« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

今週末のライフラインに出演

20130620dscf4499_3
X-E1 XF35mm f1.4R ISO200 1/750秒 f6.4 +3.3EV

先月「ライフ・ラインのつどい」で歌うために約10日間ほど北海道各地を回りました。函館に始まって室蘭、苫小牧、札幌、帯広、旭川、美幌、釧路と全道を巡る旅でした。最終日の釧路ではライフ・ラインの収録もあり、そのコンサートの模様が今週末に放送されます。

以下がそれぞれの放送局のタイムスケジュールです。

HBC(北海道放送)      8/4(日)5:00am

ATV(青森テレビ)       8/3(土)5:00am

FTV(福島テレビ)       休止(FNS27時間テレビのため)

BSN(新潟放送)          8/3(土)5:30am

GTV(群馬テレビ)      8/4(日)7:00am

TVS(テレビ埼玉)       8/3(土)8:00am

tvk(テレビ神奈川)      8/4(日)8:30am

CTC(チバテレビ)       8/3(土)7:00am

SDT(静岡第一テレビ)8/3(土)5:00am

BBC(びわ湖放送)       8/3(土)8:00am

KBS京都                         8/3(土)6:30am

SUN(サンテレビ)       8/4(日)7:00am(大阪・兵庫)

OTV(沖縄テレビ)       8/3(土)5:30am

わたしもひとまず録画しておこうと思います。そうそうCDのプレゼントもあるそうですのでご覧いただいた方は奮ってご応募ください。

写真は美幌から釧路へ移動する車内から撮った屈斜路湖です。


=========================================================

父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

SAMYANG 8mm f2.8

20130730dscf6171
X-E1 SAMYANG 8mm FISH-EYE
f2.8 ISO400 1/60秒 f8 0EV

先週の火曜日からいろいろと予定が続いていたので、今日は朝に必要な仕事はすませてあとは休みにすることにしました。

今朝のBoogieとの散歩はX-E1に魚眼レンズを付けて出かけました。オリンパスのOM-5を使っていた時にも魚眼レンズを持っていましたが、X-E1ではいらないなあと思っていたところ、写真家の海老原勇人さんの富士山を撮った作品がもの凄くてやっぱり欲しくなってしまいました。それはこちら→富士山

早速いつのもカメラ屋さんをネットで検索してみると、欲しいなと思っているブラックのレンズはすでに売り切れで、メーカーでも在庫切れと表示してありました。

つい先日まではあまり動かない感じでしたので、おそら上記の富士山を見たマニアが買いに走ったんだと思います。

いろいろと調べた結果、大阪のカメラ屋さんに在庫があることがわかりました。送料がかかりますがそれはしょうがありません。

ということでSAMYANG 8mm f2.8のブラックを手に入れました。手元の届いてから天候がすぐれないのであまり撮る機会がありませんが、はやく青空の下で撮りたいなと思っています。写真は今朝撮ったひまわりです。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

ワンダフルワールド

1075854_181576168686473_1100355614_

今日は牧師であり画家である大寺俊紀先生の個展のトーク&ライブに出演します。会場はお茶の水クリスチャンセンターのJギャラリーで、今日から8月10日まで開催されますのでお近くにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。


絵というと思い出すのは中学生時代の美術の時間でのこと、何時間かかけて風景画を描いたのですが、わたしが描いた絵は図面のような、設計図のようなものでした。

ある友人は屋上から見た町並みを、今思えばロマンチックな筆遣いで描いていました。わたし的にはぼんやりとした絵だなあと思ったのですが、その絵が先生の目にとまって良い評価をもらっていたようでした。確かに今思えば中学生離れした良い作品だったと思います。

最近思っていることのひとつに、教育の中では比較的に軽んじられている感のある、音楽や美術などの科目をもっと重要な学びとして位置づける必要があるのではないかということです。

どれだけ知識を持ったとしても、計算能力を高めたとしても、それを管理する力を育てなければ片手落ちだと思うからです。そしてそれは音楽や美術などの表現を育てる分野にあると思うのです。

娘の脳腫瘍の手術をしてくださった先生は趣味でチェロを弾かれていました。その先生とお話をした時に、自分は気分転換にチェロを弾いているのではなく、チェロを通して拡がる音楽の世界を感じていないと良い手術ができないんです、とおっしゃっていたのが印象的でした。

また美術に造詣の深いある方は、ご自宅のにある絵画と会話をする、そうすると自分が見えてくる、とおっしゃっていました。美術も音楽も深みに漕ぎ出すと見えてくる、聴こえてくるすばらしい世界があります。それはすてきなワンダフルワールドです。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

午後は岩沼

20130727dscf6113
X-E1 SAMYANG 8mm FISH-EYE
f2.8 ISO1600 1/30秒 f8 -1.33EV

今日の午後は仙台の少し南に位置している岩沼市の仮設住宅へお邪魔して歌います。会場は星の杜東集会所で15時からです。

大震災から3度目の夏を不自由な暮らしを強いられたまま過ごしておられる方々がまだまだ大勢いらっしゃいます。わたしが歌う事で少しでも気分転換をしていただくことができたら、そんなに嬉しい事はありません。

今日はフラダンスのチームも踊るようですので、華やかなコンサートになることだと思います。

東北応援団 LOVE EASTでは今後の活動のひとつとして音楽レッスンの提供を計画しています。今は岩手の沿岸部で無料のウクレレレッスンを月1回程度開けたらと考えているところです。

ウクレレといえばやはりハワイです。このウクレレレッスンでハワイと何かコンタクトがとれないかと模索しているなか、ハワイ在住の友人、N牧師が橋渡しとなってくれて、あるウクレレメーカーの社長さんとコンタクトをとることができました。

社長さんは被災地でのウクレレレッスンのアイデアに共鳴してくださり、いろいろと支援をしてくださることになりました。

詳細はこれからですが、被災地でのウクレレレッスンの夢が少し進んだ感じです。

さあ今日はどんな出会いがあるのかを楽しみに岩沼へ出かけます。お近くの方はお気軽にお越し下さい。

写真は昨日栃木県を通過中に撮りましたが、この後に激しい雨になりました。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

クラシックとポピュラー

20130702dscf5022_3
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO1250 1/125秒 f8 0EV

TCUでの夏期教会音楽講習会は今日が最終日になりますが、昨日まででわたしの担当を終えたので昨晩、一足先に失礼して帰ってきました。

今回わたしが担当したのがギターレッスンとPAの講義です。講習会に参加されている方々の多くはクラシックの分野で教会音楽を学び続けてこられた方々です。その中にギターとPAが加えられたことは大きい意味があります。まあPAの講師がわたしだということはひとまず横に置いてのことですが・・・。

