« スーパームーンと深夜食堂と賛美歌 | トップページ | 抵抗権 »

2016年11月16日 (水)

まもなくリゾ1周年

20151211dscf2330
X-T1 XF23mm f1.4

最初のマイリゾネーターギターであるグレッチを手にしたのが昨年の12月だったので、リゾを弾き始めてから来月で1年になります。本格的に取り組んだのは年が明けてからで、グレッチの次に友人からリーガルを譲り受け、3月末にナショナルのStyle-Oを手に入れるということに至りました。元々Kelly Joe Phelpsが弾いていたStyle-Oに興味を持ったのがリゾの始まりだったので、こうなるのは予測できた結末といえます。

グレッチとリーガルはボディーがウッドですがStyle-Oはブラスなので音色がかなり違いますし、重量もかなり違います。またStyle-Oはほぼサイズがクラシックギターで、ネックの幅が他の2台に比べると広くなっています。最初に手にした感覚は「がっちりしている」という手応えでした。

チューニングはオープンGにしていますが、ご存知の通りスライドバーで全部の弦を弾くだけでは、メジャーコードしか弾けないので、どうしたらマイナーが弾けるか、に始まりこれまで延々と取り組んできました。今ではコードに関してはだいぶクリアできてきていますが、まだまだ発見があるだろうなと思っています。ちょっと宝探しみたいで面白いですよ。

そして今、ほぼ最後の課題としてクリアしなければいけないのがスライドバーを弦に触れさせる際の力(圧力)です。弦の太さによっても弦の振れ方(振れる力)が微妙に違うので、ある程度スライドバーの触れる力の強弱を意識をしなければなりません。

厄介なのは僕の場合小指にスライドバーを付けているのですが、元々小指は長年弦を押さえてきたので、その習性からなかなか抜けきれません。咄嗟の時に押弦の動きをしてしまい、スライドバーをコツンとネックに当ててしまうこともあります。適切な圧力(力まず軽く)で弦に触れ、しかも弦が良くなる力加減を身につけることが必要です。リゾネーター1周年になんとか身に付いていると良いのですが。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« スーパームーンと深夜食堂と賛美歌 | トップページ | 抵抗権 »

ギター」カテゴリの記事

ギターとウクレレ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパームーンと深夜食堂と賛美歌 | トップページ | 抵抗権 »