« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

できることからぼちぼちと

Img_3709
X30

昨日は半年ぶりに釜石へやって来ました。そして夜には恒例のウクレレ会でした。メンバーはすっかり顔なじみで、ほぼお友達という感じです。ウクレレを弾くこともさることながら全員が音楽好きということで、音楽談義に花が咲きます。それがまた時間を忘れるほど楽しいんです。昨晩は海外からボランティアでいらっしゃっている方の手作りのお菓子がテーブルを飾り、皆さんの顔もお腹も満面の笑みでした。

Img_3711
X30

ウクレレ会なので、僕から皆さんのウクレレ演奏へのアドバイスもちょっぴりさせてもらい、その後はミニコンサートとなりました。なぜか歌う予定にしていた曲ではなく、「ペトラ通り」「君がいて僕がいる」「スマイル」のオリジナルをリゾネーターで、半年前の釜石でお披露目した「ありがと音頭」やアルビンさんの名曲「なんでもできる」、そして最近気になっていた坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」を歌いました。どうして「見上げてごらん夜の星を」が気になっていたのかというとこんないきさつです。

最近インターネットでの自由な発言ができるようになり、誰でも自分を発信できるようになりました。選挙戦が顕著な現れの一つですが、ネット上で互いの議論を闘わせるのではなく、相手を罵倒したり蔑んだりするような言葉が発信されているのをたくさん目にします。そんなやり取りを垣間見ながら、人にとって人の存在って何なんだろうと考え込んでしまいます。
「東京は人が多くて疲れる」という人がいます。僕も関東の少し田舎に住んでいますからその感じはわかります。でも自分以外地球上に人がいなくなったらどんな思いになるのでしょうか。極端だと叱られそうですが、多分人恋しくなるでしょう。

僕はクリスチャンなのでクリスチャン的に言うと、人も神によって造られたものです。そして神は人を含めて、世界を「はなはだ良い」とおっしゃったたのです。その「はなはだ良い」同士が罵倒し、場合によっては殺しあう世界。なんと本来の目的を失った悲しみに満ちているのでしょう。

そんなこんなを考えていたら、神は美しいものをたくさん人の周りに配置して「目をさますように」、と語りかけているように思えてきたのです。空も海も山々も宇宙も。動物たちや昆虫たちや、季節や風や・・・。上げたらきりがありません。

そこで僕は星空の歌を作ろうと思いたちましたが、ふと「見上げてごらん夜の星を」という歌があったなあと思い出しました。そして昨晩初めて歌ってみたわけです。

さて今日からの釜石での予定を簡単にお知らせします。

30日 大町1号復興住宅交流会 10:00〜
   天神復興住宅交流会 13:30〜

31日 フィリア 午前
   只越3号復興住宅交流会 13:30〜

1 日 アミーガはまゆり 10:30〜

さて今日は釜石2日目です。どんな方々との出会いがあるのかを楽しみに、西川きよし師匠の「小さい子とこらこつこつと」ではありませんが、「できることからぼちぼちと」の自然体でいかせてもらおうと思っています。  
 

| | コメント (2)

2016年7月26日 (火)

手が壊れないようならば

レコーディングを始める前は、アレンジと録音に集中していたわけですが、今頃レコーディングの前に取りかかればよかったのに、ということに取りかかっています。

ひとつはヘッドフォンのパッドの交換。もう大分長く使っているのでパッドはかなりヘタっていたのですが、レコーディングはそのままの状態で行いました。先日パッドの交換ができることを知り、早速注文をして昨日無事に交換ができました。

Img_3695

ついでにイヤーパッドの中にあるウレタンリングも交換しました。こちらは原型をとどめないくらいに劣化していたので交換して本当に良かったです。

Img_3696

交換後に音をチェックしましたが、少しまとまりのある音のように感じました。気のせいかな(笑)。

もうひとつのレコーディングの前にやれば良かったのに、はリゾネーターギターの弦のゲージ研究です。そもそも最近はライトゲージでも細めの11-52を使っていたのですが、僕の場合リゾネーターはオープンGチューニングにしているので1弦、5弦、6弦をレギュラーチューニングよりも下げているわけです。さすがに11-52ではテンションがゆるくてきついかなと思い、12-54のゲージも張ってみましたが、11-52とそれほどの違いがなく(全くないわけではありませんよ)11-52で弾くことに決めていました。

Img_3700

しかし先日ずっと気になったまま、試していなかったライトゲージ(12-54)の2、3、4弦とミディアムゲージ(13-56)の1、5、6弦を張ってみました。弦同士のテンション感は自然でとても良いバランスです。弦が太くなったせいか音的にはあたたかみが増したような感じです。しばらく弾いてみて手になじむようならば(手が壊れないようならば)、これからはこのゲージの組み合わせでいくかもしれません。

ただそうなると毎回2セットを使わないといけないというところが微妙ですよね。特に余った弦の使い道が今の所思い浮かばないものですから・・・。

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

録音 合唱 指揮

20160705dscf3087
Fujifilm X30

この写真は先日のレコーディングでのひとコマです。楽器はほぼ自分のスタジオで録音したのですが、1曲だけリゾネーターをBS&Tスタジオで録りました。最近ではライブでもリゾネーターとウクレレの2本持ちの人になっておりまして、ステージでリゾネーターを抱えると、その輝きに会場から「お〜」という声が聞こえて来ることもあります。

リゾネーターには昨年の12月から本格的に取り組んできたのですが、やっと自分なりの世界が垣間見えてきたかなというところです。これからですねえ、これから。
ところで僕が東京基督教大学でギターを教えるようになってから、大学を会場に毎年夏に開催されている「夏期教会音楽講習会」でもギターのレッスンを担当するようになりました。講習会のプログラムの中には合唱の時間があるのですが、昨年「男性が足りないので助けてほしい」と言われ、気軽に参加しました。そうしたら曲がメサイアの中の曲でめちゃくちゃ難しくて焦りました。ギターを弾いて歌う自分は、無意識にコードを意識しながら音程を取っているということに気がつくという、有意義な時でもありました(汗)。

その講習会が今年は明日から開催されます。今年はだいぶ前から合唱に参加するように、とのお誘いを受けていましたので、事前に楽譜が送られてきました。今年もメサイアを歌うのですが、これまためちゃくちゃ難しいのでございます。楽譜を追いながら指揮のテンポの変化についていけるのかが問題です。


そしてメサイアに加えてもう1曲課題曲があるのですが、それはなんと「GOD BLESS YOU」です。東京書籍のWEBショップで「GOD BLESS YOU」の簡単な合唱とピアノ伴奏譜面が販売されているのですが、今回はそれを使って歌います。⇨ 東京書籍

Eovi0526

「GOD BLESS YOU」の指揮をするのは誰かというと「岩渕まこと」さんです。指揮をするなんて中学校のブラバン以来のことですので、どうなりますやら本当に心配です。

そして来週末には久しぶりに釜石へ出かけます。顔見知りになったみなさんと出会えるのを楽しみにしています。

そろそろ梅雨も明けるようですね。

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

いや〜驚きましたあ

いや〜驚きましたあ。何がって、1ヶ月以上もブログを更新していなかったんですねえ。熊本へ行ったのが6月初めだったなんてえ、と改めて驚いたりしています。というのも熊本から帰ってから新しいCDのアレンジや録音に集中していたこともあり、時間の経過の感覚が少し変になっているようです。

Img_3663

そのレコーディングも昨日ボーカルの録音を終えたので一応一段落です。今はエンジニアのJさんがミックスダウンの作業に取り組んでいてくれるのですが、できた音をデータでやり取りして確認をすることになっていますので、自分の仕事部屋で確認ができるということです。聴きなれたシステムで確認ができるのは良いことですね。
ところで先日今年2本目のギターを手に入れました。それはラリビーのパラーギターです。12フレットのパーラーギターが欲しいと思っていたのですが、友人のTさんのアドバイスを参考にして探していたところ、中古のラリビーがヒットしました。ちょうど都内に出かける用事があったので楽器店に立ち寄って弾いてみたところ、なかなか良い感触を得ました。さらにピックアップが付いているし、純正ギターケースも付いていて、新品の半額くらいだったので「これは買いだ!」と思い切って購入に踏み切りました。

これはメーカーのサイトの写真です。

P03_11
そして今日お世話になっているリペアマンのYさんにお願いして、ストラップピンを取り付けてもらいました。地元の町にリペアマンが工房を構えているって、ギター弾きにとってはめちゃくちゃ助かります。

Img_3666

自分で取り付ける人もいるようですが、ネックとボディーの継ぎ目の構造が皆同じではないので、ちゃんと調べないと失敗する恐れがあります。

Img_3668

来週の歌声ペトラではこのギターを使おうと思います。

新しいCDのことは追って色々と書いてゆきたいと思っています。


| | コメント (5)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »