« 段取りの鬼 | トップページ | 押す派引き出す派 »

2015年3月25日 (水)

友達と道具と爪

20150324dscf7758
X-T1 XF35mm f1.4

カメラ好き、写真好きの私が時々飽きてしまい、カメラを持ち出さなくなる時があります。そんな時はいつもカメラにズームレンズを装着しています。ご存知の通りレンズはその昔単焦点レンズしかなく、被写体を大きく撮りたいときには足で近づき、広い範囲を含めて撮りたいときには離れるという方法しかありませんでした。足で調整するためには歩ける場所が必要ですが、例えば被写体と自分の間に堀があるなど、必ずしも足で調整できるとは限りません。

そこで登場したのがズームレンズです。これがあれば手元でレンズをズームイン、ズームアウトすることである程度の範囲ではありますが、寄ったり離れたりしてイメージの画像を撮ることができます。とても便利な夢のレンズのズームレンズですが、私はズームレンズで撮り続けているといつしか撮ることに飽きてしまうんです。

というわけで昨日から単焦点レンズを装着してブギーとの朝の散歩にでかけました。やはり撮影がなんだか面白いんです。今朝はなぜ面白く感じるのかを考えていました。

ズームレンズは優れた道具ですので、撮る被写体とイメージを持っている場合にはその威力を発揮しますが、近所をぶらぶらと散歩する人との相性はそれほど良くないのだと思います。気軽に撮るスナップ写真は単焦点の方が面白いということでしょうか。

単焦点とズームレンズの違いのひとつは、レンズが語りかけてくるかどうかかなと思います。単焦点はレンズの方からこちらに語りかけてきます。でもズームレンズはこちらに語ることがなければレンズは黙りこくっています。単焦点レンズは友達、ズームレンズは道具ってことでしょうかね。

単焦点で撮ったもう1枚は私の爪です。

20150324dscf7761
X-T1 XF35mm f1.4

実は昨日ちょっとした作業をしているときに爪が一箇所欠けてしまいました。ギタリストにとって爪は命よりも大切なものです、って嘘ですよ。でもフィンガリングの際の音質に大きく影響するので普段からコーティングをして守っています。このコーティングもまあまあ面倒なので昨日はちょっとサボっていたら、見事に欠けてしまいました。

今朝はブギーの散歩を終えてから欠けた爪の修復とコーティングをしました。どうやって修復するのかというと、足の爪を貼ってしまうんです。応急的な修復とコーティングなのであまりきれいではありませんがどの爪を修復したかわかりますか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ♪♫♬
ギンヒコ ギター&ウクレレ レッスン
ギンイロヒコーキコーヒーハウススタジオでギターとウクレレのレッスンを
やっています。他にもいろいろなプログラムが始まっていますので、興味
のある方は「MAKOTO BOX」まで気軽に問い合わせください。
MAKOTO BOX
Email : singanewsong@cmail.plala.or.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ♪♫♬


ところで眼鏡のレンズの埃がしっかり写っているということは、ピントがそちらにいってるってことだなあ・・・。もっと写真の腕を上げないといけませんですねえ。

|

« 段取りの鬼 | トップページ | 押す派引き出す派 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 段取りの鬼 | トップページ | 押す派引き出す派 »