« クラカメ | トップページ | N.T.・ライト・セミナー »

2016年10月31日 (月)

バッグハンガー

Img_3902

先日MacのOSをSierraにバージョンアップしようとして失敗したことを書きましたが、その後写真アプリがほぼ2日くらいの時間をかけて、何かをアップロードしていました。特に写真が増えたり重複したりということはなかったので、これまでの履歴やら何やらの情報をやり取りしていたのかなと思います。その間はiPhoneで撮影した写真の同期もしなかったのですが、アップロードが終わったら正常に同期するようになりました。今日の写真はiPhoneで撮ったものです。

昨日はクラシックカメラをプレゼントしてもらったことを書きましたが、つい先日、レッスン受講者の方からバッグハンガーをもらいました。ネットサーフィンをしていたらギターのバッグハンガーがあって、僕にプレゼントしようと思い立ってくれたとのことでした。心のどこかで気にかけてくれている人がいることはありがたいことです。

Img_3904

ふたつ前のブログで「ギター愛」について書きましたが、あれからギターのみならず自分自身の「愛」について思い巡らすようになりました。僕に愛があるとすれば、それは乱暴な愛で自分勝手な愛だなあと思ってしまいます。

10代の終わりの頃、ある音楽関係者が「岩渕くんの歌は優しいね」と言ってくれた言葉に僕は、「いや僕は優しい人間ではないんですよ」と答えました。そうしたら「じゃあ優しくなりたいんだね」と言われたことが今でも忘れられません。この「優しくなりたい」は本当かもしれません。

昨日の横浜栄光教会の礼拝では愛について語られました。そのどこかで「共にいることが愛」だとおっしゃっていたように思います。僕に足りないのはこの「共にいる」かもしれません。妻にこのことを話したら「それは小さい頃に母親と2人っきりの生活で、1人でいる時間が長かったからかもしれないね」と言われました。確かに何人かといるとワイワイやっていますが、良質の関わりを持てているかというと「?」です。

ふと妻に「君って僕の為に生きてきたんだね」と言ったら即答で「そうだよ」と言われました。正直、妻のストレートな答えに驚きましたが、本当にそうなんだと思います。そしてこの歳になるまで、そんなこともわからずに、というか自覚せずにいた自分が恥ずかしくなりました。そして自分は妻に何をしてきたんだろうかと考え始めました。

「愛されることが当たり前か」というと決してそんなことはありません。特に僕は。こんなに破れが多い人間のそばに居続けて支えてきてくれた妻にどれだけ感謝をしても足りないと思います。バッグハンガーを見ながら、これからは僕が妻のハンガーになって少しでも荷を軽くしてあげられたらと思いました(ちょっとだけ森進一)。

ところでバッグハンガーは女性が使っているのは見かけますが、男性はあまり見かけないように思います。もらったハンガーをどう使おうかなと考えたのですが、「そうだラーメン屋のカウンターに使える」と思いつきました。このハンガーはいつもバッグの隅に入れておこうと思います。

そして僕は、妻に「使えない」と言われないように、共に生きることを学ばなくちゃ(遅、汗)。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« クラカメ | トップページ | N.T.・ライト・セミナー »

ギター」カテゴリの記事

ギターとウクレレ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラカメ | トップページ | N.T.・ライト・セミナー »