ところで今回の講習会を通してわたしが初めて知ったことがありました。それはパイプオルガンで賛美歌の伴奏をする際の大切なポイントが会衆の声を聴きながら、会衆に寄り添い、時には支えるように演奏するということです。

ポピュラー系の新しい賛美歌の伴奏の場合はどちらかというと、演奏する側の個人なりバンドがしっかりと演奏をし会衆を導くというスタンスです。ざっくり言えば一般的なコンサートの舞台と客席の関係に似ているかもしれません。

今回このことが浮きぼりになったのがPAの講義を通してと言ってもいいかもしれません。それはこの講義がプログラムの中にあるので、PAのことを話題に出しやすくなったという面があるように感じたからです。

そんな中で気付かされ考えさせられたことは、パイプオルガンでの賛美歌の伴奏の際にPAはどのようなスタンスで関われば良いのか、クラシカルな伴奏の学びをしてきた方と、ポピュラー系の伴奏をしてきた方がはたしてひとつになって賛美歌の伴奏をすることは可能なのか、などなど教会音楽に関わっているはしくれとしてとても悩ましい幾つかのことがはっきりと浮かび上がってきました。

これはクラシックの演奏者、ポピュラーの演奏者、PAエンジニアの3者、あるいは教会も交えての4者がよくよく考えなければいけないことだと思います。まずは互いを良く知り合うというステップが必要です。わたしは教会音楽講習会が今後クラシックとポピュラーを取り持つ仲人になれれば素晴らしいと思いました。また教会のみなさんには演奏者達がそんな葛藤の中にいることがあるかもしれない、ということを心にかけてもらえたらと思わされました。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

講習会2日目

20130629dscf4940
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 128mm ISO200 1/640秒 f4.4 0EV

今日もTCU教会音楽アカデミー主催の夏期教会音楽講習会で講義とレッスンです。講義はPAの講義なので、準備が大丈夫かどうかが何となく気になって早くに目が覚めてしまいました。

講習会に参加されているほとんどの方はクラシックの分野の方々なので、音響機材を使ったコンサートはあまりしませんし、音響機材に関してのレウチャーを聞く機会があまりなかった方がほとんどです。

昨日わたしも講義を受講していたのですが、そこでも音響機器についての質問が出ていたくらいですので、どうやらニーズは高いようです。

気になってPAの講義を受講する方の人数を聞いたところ、なんと50人位になるだろう、とのことでしたので、さらにわたしの個人的な焦りが増幅しました。

急遽ミキサーのコントロール部分をスクリーンに映し出してもらうようにお願いしましたので、何とか50人の方への対応ができるかなというところです。

午後には2回目のギターレッスンです。こちらは約3時間程の時間が割り当てられていますので、昨日に引き続きじっくりと受講者それぞれに必要な事をあぶり出していきたいと思っています。

ところで私自身この講習会に参加するのは初めてのことです。やはりクラシック系の学びが中心であることで、自分には縁遠いというかお邪魔?的なイメージがあったのですが、わたし自身初めて参加をし講義の受講もし、とても貴重な学びをすることができました。

今後はポピュラー系の方々がもっと参加しやすいイメージ作りもしていただいて、クラシックとポピュラーが出会える講習会となっていけばすばらしいと思いました。

さあPAの講義をガンバロウ!

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

夏期教会音楽講習会

20130722dscf5896
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO1250 1/125秒 f8 0EV

今日から東京基督教大学 教会音楽アカデミー主催の夏期教会音楽講習会へ講師として出かけます。パイプオルガンやリードオルガン、声楽にピアノとクラシックのジャンルが並ぶ中に今年から突然登場するのがギターレッスンとPAの講義です。

今年で42回を迎えるこの講習会もこれまでは伝統的な楽器を中心とした教会音楽の学びを提供してきましたが、今年からギターとPAが加わることになりました。

ギターとPAを担当するわたしには荷が重すぎますが、せっかくポピュラーの分野に開かれようとしている教会音楽の学びを、スタートの段階で失速させてはいけませんので、わたしにできることを精一杯させてもらおうと思っている次第です。

教会は本来保守的な面を持っていますが、反面クリエイティブな面も兼ね備えています。特に音楽においてはバッハなどに代表されるようにその面が顕著ですし、ポピュラー音楽のルーツにも黒人霊歌や教会のクワイヤーの影響があると言われています。

ところで現在のわたしたちキリスト者はどうでしょうか。暮らしぶりは現代的で新しく見えても、そこにクリエイティブなエネルギーや発想を蓄えているかと言えば疑問です。

それは単に保守的になっていると言うよりも、実は全体的にどこか低調だと言うことかもしれません。これは単に今風の音楽スタイルかどうかと言うことではなく、教会の外へ影響を及ぼすようなクリエイティブがあるかどうかということです。

3日間半缶詰め状態になって、もう一度自分のキリスト者としての立ち位置やクリエイティブについて思いを巡らすのも良いことだと思います。それは講習会の参加者のみならず、教えるわたし自身にも問いかけられている課題です。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

ラジオ好き

20130605_dsf3497
X-E1 XF35mm f1.4R ISO200 1/1800秒 f1.4 -1EV

わたしが最初にラジオに関わったのは高校時代のことでした。当時仙台で結成していたMUSEというバンドが東北放送のミドリヤ7という番組に毎週出演させてもらうようになり、オリジナル曲の「シャボン玉」がローカルヒット的な感じで盛り上がりました。

そのおかげで当時「走れコータロー」がヒットしていたソルティーシュガーの前座として番組のイベントに出演させてもらったりしたこともあります。そうそう「高一コース」のグラビアに取り上げられたり、まじにレコードデビューの話もあったんですよ。

その後のラジオとの関わりは23歳くらいの頃だと思うんですが仙台のNHK FMで毎週土曜日に放送されていたリクエストアワーという番組で1時間の枠をいただいていました。番組のタイトルは「岩渕まことの獣ジョッキー」。マジか!というタイトルですよね。

この番組では視聴者から募集した詩に即興で曲を付けるコーナーがあったのですが、僕がレコードデビューすることになって番組から離れる事になり、次のパーソナリティーのさとう宗幸さんが同じく募集した詩に作曲したのが「青葉城恋歌」なんです。方や獣ジョッキーですから何か面白いですよね。

その後はデビューした後のキャンペーンでラジオやテレビ出演がありましたが、自分の番組を持つことはなくなっていました。

何年か前に福原尚虎さんとの番組を持っていましたがそれからはとんとご無沙汰だったんです。

それが昨年から関根一夫先生と一緒に「歌と笑いとおしゃべりと〜歌声ペトラの風」という番組を持たせていただくようになりました。当初は半年の予定でしたが好評につき半年延長になりました。そしてまたま半年が過ぎていよいよ今日が最後の収録となります。

わたしは元々ラジオ好きな人間です。それはおそらくことば好きということかもしれません。

1年間一夫先生と一緒にことばの世界を旅しながら、いろいろなことに気づかせられてきました。ラジオ収録は思いの外、心を注いでしまう時間なので、それが終ってしまうのはとても淋しい思いがします・・・、なんて言っていても最後は最後なので楽しく収録をしてきますよ。

放送自体は9月くらいまで続きます。それまではぜひFEBC毎週木曜の午後10時15分にチャンネルを合わせてくだいね。もちろんネットでも聴けます。「FEBC 歌と笑いとおしゃべりと」で検索してみてください。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

CP80

130723

ギンイロヒコーキコーヒーハウスには3つのセクションがあります。まずはベーカリーですが、何故最初にベーカリーが登場するかといえば、ベーカリーを担当している娘の「小麦菓子を焼ける場所が欲しい」というひと言からギンヒコがスタートしたからです。

そんな中以前から気になっていた空き物件に賃貸の看板が付いたので、不動産屋さんに条件を聞いてみると、あまり無理しなくても維持できそうな条件であることがわかり、全てが始まったわけです。

そこに以前からカフェを開きたいと考えていた息子夫婦も加わって、一緒にカフェを開くことになりました。

わたしはというとMAKOTO BOXの事務所とギターレッスンができる場所が欲しいと思っていたので、これまた条件が合っているわけです。というわけで三者三様の願いが合体して始まったのがギンイロヒコーキコーヒーハウスなのです。

ベーカリーとカフェは5月末にオープンしましたが、それだけでてんてこ舞いで、ギターレッスン他のカルチャーレッスンはなかなかスタートできずにいました。

今はギターの個人レッスンが始まったところですが、これから「初心者の為のウクレレ」や「子供音楽レッスン」「ベビーマッサージ」「カリグラフィー」と拡げていく予定です。

カルチャーレッスンの場所はカフェスタジオと呼んでいる1Fのスペースなのですが、昨日そのこ往年の名器であるエレクトリックピアノのCP80が設置されました。

これは在る方のご好意によって寄贈していただいたのですが、実際に弦を鳴らして音を出すピアノですので、カフェスタジオはレンタルもしていますので、個人のピアノレッスンや小編成のコーラス練習にも使っていただくことができます。

これから秋に向けてカルチャーレッスンの方も充実させていきたいと考えています。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは MAKOTO BOXまで。
singanewsong@cmail.plala.or.jp

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

「?」な生き方

20130722s0165940
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO400 1/30秒 f8 0EV

朝日新聞の集計によると昨日の参議院選挙の投票率は52.61%で戦後3番目に低い投票率とのことです。今朝のワイドショーを見ていたら落選した候補2人が「本当は引退することも考えていた」と言っていたのが印象的だったのですが「だったら出馬しないで欲しい」と思うのはわたしだけでしょうか。

こういう候補の発言を耳にすると、投票率の低い原因は政治家にもあるなと思いました。20代、30代の人達が年寄り達が並ぶ選挙に興味がわかないのも無理がありません。

反面、そんな中で山本太郎候補のように若者の指示を集め当選を果たした候補のことを考えると、政治低迷の中でも突破口はあるようですし、そのひとつは若返りなのではないかと改めて思いました。

ところでこの「若返り」ということばは自分自身にも突きつけられる問題です。わたしは今年で還暦になりますが「ステージで歌いながら死にたい」なんてことは思ったことがありません。そんなことをされたら関係者に迷惑ですし、聴衆もいい感じはしません」。

昨日の笑点で、司会者が年寄りの医者に「大丈夫ですか?」と質問をして、それに答えるというお題が出されました。

その答えのひとつに「わしゃあ手術中に死ねたら本望じゃ〜」というのがありました。場内は大笑いでしたが、なかなかうんちくのある答えだなと思いました。

若返りと同時に必要なのが年寄りの生き様かもしれません。「自分はまだまだ若いから若者と一緒に何かをしよう」などという錯角と迷惑は足下に置いて、「これが年寄りの行き方だ〜、ざま〜みやがれ」くらいなちょっと「?」な生き方をした方が明るくポップで良いのではないかと考え始めています。

若者はそんな年寄りを「ギャフン」と言わせるようなことを、政治でも音楽でもやってみせるってのはどうですか。さあ「うざったい年寄りになるぞ〜」。

写真は今朝撮ったもので、近くの木で子育てをしているアオバズクです。真下からなのでなんだかわからないと思いますが、昨日も同じ場所にいました。アオバズクもけっこう「?」ですねえ。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

反省をしつつ1票を

20130721dscf5857
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO400 1/125秒 f5.6 0EV

昨日のミクタム設立35周年アニバーサリーは懐かしい仲間との再会もあり、ミクタムならではという顔ぶれと内容でした。

わたしは夫婦で「パラダイス」を歌った他に、ミクタムバンドでも2曲ギターを弾き歌いました。曲は小坂忠さんの「君が輝けば」と「全てが美しい」です。

どちらの曲もはほぼ20年ぶりくらいに歌いましたが、どちらの曲も忠さんとのデュオ時代に1000回くらいは歌っているはずなので、不思議なようにスルっと演奏できてしまいました。

このことからもミクタム時代の出来事が自分の中にいかに蓄積されているかということがわかります。日本のコンテポラリーゴスペルの世界を牽引してきたミクタムがこれからどんなゴスペルを生み出してゆくのかを楽しみにしたいと思います。

ところで先日7月2日のバックインタウンでのライブの振り返りをしつつ、新ユニットのメンバーでミーティングをしました。そこで9月の頭にギンイロヒコーキコーヒーハウスで完全アンプラグドのライブをしよう、ということになったのですが、カフェスペースは二重窓にはしていないので、ライブの時の簡易防音をどうするかを考えなければいけません。

窓にウレタンみたいな物をはめ込めば何とかいけるのではないかと思っているのですが、どうでしょうかね。近々その辺の実験をして、ライブが可能と判断できたら正式に告知をさせてもらいます。

さて今日は選挙ですね。わたし的にはやっと誰へ、どこへ、投票するかが見えてきました。最近は投票率の低い選挙が続いていますが、投票しないことはある意味時の政権を信任したことと同じですから、投票をしないことの責任もあると思います。

