« X-E2と2本のレンズ | トップページ | 閉めるボタン »

2013年12月23日 (月)

旅とカメラ

20131222dscf9736
X-E2 SAMYANG 8mm f2.8 UMC FISH-EYE X

昨日の大阪から羽田の機内誌に「永遠の0」の作者百田尚樹さんのインタビュー記事が載っていました。その中に「観光客は写真を撮り過ぎ」という言葉がありました。素人の撮る風景写真なんて大したもんじゃないんだから旅の記憶は頭に覚えさせよう、というような趣旨です。

確かにわたしも「撮るか見るか」で「見る」を選んだ事がありました。それは銀婚式の記念にマウイ島にホエールウォッチングに行った時の事でした。なんとわたしたちの乗った船をかすめるように鯨が顔を出したのです。そして潮を吹き、そこに虹が架かる、というちょっと眉唾的かと思える程ラッキーな経験でした。

その鯨がわたしたちの目の前に鼻先を出した時にわたしは頭の中で瞬間的に「撮るか見るか」を何度か考えて「見る」を選びました。確かにあの時に撮っていても記憶の中にあるあの場面は残せなかったと思います。

でもわたしはカメラをもって旅をするのが好きです。美しい景色を撮るというのも良いですが、なんでも興味を感じたものを撮ります。そして一瞬でも他の事を忘れてファインダーを覗く時間(釣りに似ている)は良い気分転換になりますし、音楽に繋がる頭のストレッチにもなっているように思います。百田さんはさすがに硬派?な感覚をお持ちなのかなと思います。

20131222dscf9749
X-E2 SAMYANG 8mm f2.8 UMC FISH-EYE X

大阪でホテル近くのコンビニに買物に行く時に8mmの魚眼を付けて出かけました。オートフォーカスではないので絞りをf8くらいに絞って撮りますから普通ならば夜の撮影は無理です。しかしデジカメはかなりの高感度でもいけるので夜の魚眼もありです。

1枚目は何となく焼き肉屋さん。2枚目はホテルのロビーでどちらもノーファインダーで撮りました。最近は目で確認しなくてもカメラを持った感触で大体水平に撮れるようになってきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ♪♫♬

SONG BOOK 2013 新発売。
①SONG BOOK2013(1999~2013) 101曲入り 本体価格2667円+税
②SONG BOOK(1978~2000) 80曲入り(再版)  本体価格1905円+税
③SONG BOOK&SONG BOOK2013 セット価格 4500円

お問い合わせ、お申し込みはMAKOTO BOXへ。
singanewsong@cmail.plala.or.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ♪♫♬

|

« X-E2と2本のレンズ | トップページ | 閉めるボタン »

写真」カテゴリの記事

コメント

「撮る」&「観る」両方同時にしたいですね。
そのうちに、眼で見た情報を、そのままデータにしてくれる機器が出てくると思います。それまでは、「残念!」の連続かもしれません。

投稿: tack-san | 2013年12月23日 (月) 09時00分

眼で見た情報をそのままデータにしてくれるなんて夢のようですが、きっとそんな時代が来るでしょうね。でもなんかノイローゼになりそうですw。

投稿: ぶち | 2013年12月24日 (火) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266157/54349995

この記事へのトラックバック一覧です: 旅とカメラ:

« X-E2と2本のレンズ | トップページ | 閉めるボタン »