« ウクレレ伴奏が似合う曲 | トップページ | 夏の風物詩 »

2013年8月22日 (木)

ふたつのデビュー

20130814dscf6360
X-E1 XF35mm f1.4R ISO400 1/2500秒 f1.4 +3.3EV

昨日の新ユニットのリハはAcoustic Bonbonと命名してから最初のリハとなりました。9月6日のギンイロヒコーキコーヒーハウスでのランチタイムライブの為のリハですが、今回のユニットのコンセプトのひとつは電気無しでも演れるユニットなので、昨日も音響機材は使わずに部屋の鳴りと返りだけでリハをしました。

大震災以降何度か避難所や仮設住宅などで歌わせてもらう機会がありましたが、そのほとんどは音響機材のない場所でした。もちろん外部から簡易PAシステムを持ち込む場合もありましたが、使用時間が限られていたりすることが多く音の調整もままならないままに歌うことが多かったのです。

今回の電気無しでも演れるユニットという発想は、こんな経験もあってのことかもしれません。ユニットとしてのサイズも車1台に人と楽器を積んでツアーに出る事が可能なので、なかなか行く機会がなかった名古屋や関西そして被災地などへ出かけて行きたいと思っています。

昨日のリハでは曲によってアコギですら音量が大きいと感じるような曲があったので、今度のライブでは、わたしのウクレレデビューもすることになりました。まったくウクレレのイメージがなかった曲なので、このユニットらしい展開だなと思い嬉しくなりました。

またアコースティクギターでもスティール弦よりもナイロン弦の方がフィットする曲も多く、これまでスティール弦で弾いていた曲をガットに替えて弾く曲もあります。

そしてなんとなんと、ドラムスの市原氏とベースの谷氏にコーラスをしてもらう曲が数曲あり、この二人のコーラスデビューということにもなります。谷ちゃんはベーシストなのに高い声の持ち主ですし、市原さんは何故かビーチボーイズのようなヌケの良い声をしています。果たしてどんなコーラスになるのかはお楽しみというところです。

ポピュラー音楽は商業音楽としてどんどんシステマティックになりました。わたしなど何処にも入り込む隙間などないわけですが、電気もいらず、安心できる場所で、時間やら何やらを気にせずに、原点回帰のような気持ちで音を出せることとても魅力的です。Acoustic Bonbonサウンド&ウクレレ、となんだかフワフワと新しい世界が見えてきましたよ。

MAKOTO BOX Information〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ♪♫

岩渕まこと/Acoustic Bonbon(Dr.市原康 Ba 谷源昌)
Lunch Time LIVE@ギンイロヒコーキコーヒーハウス
9月6日(金)11:30 Open 12:30 Start

¥2,500(スペシャルランチ&ワンドリンク付き)20名様限定予約制
お問い合わせは singanewsong@cmail.plala.or.jp


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♫♬

|

« ウクレレ伴奏が似合う曲 | トップページ | 夏の風物詩 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/52977861

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつのデビュー:

« ウクレレ伴奏が似合う曲 | トップページ | 夏の風物詩 »