そういうわたしも若い頃には「選挙なんて誰を選んでもどうせ何にも変わんないからいいや」と投票をしていなかったので大きなことは言えませんが、原発、震災復興、年金、国際情勢、憲法改正などなど今の日本は問題が山積みです。

わたしの若かった頃とは違って、お上まかせにはできない時代だと思います。実はこれまでお上まかせにしてきた結果が今の問題を生んでいると言うこともできます。ですから今日はその反省をしつつ1票を投じてきます。孫の世代が幸せに暮らせることを願って。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

ジョイフルバンド

20130531_dsf3399
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO200 1/480秒 f2.8 0EV

昨日は初めての歌舞伎観劇をしてきました。これまではどことなく敷居の高いイメージのあった歌舞伎でしたが、演じられている内容は庶民的なわかりやすいストーリーで、元々は庶民の楽しみだったんだろうということが窺い知れました。

今日は日本のゴスペルミュージックシーンに大きな影響を及ぼしたレーベル、ミクタムの創立35周年の記念イベントで歌ってきます。

80年代前半には小坂忠さんをサポートする「ジョイフルバンド」というユニットがありましたが、今日はその1日再結成?でもあります。メンバーのひとりひとりは今では多方面に活動をしていますが、久しぶりの演奏で多少緊張しているかもしれません。わたしもそこに加わってギターを弾き歌います。

今日はひょっとしたら同窓会的な感じになるのかもしれませんが、なんだか面白そうです。

ミクタム 35周年セレブレーションはどなたでもお出でいただけますよ。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

初歌舞伎

20130715dscf5808
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO400 1/1700秒 f4.8 +0.33EV

今週は生まれて初めてをふたつ経験します。ひとつ目は火曜日に行った寄席。そして今日は歌舞伎です。

歌舞伎は以前から観てみたいと思ってはいたものの、なかなかきっかけがありませんでした。しかし今回はいろいろと思いがけない事が重なって、観劇のチャンスをもらいました。

寄席は演奏旅行帰りだった事もあり気楽な気分で行きましたが、歌舞伎となるとドレスコードは?とか観劇の仕来りは?とかいろいろ気になります。

調べてみるとどうやらそんなに気を使わなくても良いようですが、他の方の迷惑にならないようにある程度お洒落をして、初心者らしくしていようと思います。

今年は4月のカルメン観劇に始まって、寄席、歌舞伎と初めて続きです。おっと家族でカフェ&ベーカリーを始めたのも大きな初めてです。

何となく、普段の生活から抜け出す為には、遠くへ行かなければならないように思いますが、いつもの通り道で知らない角をちょっと曲がってみるとそこに小さな冒険が待っているように、遠くへ行かなくても非日常はいろいろとあるものです。

カルメンも、寄席も、新しい驚き、感動がありましたので、今日も本当に楽しみです。その気になりやすい性格なので帰りは話す口調が変わっていたりして・・・。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

今日は家で

20130629dscf4940
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 128mm ISO200 1/640秒 f4.4 0EV

今日は久しぶりに外へ出る予定がなく自宅で過ごす事ができます。今朝は1週間ぶりにBoogieの散歩へ出かけました。

木曜はギンヒコが朝7時からオープンしていますが、側を通り過ぎたら店の前にバイクが止まっていました。どなたかお客様がいらっしゃるようなので関係者として少しほっとしました(w)。

ところで今月はギターのレッスンの機会が多い月です。昨年リリースしたギターレッスンDVDも少しずつですが売れ続けているので、その影響もあるかも知れません。

ギンヒコでのギターレッスンもぼちぼち始まっていますが、個人レッスンが中心となっていますので予定さへ合えば単発のレッスンも可能です。

それから初心者の為のウクレレレッスンも予定しています。こちらの講師は関根一夫先生。ウクレレと関根先生に興味のある方にとってはおいしい企画だと思います。月2回木曜日の午後に開く予定ですので気軽にお問い合わせください。

なんだかのんびりと宣伝になってしまいましたね。

=========================================================
父の涙やGOD BLESS YOUなどの楽譜がダウンロードできます。
ピアノ伴奏譜もあります。
音楽専門館にアクセスして曲名で検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

八つぁん

20130711dscf5610
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO400 1/1000秒 f8.0 0EV

昨日は出雲空港を朝の9時30分に飛んで11時に羽田へ着くスケジュールでした。夜の歌声ペトラの入りが5時なので、それまでの6時間をどう過ごすかが問題でいろいろと考えていました。

最初に考えていたプランは一度家に戻るという案です。しかし家までは片道2時間程かかります。どうしても帰らなくちゃいけないわけでもないので、無駄といえば無駄だしほぼ得る物のないプランです。

次に考えたのがカメラ屋さんを回るプランです。その為にはスーツケースとギターを預けなければなりません。

調べてみたところ東京駅に手荷物預かりがあることがわかりました。大きな荷物もひとつ500円で預かってくれます。しかも改札の中なので移動の途中に預けてまた電車に乗れるようになっているので、これは相当便利です。

しかしカメラ屋さんに行くことは、自ら危ない橋を渡ることであることはわかっています。

飛行機が飛び立ってから機内で演芸のチャンネルを聴いていたところ、ひとつのアイデアが閃きました。それは「寄席へ行く」でした。

実は大阪で時間のある時に何度かNGKへ行ったことがあるのですが、東京で寄席へ行ったことがありませんでした。

東京駅に荷物を預けてから近いのは上野の「鈴本演芸場」だと思い、早速調べてみると、昼席はなんと12時半から4時半までじゃあありませんか。まさに時間的にドンピシャリです。

羽田から東京駅で荷物を預け、上野で立ち食いの冷やしたぬきをかっ込んで、鈴本に着いたのが12時25分。席はけっこう空いていたので真ん中の真ん中に座ることができました。

落語を楽しんだのはもちろんですが、思いの他「凄い」と思ったのが曲芸。あの傘の上でボールを回したりするやつですが、舞台の出から入りまでの姿が全て美しく「良い物を見せてももらった」という気持ちになりました。

NGKと寄席の違いは何だろうと考えてみると、そのひとつは「所作を見せている」ということなのかもしれません。

舞台で演じられる中身はもちろんですが、それに付いてくる所作の美しさを味わう。

初めての寄席は「こんなあっしでも風情を楽しむ、なんてことに首を突っ込ませてもらえたいい時間だったなあ、八つぁん」。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

ウクレレなペトラ

20130628dscf4761
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO400 1/950秒 f5.6 +1.67EV

わたしの音楽のルーツの中に少しだけ登場した楽器がウクレレです。小学生でギターに出会いましたが、指が痛くて弾けず、しばらくウクレレを弾いていました。

当時ピート・シーガーの「Were have all the frowers gone」、花はどこへ行った、をウクレレで弾いていたことを覚えていますが、あの頃は普通のラブソング(ラブソングということばも知りませんでしたが・・・)だと思っていたので、歌うのが少し恥ずかしかったように記憶しています。

さて今日は本家歌声ペトラの191曲目のご披露です。実はわたくし、先日からウクレレに最接近し始めまして、今回はウクレレで歌うことをイメージして作曲をしました。

メロディーを先に作りましたが、そのメロディーに合わせて作詞された詩は「いのちの花を咲かせ」というタイトルでした。これまたハワイを連想させるようなタイトルだなと思いました。

歌声ペトラも来年には200曲になります。当初の目標の1000曲にはまだまだですが、ぼちぼち楽しみながら作り続けていきたいと思います。

今夜お時間のある方は御茶の水クリスチャンセンターB1へお越し下さい。遠方の方はこちらからUstreamで参加できますのでぜひぜひ一緒に時間を過ごしてください。

スタートは7時です。自宅で晩ご飯を食べながら参加、なんてのもありですよ。

Ustreamは歌声ペトラのサイトからリンクしています。→歌声ペトラ

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

プロテクトフィルター

130715
iPhone5

今回の出雲、米子への旅にはレンズのプロテクトフィルターを自分にとっては最高級なフィルターに替えてきました。

それまではごくごく低価格のプロテクトフィルターを使っていましたが、京都、金沢のの旅の途中でふと画質低下が気になり始め、あれやこれやと調べ始めました。

ネットでは画質が気になるという人から、気にならないという人まで様々でしたので、当たり前ですが自分で撮り比べてみました。細かな文字を撮ってみると結果はそれなりに違っていました。

それで旅先から高級フィルターを注文し、自宅で届いていたフィルターに付け替えて出雲へ飛んできたわけです。

高級フィルターでも同じ結果だとがっかりなので、恐る恐る新しいフィルターの有りと無しのカットを比較してみたところ、安価なフィルターの時のような明らかな違いはありませんでした。正直「ホッ!」ですし、やっぱり違うもんなんだな〜ということがわかりました。

写真は羽田から出雲へのフライトからの富士山です。こんなに青く撮れたのは初めてです。

20130711dscf5555
X-E1 XF35mm f1.4R ISO400 1/2000秒 f6.4 0EV

久しぶりの出雲、米子の旅も今日で最後となりました。窓の外は雨ですので写真を撮れるタイミングはあまりなさそうですね。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
 ピアノ伴奏譜もありますよ。こちらにアクセスして検索。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

サッカロマイセスセレビシエ

130714
iPhone5

先日Podcastでラジオを聴いていたところ、ライターの池田浩明さんという方が出演していて「サッカロマイセスセレビシエ」という著書からのお話をしていました。とても興味深かったので早速購入して旅に持ってきました。

「サッカロマイセスセレビシエ」とはラテン語らしいのですが、意味はパン酵母だそうです。で、この本は「東京200軒のパン屋を巡る冒険」と帯に書いてあるように、東京を中心とした関東エリアのこだわりのパン屋さん約200軒を探検した感動日記のような内容です。

そのパン屋さんの中には、ギンイロヒコーキコーヒーハウスでベーカリーを開いている娘がお世話になったパン屋さんも登場しますし、ギンヒコのプレオープンに駆けつけてくださった方のお店も登場しています。

本の帯の裏表紙側にはこのように書かれています(以下帯からの引用)。

「サッカロマイセスセレビシエ」とは何か?

美味しいってどういうことか。
パン作りをはじめてからそのことしか考えていない
(シニフィアン・シニフィエ/志賀勝栄)

当たり前のことを当たり前にやってて、特別になっていく。
(ル バン ドゥ ジョエル・ロブション/山口哲也)

自己表現であり、糧でもあり、存在価値。うまいもん作れないんだったら、やりたくないもん。
(ブーランジェリー セイジアサクラ/朝倉誠二)(引用終わり)

3人のパン職人さんの方の言葉ですが、パンを作ることのみならず、他の創作活動やわたしたちの普段の生活の何かに関わってくる良い言葉だなと思います。

パンといえば日本人には欠かせない食べ物としてその地位を不動にしていますが、そのパンにもいろいろあって、この本に登場してくるパン屋さんのように、人が食べるのに「良い」ものにこだわり、地域の「必要に応える」ことにこだわり、あたかも生き物である酵母と共に「成長し続ける」終わりのないパン作りの旅を続けている職人さんがいます。わたしはこの本を通してその姿勢に感動しました。

そしてギンヒコのベーカリーもこういう方々の影響とご指導の中に在るということが改めてわかり、なくてはならないもの、なくしてはならないものを大切に、ベーカリーもカフェも在りたいと思わせられました。

パンって不思議な食べ物ですね。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
 ピアノ伴奏譜もありますよ。こちらにアクセスして検索。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

日本一おいしい水

最近ホテルに泊まる時にはペットボトルの水を買うのが当たり前になっています。

随分前にウーロン茶のペットボトルが発売された時、お金を出してお茶を買うということに少なからず抵抗感を感じたものです。しかし今ではお茶どころか水を買うのも当たり前になっています。

今泊っている米子のホテルのプレートにこんなのがありました。

130713
iPhone5

「日本一おいしい水」ってなかなかの自信だと思います。もちろん成分を調査した上でのことでしょうから、本当にそうなのだと思います。

昨日米子に着いてから大山山麓にあるお蕎麦屋さんに連れて行っていただきました。とても美味しいお蕎麦でしたので、店主の方に「おいしいですね」と感想をお話ししたら、「水が良いですから」という答えが返ってきました。

20130712dscf5786
X-E1 XF35mm f1.4R ISO1600 1/15秒 f5.6 -3.3EV

こちらのお店は「遊登里庵」というお店で宿泊もできる個性的なお店です。昨日の奥出雲葡萄園もそうでしたが、この辺は個性的な良質のお店が多いのかもしれませんね。

ところでホテルの水道水ですが、飲んでみると確かになんの臭みもなく美味しい味でした。水を誇れるって良いですねえ。人の70%が水でしたっけ?良い水が出る場所で暮らすのは人生レベルで考えるとそうとう身体に良いかもしれないですよね。

そういえば米子で出会う人達はみんな元気だなあ・・・。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
 ピアノ伴奏譜もありますよ。こちらにアクセスして検索。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

奥出雲葡萄園

昨日は奥出雲のワイナリー、奥出雲葡萄園のレストランで昼食をごちそうになりました。出雲空港から高速を使って30分程のところにあり車で行けばそう遠い感じではありません。

辺り一面緑の中に突然現れた奥出雲葡萄園の方いわく「いちばん小さなワイナリー」だそうです。

ランチをオーダーしましたが、「ズッキーニを採りに行っているので少し時間がかかります」とのこと、しばらく待って運ばれてきたのがこちらのプレートです。

20130711dscf5616
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO400 1/250秒  f2.8 0EV

プレートのひとしなひとしなはそれぞれが丁寧に仕上げられていて、とても楽しめました。とくにこのみごとなズッキーニのフライは、ズッキーニとオイルとの相性がいかに良いかを楽しめる歯ざわりと味でした。お肉もとてもおいしかった・・・。

さてさてデザートですが、桜の塩漬けのジェラートとのこと、ほんのりとした塩味の向こうに桜が香る、お料理と言った方が良いような初めての味でした。

20130711dscf5618
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO400 1/250秒  f2.8 0EV

外はギラギラの夏でした。園内のロバをパチリ。

20130711dscf5638
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO400 1/480秒  f2.8 +3.3EV

奥出雲葡萄園には宿泊施設もあるようなので、何か特別なお祝いにまた来てみたいと思わせられる素敵な場所でした。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

爪を研いででかけようかニャ〜オ

130711
iPhone5 わざわざお見せするようなものではございませんが・・・。

昨日は金沢から家に帰ってから右手の爪の手入れをしました。最近グラスネイルというネイル用品を使って爪の補強をしているのですが、今のところ特に問題はありませんし、演奏的にはなかなか良い感じです。

以前グラスネイルを使っていた方が、自爪が薄くなってしまったので使用を止めた、と言っていたのが少し気になるのですが、昨日は自分も多少自爪が弱くなってきたような感じがしました。

でもグラスネイルを使い始める前は何年間も手入れをしていなかたので、正確なところはまだわかりません。

ただ以前より演奏時にも手入れをしている時にも、爪に負荷、負担をかけていることには違いありませんので、何らかの影響が出てくる事はあり得ますよね。

それにしても家に帰って真っ先に爪の手入れをするとは「猫」になったような気持ちです。わたくし時々「ニャ〜オ」になっているのでございます。

今日からは久しぶりの出雲、米子、平田へ出かけてきます。ギターを教える時間もあるので頑張らなくちゃですね。さあしっかり爪を研いででかけようかニャ〜オ。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

肩の荷

20130708dscf5293
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO400 1/55秒 f6.4 +1EV

昨日は金沢のホテルで時間があったので、最近気になっている事を調べていました。それはカメラのレンズに保護フィルターを付けることが「どうなのか?」という事です。

わたしはこれまでレンズを保護する為に何も躊躇せずに保護フィルターを付けてきました。ところが今モニターをしている望遠ズームレンズにはフィルターがありませんので、レンズを汚さないように注意しながら使っているのですが、それはそれで今のところ問題がありません。

仮に保護フィルターを使わないようにするとして、レンズが汚れた時のクリーニングの事も調べてみましたが、それはそれで用品もありますしクリーニングの仕方を掲載しているサイトもありました。ただこれは相当精密な感覚が必要な印象を受けました。

何故保護フィルターを付ける付けないを考えるかと言えば画質劣化が少なからずある為です。これまた調べてみると気にならない程度ではあっても確かに劣化はあるようです。

それを比較しているサイトもあり、フィルター有りと無しでは確かに微妙に違っています。というわけで悩み考えた末に、今の安価な保護フィルターを止めてそれなりの保護フィルターに付け替えることにしました。

せっかちな私ですのでホテルの部屋からAmazonへオーダーして、今日家に帰って受け取れる時間に届くようにしました。出雲、米子へは新しいフィルターで出かけるぞ!

こうやって普段から肩の荷を自分で背負い自分で降ろすわたしなのです。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

余計

130709
iPhone5

今回の旅は新幹線で神戸へ行き、帰りは金沢を経由して帰って来るという、ぐるっと回るコースです。

細かい話になりますが、神戸へ行く場合は東京と西明石の往復乗車券の方が神戸との往復よりも割引率の関係で安くなります。今回はぐるっと回るので安くできないかなと思い、駅で指定券を受け取る際に調べてもらいました。

結果まずは基本コースを都内から米原、金沢を回って帰ってくる経路にして、米原から新神戸と神戸から京都、京都から近江塩津で基本コースに戻るコースが安い事が判明しました。

係の方には面倒くさい事をお願いしているので申しわけないなと思いましたが、鉄道関係者は鉄道マニアである場合も多く、楽しそうに調べてくれました。

というわけで今回は沢山チケットを持っての旅となったのですが、ひとの性質て面白いですねえ。

わたしは細かいお金の無駄遣い?をしたくない性質で、短い区間の高速道路に乗るのを躊躇したり、移動のチケットやホテルは一応安くしたくなる性質です。

安い方が良いというのは誰でもそうかもしれませんが、その為にかかる時間や面倒臭さをどこまで耐えられるかが肝です。

この性質のおかげでわたしは余計な時間やエネルギーをミニ節約に費やしていることになります。まあそれで満足しているんですから「余計」ではないのかもしれませんがね。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

キム・ナンドタイム

130708
iPhone5

旅にはいつも本を持って出かけます。わたしはブックカバーを2つ持っていて、ひとつは単行本用のオレンジ色のカバー、もうひとつはいろいろなサイズに対応している写真のシマシマのカバーです。

どちらのカバーも布製ですが、革製品に比べると格段に安いですし使い勝手も良いです。

このシマシマの方はいろいろなサイズに合わせて折り畳んで使う事ができます。本に手ぬぐいを巻いているような微妙な感じもありますが、慣れると手に触れた感じが良いですし、これはこれでけっこう気に入っています。

今回の旅に持って来た本はNHKの白熱教室で知った韓国のキム・ナンド教授の著書「つらいから青春だ」です。

大学生をターゲットにした金言集的な側面もありますが、教授として若者に向き合う中で苦悩しつつ紡がれてきた言葉がとても興味深いです。昨年からはわたしも大学生と接するようになったので自分の為の勉強にもなります。

今日は京都から金沢へ移動します。車中はキム・ナンドタイムかなあ。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

マニュアル

20130706dscf5142
X-E1 XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS 55mm ISO400 1/30秒  f5.6

先日のギンイロヒコーキコーヒーハウスでの写真撮影の時にカメラマン氏の言った「シャッタースピードが決まれば後は・・・・・」というひと言をわたしは「なんて格好良いんだ〜」と思ってしまいました。

