« 旦那さんの本領発揮 | トップページ | リペアマットとリゾネーター »

2016年8月18日 (木)

GOD BLESS YOU 合唱編のいきさつ

Dscf3153
X30

7月末に東京基督教大学で「夏期教会音楽講習会」が開催されました。僕も同大学でギターレッスンを担当するようになってからは、講習会でも同様のレッスンをさせてもらうようになりました。

この講習会では、といいますか、東京基督教大学の音楽専攻科は元々パイプオルガンや声楽などのクラシックを学ぶ場です。そこに2012年から新たにギターレッスンが開講されたのです。

昨今、主にプロテスタントの教会では賛美歌の伴奏にギターやドラムやキーボードなどのポピュラー系の楽器を用いることが特別ではなくなってきています。そんな時代の要請もあり東京基督教大学でもギターレッスンがスタートしたのだと思います。
というわけで「夏期教会音楽講習会」に参加される90%以上の方々はクラシック系の方になります。2013年に初めて講習会の講師を仰せつかった時に僕は「ギターレッスン」と「PAの基礎講義」を担当しました。この時の「PA」のクラスは忘れることのできない有意義なものとなりました。

というのもポピュラー畑の人たちはPAとの親和性がありますが、クラシック畑の人たちはギクシャクしていることが多いようです。講義ではひととおりPAについての基礎的なことをお話しした後のQ&Aの時間に、ひとりのオルガニストの方からこんな質問が出されました。

それは「オルガンで賛美歌の伴奏をする時には会衆の歌声を聴きながら、時には励ますように、時には全体が整うように演奏するように教えられてきたのに、教会のPA担当の方からは、しっかり弾いてくださいとだけ言われるんです。そのうえモニタースピーカーからは楽器の音しか聴こえないので、会衆の声を聴きながらの伴奏ができません。どうしたらよいのでしょうか」という内容でした。

僕はこの時に初めてオーソドックスな教会の礼拝で用いられているオルガンの在り方を知ったのです。単に楽器の違いだけではなかったのです。この時から僕は教会に関わっているクラシック系の人とポピュラーの人の交流が必要だと思い始めたのです。

講習会では毎年合唱の課題曲が決められ、それを歌うのを楽しみに来られる方も少なくありません。そして昨年のこと、男性が足りないので僕にも歌ってほしいとの要請があり、生まれて初めてメサイアのテナーに挑戦しました、歌ってみるとけっこう思いがけない音程が登場して難しいものでした(当たり前だし、歌っているというだけで発声はいつものままですから〜)。

そして今年は合唱の課題曲に「GOD BLESS YOU」を加えよう、というアイデアが出されました。クラシックとポピュラーの交流が必要だと考えていた僕はもちろん賛成しました。ちょうど東京書籍のWEBショップから合唱用の楽譜が販売されていることもあり、それを使うことが可能だったことも即決の理由のひとつです。

ひとつ想定外だったのが僕が指揮をするのが良いという流れになったこと。中学校時代にブラスバンドで指揮をした経験がありましたが、到底役にたつとは思えません。しかし他の先生からの「大丈夫ですよ(面白そう!かな?)」のお言葉もいただき、引き受けることにしました。そして講習会の最後のプログラムの中で歌ったのですが、こんなこと滅多にないなという思いもあり、スタッフの方に動画を撮ってもらいました。その後気まぐれにFacebookにアップしてみたところ、半日で1000回くらいのアクセスがあり、正直目を丸くしてしまいました。ならばYoutubeにもアップしておこうと思い立ち今朝アップをしました(ここまでがいきさつかい・・・長!)。

それがこちらです(フ〜)。

|

« 旦那さんの本領発揮 | トップページ | リペアマットとリゾネーター »

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旦那さんの本領発揮 | トップページ | リペアマットとリゾネーター »