« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月11日 (金)

「ムーンライト・フライト」発売

20151211dscf2317

アナログ盤のサンプルを手元にするのは何十年ぶりだろう。そうです「ムーンライト・フライト」のサンプル盤が届きました。このシングル盤の発売のことを知ったのは秋のことです。まったく思いがけないことだったので嬉しい驚きでした。

「岩渕まこと」を知っている方の多くは小坂忠さんとのデュオ時代からではないでしょうか。岩渕まことはそれより前の1977年に「日本コロムビア」から「SUPER MOON」というアルバムでデビューをしました。この時24歳でしたからちょっと遅いデビューですね。

デビューするにあたり、当時お世話になっていた事務所や支援してくださった方々の尽力により、数社からコンタクトがあり、最終的にコロムビアに決めました。

そして「SUPER MOON」ではスーパー贅沢なことに鈴木茂さんがアレンジャー&プレイヤーとして4曲、鈴木慶一&ムーンライダースとのセッションで8曲を録音しました。スタジオは当時赤坂にあったコロムビアレコードの確か2stだったと思います。かなり広いスペースを連日使ってミックスダウンまで入れると40日間もレコーディングをしていたようです。

当時の僕はこのレコーディングのスーパー贅沢さをどれだけ理解していたのだろうかと思います。なにせ全てが初めてのことだったので、「デビューするってこういうことなんだなあ」と驚きつつも本当の意味で事の大きさをわかっていなかったと思います。僕の人生にこのような機会を生み出してくれた関係者各位に改めて感謝をします。

何年か前に三鷹のスタジオで茂さんにばったり出会ったことがありました。「まこと君」と声をかけられて当時のことをいろいろ思い出しました。

茂さんアレンジのレコーディングはこんなメンバーでした。

ーーーーー

鈴木茂/アレンジ・ギター・コーラス
林立夫/ドラムス
田中章弘/ベース
佐藤準/ピアノ・シンセサイザー
斉藤ノブ/パーカッション
村岡健 平内保夫 荒尾正伸/ブラスセクション
トマト/ストリングス
ウイルビーズ/コーラス

佐藤奈々子/コーラス

ーーーーー

今回発売のシングル盤にはA面に「ムーンライト・フライト」 B面に「風が吹いたら」が収録されています。

「ムーンライト・フライト」では茂さんがストリングスのアレンジに取り組まれて確か2作目の弦と茂さんのミューテッドギターが絶妙です。コーラスは茂さんと僕とが二人でファラセットで歌っています。

「風が吹いたら」では僕がレクトリックギターを弾いています。茂さんが目の前にいながら自分でエレクトリックを弾くという度胸も大したもんですねえ。若いって怖いです。

先に書きましたレコーディングメンバーをご覧いただければ当時の(今でも)ベストスプレーヤーによるレコーディングであることがおわかりいただけると思います。以前コロムビア時代の2枚のアルバムがCD化されましたが、この時代の音を追求して購入されるかたも少なくありません。

今回発売のジャケットはこちらです(左下隅に見本品の文字があります)。

20151211dscf2324

この写真は若気の至り満載で恥ずかしいのですが、写真家の三浦憲治さんの作品です。三浦さんはサンタナの日本公演でのオフィシャルカメラマンを務め、YMO、ティンパンアレーなどなど日本のロック界?でも多くの作品を手がけています。

僕にとって数年前の2枚のLPのCD化と今回のアナログシングルの発売はもう一度自分自信の道のりを思い起こす機会となりました。

僕は35年前に教会に通い始めたことをきっかけに次第にゴスペルシンガーと呼ばれるようになりました。これは小坂忠さんと一緒に歌わせてもらったことが大きいと思っています。20年ほど前忠さんとのデュオ活動に終止符を打つこととなり、再びソロで活動をしてきました。

ゴスペルシンガーと呼ばれるからにはクリスチャンの方々に聴いていただいたり、歌われたりする曲もたくさんあります。実はコロムビア時代に3枚目のアルバム制作に入ったのですが、僕に音楽をする力とでもいいますか、人と人の間で生きる力とでもいうようなものが失せてしまい、曲を作ることも、歌うこともひどく重くなってしまい、レコーディング半ばで放棄してしまったという経緯があります。

そんな中で忠さんから聖書の話を聴き、時々サポートで演奏するようになりクリスチャンになりました。ですからゴスペルという道に出会わなければその後は歌っていなかったでしょう。それから35年が過ぎた今でもあちらこちらから声をかけていただき、歌えているのは奇跡なんだと思います。

そして今僕の中ではこれまでのいろいろなことが織り込まれた布が風に膨らんでいます。映画の「明日に向かって撃て」ではありませんが「明日に向かって歌え」、といっても良いような物語のプロローグにさしかかってきたような気持ちがしています。さあ「ありがとう」からその物語を始めましょう。

7インチシングル「ムーライト・フライト」はこちらからお買い求めいただけます。CD化されたアルバムも購入可です。
http://bit.ly/1RHzOWj

またHMVはもちろん全国のレコードショップでお求めいただけます。

| | コメント (2)

2015年12月 8日 (火)

リゾネーターな冬

ギター弾きではありますが、最近はとんとギターを買ったことがありません。その理由はメインに使っているアコギのTOMPSON3本をギターパラダイスのTさんからモニターとして提供してもらっているからなんです。

ここ20数年で買ったギターはエレクトリック2本だけということになりますが、今回なんと久しぶりにアコースティックギターを買いました。といってもアコースティックはアコースティックでもリゾネーターギターという変わり種です。

これまでもリゾネーターギターをレコーディングで弾いたことはありましたが、最近本格的に弾こうと思い立ち、いろいろとリサーチをしていました。最後に、お世話になっているギタリストの先輩である洪栄龍さんに電話をしていろいろ教えてもらい、そのアドバイスを参考にして決めたのがこちらのギターです。

Img_3355

ボディー全体がスチールのものにするかどうか悩んだのですが、これも洪さんのアドバイスでウッドのボディーにしました。

メーカーはこれまたお世話になっている神田商会さんで扱っているグレッチにすることに決めてこのG9200になりました。ピッチも良いし鳴りも良くて気に入っています。

来年にはライブに登場させたいのでこの冬はリゾネーターな冬になりそうです。

| | コメント (4)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »