« 明日はひと休み | トップページ | 音楽とカメラと自転車 »

2014年12月30日 (火)

ありがとうございました。

141230_2

年内最後の自分用の買い物はユーズドのレコード12枚でした。

先日都内に出かける予定があったので渋谷で映画を観ることにしました。映画の後に少し時間があったので、僕のコロムビア時代のディレクターの大江田くんのアナログレコードのお店「Hi-fi」に立ち寄りました。そこで超格安なレコードのコーナーを見ていたら興味のあるアルバムがあり、選んでいたら12枚になったというわけです。今朝はその中の1枚「ピーター・ポール&マリー」を聴いています。ちょっとした年末の贅沢 です。

大江田くんは「林亭」という名前で佐久間順平さんとデュオでライブ活動を続けています。ポップスにとても造詣が深く評論なども執筆しています。お店ではしばし大江田くんと「歌談義」に花が咲きましたが、とても新鮮で楽しい時間でした。話しながら僕は今年1年の自分自身の内的変化を感じていました。

どんな変化かというと、社会の中での自分のあり方や自分の中での歌の居場所がより鮮明になってきたというようなことです。これまで自分の中で散らばっていた歌や考え方がひとつの糸で結ばれてきたような不思議な感覚です。これらの変化は今後の歌に現われてくることでしょう。

部屋で回しているレコードは「ピーター・ポール&マリー」から、2枚目の「ステファングロスマン」にかわりました。

今年の自分のテーマは年頭に作曲した「夜明け前の闇の中で」の出だしの歌詞、「賛美歌うたいのフォークシンガー」でした。この歌はほぼ毎回のライブで歌ってきました。来年には今の自分の世界をCDとして表現できたらと考えています。

2014年は自分にとって意味深い1年となりました。関わってくださった皆様、応援してくださった皆様に心から感謝します。ほんとうにありがとうございました。

|

« 明日はひと休み | トップページ | 音楽とカメラと自転車 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はひと休み | トップページ | 音楽とカメラと自転車 »