« Sierraさん | トップページ | 八王子ラーメン&パスター »

2016年10月17日 (月)

子供になってしまった

20161017_64307

昨日のコンサートで興味深い方にお会いしました。第一印象は人並み外れてハイ!な感じ。その方から名刺をいただいたのですが、その方は西八王子にある「スマイル子供クリニック」の院長先生でした。

どうしてその方に特別に興味を抱いたかというと、僕のCDへの感想を話してくださったんですが、独特の表現(どこか文学的、詩的)でなかなか鋭いところを突かれたので、俄然興味を持ったわけです(アーティスト感を感じました)。

それはCD「ペトラ通り」のことなのですが、先生がおっしゃるには「このCDを聴いた時には音がくっきりしていないので2回聴いたら聞きたくなくなっちゃった」とのこと。日本人の場合CDを制作した本人の前ではなかなか言わない言葉。続けて「でも『気分は各駅停車』を読んだらどうしてそう感じたのかがわかった。そして改めて聴き直したら好きになったよ」。とのことでした。CD「Heartstrings」にもふれて、「このCDは音がとてもくっきりしているでしょう・・・」とのこと。これらの先生がおっしゃったことが全くその通りなので僕は感心してしまいました。

今、昨日のことを思い出しながら書いていて気がついたのは、先生が子供の医療に従事されてきたからあのような鋭い洞察力を持たれたのかな、ということです。ある程度の年齢になれば自分がどこが、どんな風に具合が悪いのかを伝えられるでしょうが、幼児では無理です。小児科のお医者さんは患者さんの容態を言葉以外の情報から得なければなりません。ですからおそらく大人を診るお医者さんとは違った洞察力を必要とされるのではないかと思ったわけです。

さらにまだお話ができない子供も、言葉以外で会話をしているとすれば、お医者さんも言葉以外で会話をしなければ子供を安心させてあげられないと思います。おそらくそれが僕が最初に先生を「ハイ!」な人だと感じた原因かもしれません。ひょっとしたらこの先生は子供になってしまったのかもしれません。

とにかく僕は、先生がCDに映し込まれたその時代のドラマを感じ取ってくださったことがとても嬉しかったです。時々こんな出会いがあるので歌の旅はやめられませんねえ。

スマイル子供クリニック」では子育て支援もなさっています。八王子方面の方は近くにこんなクリニックがあって良いですねえ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« Sierraさん | トップページ | 八王子ラーメン&パスター »

」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sierraさん | トップページ | 八王子ラーメン&パスター »