わたしの撮影はほとんどが絞り優先モードで、絞りを決めてシャッタースピードはカメラにお任せで、露出補正をして撮るというスタイルです。

別にこのスタイルがおかしいわけではありませんが、なんでもかんでもこのアプローチというのは「格好良くないな〜」と思ったわけです。

で昨日はもう一度X-E1の使い方を研究してやろうと思い立ち、旅のバックに取り説を入れて出かけました。電車の中で目を通すとこれまで知らなかった使い方もあって、たまには取り説も良いなと思いました。

そして新幹線に乗って一眠りした後にゴソゴソとカメラを出して、「あ〜でもない、こ〜でもない」といじくってみました。シャッタースピードと絞りを自分で設定してピントまで合わせるフルマニュアルしてみたり、いろいろと試してみました。

X-E1というカメラは操作系が限りなくアナログのレンジファインダーカメラに近いので、マニュアルで操作するのにはとても向いているカメラです。

しかしシャッタースピードと絞りを自分で設定するのは多少頭を使います。特にISO感度がフイルムの時のように100〜400程度の範囲ではないので、オートではなく400とかに設定しておかないと結局何が何だかわからない内に撮ってしまうということになります。

今回の旅はISO感度を決めて頭を使って撮ってみる率を増やしてみようかなあ・・・・・、それが身に付いたら格好良いだろうなあ・・・・・、と思ってはみるもののやり切れるかが微妙な感じです「・・・・・」。

写真は新幹線の中出マニュアルで撮ったものです。ひとまずなんか面白い。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

全ては頭の中から

20130512_dsf2816
X-E1 XF35mm f1.4R ISO200 1/2200秒 f5.6 0EV

先日の宣材用に撮った写真のラフが上がってきました。今回撮影をお願いしたカメラマンのSさんには以前「横丁のジーザス」のジャケット写真や、35周年記念コンサートも撮ってもらいました。

「横丁のジーザス」は浅草の路上での撮影。コンサートは舞台照明の明かりだけでの撮影でした。

今回は初めてギンイロヒコーキコーヒーハウスの中で照明を使っての撮影です。Sさんとライティングでの撮影は初めてだったので、どんな感じにしてくれるのか楽しみしみでしたが、それぞれのカットがとても良い感じになっていました。

わたしが撮っているスナップ写真は散歩をしている時の行きがかり的な写真なので、「おや!と思った時にカメラのシャッターを勝手に切っているだけです。

しかし宣材用の写真のように用途が決まっている写真は、クライアントの要求を満たさなければなりませんし、ある意味要求以上でなければなりません。

その為には要求されている事を咀嚼して、仕上がりのイメージを持っていなければ撮る事ができません。

頭の中の画が実際のカットになるように、被写体のポーズを作り、明かりを作り、画角、シャッタースピード、絞り、ホワイトバランスを決めてゆきます。

優れた写真はまさにアートで、光の捉え方やコントロールの仕方に驚いてしまいますが、その仕上がりのイメージがカメラマンの頭の中から始まっているということに1番驚きます。まずは頭の中に画があるわけです。

実はわたしたちの暮らしもそれぞれの頭の中から始まっているのですが、普段はその事を意識しません。

今回の撮影を通して「全ては頭の中から始まっている」という事を改めて意識しました。

さあ今日から数日間旅になります。良い旅をまずは頭の中から始めましょう。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

明日から神戸、金沢

20130504_dsf2353
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO200 1/50秒  f3.2 0EV

明日からは数日間旅で神戸と金沢で歌って戻ってきます。旅の前にはどんなレンズを持って行くかを考えるのが楽しみのひとつです。

今は丁度FUJIFILMの望遠ズームレンのモニターしているので、まずはそれは持って行きます。望遠ズーム以外を標準ズーム1本にするか、はたまた単焦点レンズを2本にするかで悩んでいます。

先日の北海道は単焦点3本体制でしたので、今のところ標準ズームと望遠ズームの2本体制にしようかなという方に気持が傾いています。

ところで旅に出る時にはギター、スーツケース、ショルダーバッグの3点セットを持ち歩きます。列車の棚には乗りきらないので、車両の1番後ろのスペースに置くために、毎回車両の後ろの席を予約しています。

新幹線などは向きが決まっているので予約が簡単なのですが、たまに途中駅で進行方向が反対になる電車があります。

以前名古屋から金沢方面へ行った時には米原駅でそんなことになり、荷物の置き場所に難儀したことがありました。

最近はネットでチケットを予約をしておいて駅で受け取っていますが、列車によっては車両の端の席までは事前に予約ができても、前方の席か後方の席かまでは予約ができません。窓口で発券後に後方の席かどうかを確認して、前方の席の場合には後ろに変更してもらいます。

都内の主要駅では迅速かつ適切な処理をしてくれるので、間違いはありませんが、ちょっと田舎にある駅では処理がスムーズにいかずに、何人かが機械の所に集まってきて「あ〜だ、こ〜だ」という事態になったこともありました。

受け取りに時間がかかったあげく、列車に乗ったら進行方向が逆、なんて事もあったので、最近はとにかく主要駅でチケットを受け取ることにしています。

今回の旅はスケジュールがタイトじゃないので、少しのんびりした旅ができそうです。今日もゆっくり旅の準備をします。

=========================================================
「父の涙」や「GOD BLESS YOU」などの楽譜がダウンロードできます。
音楽専門館のサイトにアクセスして検索してください。
 音楽専門館
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

ギンヒコギターレッスン

20130629dscf4954
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 200mm ISO200 1/280秒 f4.8 +1EV

最近ギターレッスンに関わる事で興味深いふたつのことばを聞きました。まず最初は「まったくの初心者だから岩渕さんのようなベテランに教わるのは恐れ多い・・・」ということば。

もうひとつは熟年世代の方で、若い頃に欲しかった高級ギターを手に入れて弾きたいと思っている方の「ギターを習いたいけど若造には習いたくない・・・」ということばです。

どちらもそれぞれ「ふ〜んなるほど」という感じがしました。まあ前者は「上手い断り方」という事かも知れませんが、後者は実際に「そうかも」と思わせられました。

アコースティックギターがフォークギターと呼ばれていた時代、エレアコはなく、コンサートではマイクはギターの12フレットとサウンドホールの間当たりを狙って音を拾っていました。

その当時ギターはかき鳴らすものでしたし、スリーフィンガーピッキングとかカーターファミリーピッキングとか、ベースランニングとか特徴的な奏法を駆使して弾いていたものでした。

しかしエレアコが登場してから、アコギはエレクトリックギターに近いテイストを持ち始めて、かき鳴らすとうよりはバランス良く適度な強さで弾く、みたいな楽器に変わってしまいました。

ですからフォーク世代の方にとっては今の若手のギター弾きには習いたくない、という気持ちがけっこうわかります。同じギターですが別物と言っても良いかも知れません。

今日は知り合いのBさんがレッスンに来てくれます。「レッスンを受けようかな・・・」と言われた時に最初は冗談かと思いましたが、マジにレッスンを受けたいとのことで、今日がその初レッスンです。

カフェとベーカリーの方が落ち着いて来たタイミングでレッスンがスタートできるのは嬉しい事です。

今日はカフェもベーカリーも朝7時から夜7時までのフルオープンの日です。さあどんな1日になりますか今日も楽しみです。

=========================================================
岩渕まこと 神山みさのギター研究会DVD 好評発売中
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

ひと味違った熱い言葉

20130702dscf5032
X-E1 XF18-55mm f2.8-4.0 R LM OIS 83mm ISO800 1/125秒  f4.0

昨晩のライブには多くの方々にお出でいただき心から感謝いたします。皆様からのあたたかなレスポンスをいただきながらの時間でしたが、ひとつのライブを終えた、というよりも新しい所に踏み出したという感を強くしています。

休憩時間や終演後に幾つかの感想をもらいましたが、その中には「単にこれまでの4人の楽器編成を3人で演奏しているだけじゃないか」という厳しい言葉もありましたし、「もっとゴスペル寄りの歌が聴きたかった」などなど、これまでとはひと味違った熱い言葉をもらいました。

聴いでくださった方々のレスポンス、言葉、そして自分達の中に生まれてきた、次へとつながる言葉、想い、どれもこれもわたしにとって貴重なものです。

正直を言いますと、思わず踏み出した世界が自分のイメージよりも広くて、自分で少々戸惑っている所があるのかも知れません。

しかし楽器が3ピースでなくては産まれないスリル感や未知感も確かにあって、今後どんな風に紡いでゆけるのかが課題でもあり楽しみでもあります。

ひとつわかったことは、このユニットとしての新曲を産み出しながら進んで行くのが良いという事です。ライブを終えた時から頭の中に次のイメージがチラッチラッと見え隠れするようになりました。

昨晩のライブはあれやこれや不完全な部分があったことと思いますが、皆さんがあたたかな心で受け止めてくださった事に心から感謝をいたします。本当にありがとうございました。

写真は写真家の酒井羊一さんに撮っていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

新た

20130620_dsf4434
X-E1 XF 14mm f2.4 R ISO400 1/55秒  f5.6 +0.67EV

今日は久しぶりのBack In Townでのライブです。ライブの日になるといつも決まって思い出す思い出があります。それはデビュー前の仙台での事、「さあ今日はライブだ」と張り切ったわたしは何故かサウナへでかけてしまった事があります。

その時はすっきりして良かったのですが、いざライブが始まる時間になると眠気に襲われて大変でした。

その後にもコンサートに呼んでいただいた時に、主催者の方がわたしが温泉好きということでコンサート前に温泉に連れて行ってもらったことがあります。もうお分かりだと思いますがその夜のコンサートは湯当たりでめちゃくちゃでした。

さて今日はというともちろん普段モードで落ち着いています。最近は歌や演奏に関しての在り方を自分的にチェンジをしているところなので、今夜その辺の変化が音や空気に現れたら楽しいなと思っています。

今夜は初めてのアコースティックギター、ドラム、アップライトベースという楽器編成です。これまでの4リズムに比べると、それぞれの楽器の占める割合が大きくなります。

それぞれのプレイにどんな「新た」が生まれるかが楽しみです。もちろんリハはしていますが、本番でしか生まれない出来事の方が多いでしょうし、それを期待もしています。さあ今夜のステージに吹く風を楽しみにでかけてゆきます。

=========================================================
還暦目前 Acoustic Guitar Trio Live(まだまだ予約受付中です 
日時 :7 月 2 日 ( 火 ) 18:00 Open 19:30 Start
場所 : 新宿区住吉町 3-2 第二山田ビル B1 BACK IN TOWN
チャージ :¥3,150(+ワンオーダー)

出演:岩渕まこと Vo.G 岩渕由美子 Vo. 市原 康 Dr, 谷 源昌 B 
電話予約 :03-3353-4655
ネット予約 : backintown@nifty.com

MAKOTO BOX : singanewsong@cmail.plala.or.jp
=========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

くつろぎ展開

20130628dscf4924
X-E1 XF 55-200mm f3.58-4.8 R LM OIS 115.9mm ISO200 1/1000秒 f4.2 +0.67EV

昨日と今日は朝のBoogieとの散歩にカメラは持ち出しませんでした。少しBoogieとの1人と1匹感を楽しもうという気持ちもありましたし、最近モニターで使わせてもらっているレンズが望遠ズームなので多少重さがあり、少し首に負担がかかる感じがしているのかもしれません。

ところで普段の散歩では、わたしがカメラを構えている間Boogieは足下で大人しく待っています。撮り終えてわたしが歩き始めるとBoogieも自然な感じで歩き始めます。ひとりと一匹、なかなか呼吸が合っているんですよ。

先日カフェのオープンスペースに犬連れの方がいらっしゃいました。たまに散歩途中に出会う方なんですが、お話を聞いたら犬の里親支援をなさっているそうで、この日は小犬を引き取りに来た方との顔合わせをしていたとの事でした。

実はカフェの辺りは1日に何度か愛犬家のたまり場になります。お隣の床屋さん「K2」の奥さんが面倒見の良い方でみんなそこに集まってくるんです。

カフェのオープンスペースはそんな方々が気軽に腰を下ろしてくつろいでいただける場所にしたいと考えているので、「オーダーしなければいけない」などという心配はなさらずにくつろいでいただければと願っています。

そんなスペースで身寄りのないワンちゃんが新しい家族との出会いをしているなんて、こんなに嬉しい事はありません。

ギンイロヒコーキコーヒーハウスは「なんだか楽・・・」「気持ちがよい・・・」「まあいいか・・・」的な場所としてこの場所で「くつろぎ展開」をしてゆきたいですねえ。

=========================================================
還暦目前 Acoustic Guitar Trio Live(まだまだ予約受付中です
 

日時 :7 月 2 日 ( 火 ) 18:00 Open 19:30 Start
場所 : 新宿区住吉町 3-2 第二山田ビル B1 BACK IN TOWN
チャージ :¥3,150(+ワンオーダー)

出演:岩渕まこと Vo.G 岩渕由美子 Vo. 市原 康 Dr, 谷 源昌 B 
電話予約 :03-3353-4655
ネット予約 : backintown@nifty.com

MAKOTO BOX : singanewsong@cmail.plala.or.jp
=========================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »