃないかと思います。白虎隊の墓や鶴ヶ城を見学して、お土産に木でできた刀を買って帰りました。ちゃんと鞘付きの刀だったので、腰に付けて武士になったようなつもりで抜き差しをしては遊んだものです。

大人になってからも会津へは何だかんだと伺う機会がありました。ご承知のように福島は会津地方、そして福島市や郡山市のある中通地方、そして原発のある大熊町や富岡、南にはいわき市のある浜通地方です。

同じ福島とはいってもそれぞれの地域で気候も文化もおそらく言葉も違う事と思います。ですから浜通の大熊町から避難してこられたみなさんにとっては、会津での暮らしもなかなか慣れなくて大変ではないでしょうか。

130401kasetu
X-E1 XF 18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS

また同じ大熊町の仮設住宅でも大小様々、幾つかの地域に分かれているようです。それぞれの仮設住宅同士の交流はほとんどないようですし、同じ仮設の中であってもそうそう行き来があるわけでもないでしょう。

また東電から被災者の方々に出ている保証は毎月ひとり10万円で、家族構成を見れば補償額もわかってしまいます。「あそこは幾らもらっている」というようなことから、人間関係がぎくしゃくしないとも限りません。

また会津自体決して景気が良いわけではないので求人も少なく、地元の方でさへ仕事を探すの難しい中、避難して来られた方々にとってはなおさらのことでしょう。

今は保証金でなんとか生活ができたとしても、それがいつまでも続くわけでもありません。以前の町、以前の仕事に戻れる目処もたたない中、福島で被災された方々は「途方に暮れて当たり前」という厳しい状況にあります。

福島はまだまだ沢山の支援が必要とされています。そして長い支援が必要だと感じさせられた今回の旅になりました。

130401sunsetkasetu
X-E1 XF 18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS 夕方の仮設

ところで福島で歌う事が多くなって、福島の有名な歌はないかなと考え始めましたが、それがなかなかないんですよね。「会津磐梯山」とか「相馬盆歌」とか、子供の頃にお祭りで聴いた民謡しか思い浮かびません。

文部省唱歌の「汽車」は常磐線を歌った歌だという説がありますが、それも定かではないようです。

また震災後に復興支援の歌が作られた事は知っていますが、みんながくちずさめる福島の歌が生まれてきたら良いなと思います。もしもすでに福島のみなさんの愛唱歌をご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

130401bandai
X-E1 XF 18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS 帰りの電車から磐梯山

そうそう、今回のコンサートの音響を担当して下さった方はわざわざ遠いいわきから来てくださいました。今度はいわきへの道が開かれるかもしれませんね。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

新譜 北上夜曲 好評発売中

CDジャーナル試聴コメント→CDジャーナル
=========================================================
歌声ペトラ
  4月
16日 お茶の水 OCC B1 Start 19:00
       Ustreamはこちらから→クリスちゃんねる
=========================================================

楽譜がダウンロードできる音楽専門館はこちら音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »