« 自分の力で | トップページ | スーパームーンと深夜食堂と賛美歌 »

2016年11月14日 (月)

木陰のような場所

20161114_dsf9640

2004年にリリースしたCD「ふたつのJ」に収録した「誰かが鐘を鳴らしてる」と2008年にリリースしたCD「横丁のジーザス」に収録した「スマイル」は同じ時期に生まれてきた曲です。

2003年の秋口のこと、妻に乳がんが見つかりました。しかもリンパへの転移もあり初期ではありませんでした。それまでも定期的に検診を受けていましたし、その年の夏の初めにも検診を受けていましたが発見されませんでした。しかしその夏は体力は落ち、体調の変化を強く感じていたので知り合いのお医者さんに相談したところ、新たに病院を紹介していただき、もう一度念入りに精密検査を受けました。その結果乳がんが見つかり、しかも初期ではないとのことで、妻も私も動揺しました。

その後手術で病巣を取り除き、抗がん剤の治療が始まりました。やがて毛髪にも影響が出てきましたし、免疫が落ちるので外出も控えるように指示されましたので、その年のクリスマスコンサートへの出演を何箇所かキャンセルをさせていただくことにもなりました。

「誰かが鐘を鳴らしてる」と「スマイル」はそんな中で妻のために作曲した曲なのです。昨日のコンサートでは「誰かが鐘を鳴らしてる」を歌いましたが、終演後に「鐘の歌が入っているCDはありませんか?」と2人の方が尋ねてこられ、購入していらっしゃいました。その中のおひとりが妻に、現在ご自分の置かれている大変つらい状況を話していらっしゃいました。「誰かが鐘を鳴らしてる」はそんな辛い中にいらっしゃる方々の励ましになるようです。

生きていると、理不尽、納得がいかない、どうしてこんなことが自分の上に、と考えてしまうことに出くわします。私たちも長女を脳腫瘍で神様の元へ送った上に妻までも乳がんになるとは・・・。妻はその時「神様、またですか」という気持ちになったといいます。

聖書に生まれつきめの見えない人が登場します。そこにはこう記されています。

ーーーーーーーーーー
またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。
弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。
「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」
イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。
神のわざがこの人に現れるためです。
ーーーーーーーーーー

僕たちは、特に日本人は、よくないことがことが起こると、因果応報を考えてしまいがちですが、ここではあえて「どうして」と理由を求めるならば、「神のわざがあらわれるため」なんだと答えられています。これは神が奇跡を表すためにこの人が盲目で生まれたというのではなく、あえて理由を求めるならば「神の救いがあらわされるため」ということなのだと思います。イエスキリストは神なのですから。奇跡を起こすために問題を作る必要はありませんし、イエスキリストは救い主なのですから、そのわざは救いということができるでしょう。

今朝は昨日「ふたつのJ」を手にしてお帰りになった方のことを思いながら、教会で歌わせてもらうということを考え直していました。最近は冗談で「ニュージョームリョー」なんて書いていますが、教会で歌うということは、聴きにきてくださる方々の暮らしの近くで歌う、ということなのかも知れないなあと思いました。教会でのコンサートはイベント的でもなくお祭り的でもありません。しかしそんなところへ出向くエネルギーがない方でも顔を出せる木陰のような場所なのかも知れません。ということは教会というところは教えを請うところ、というよりは木陰なのかも知れないですね。

昨日は「ふたつのJ」と「横丁のジーザス」は僕にとって大切なアルバムたちだなあと改めて思わされた1日となりました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« 自分の力で | トップページ | スーパームーンと深夜食堂と賛美歌 »

コンサート情報」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の力で | トップページ | スーパームーンと深夜食堂と賛美歌 »