« トロリーバッグ | トップページ | 熊本へ行ってきます »

2016年5月31日 (火)

そこにある発見

Img_3639

最近ぱったりとギターのことを含めてブログを書く頻度が下がっているのですが、実はリゾネーターギターの探求と練習に明け暮れているため、というのが一番の原因です。実際はリゾネーターギターの、というよりもオープンチューニングの探求と練習といった方が正確です。あっ、それからスライドバーの探求と練習も加わります。

僕が使っているオープンチューニングはオープンGです。6弦から1弦に向かってD、G、D、G、B、Dというチューニングです。そのまま弾くとGメジャーのコードになります。スライドバーを使えば6弦を一気に押弦(実際には触れているだけ)できるので、5フレットにスライドバーでCメジャー、7フレットにスライドバーでDメジャーのコードとなります。Gのキーの主要三和音はGとCとDですから、簡単なスライドバーの移動でシンプルなコード進行ができてしまうわけです。

しかしそれだけでは曲が限られるますので、ドミナント7thやテンションコード、そしてマイナーコードへと世界を広げていかなければなりません。

先ほどのD、G、D、G、B、Dというチューニングの特徴は2弦のB以外は和音の中の1度と5度の音です。メジャーかマイナーかを決めるのは3度の音ですので、2弦がその役割を担っているわけです。違う言い方をすると2弦を弾かなければメジャーかマイナーかははっきりしないサウンドということです。

まあこんな感じで和音の構成音を考えながら音を選んでいくとオープンGでもかなり自由にコードを弾くことができるようになります。

今の段階でこれまでのコンサートで歌ってきた曲はほとんどオープンGで弾けるようになっています。これからも探求と練習と、そしてそこにある発見を楽しみながらリゾネーター男は日々精進していこうと考えております。


ーーーーーーーーーーーーー
今日のPR
エッセイ 〜気分は各駅停車〜

1000円でお分けしています。送料は別になります。
お申し込みはMAKOTO BOXへお願いします。
singanewsong@cmail.plala.or.jp

気分は各駅停車

|

« トロリーバッグ | トップページ | 熊本へ行ってきます »

ギター」カテゴリの記事

ギターとウクレレ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

精進をし続けるのは、すばらしいですね。
見習いたいものです。でも、その前に、弦を替えないと…。切れないことをいいことに、長いこと替えていません。

投稿: 成清 武 | 2016年6月 3日 (金) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トロリーバッグ | トップページ | 熊本へ行ってきます »