« かなり回復 | トップページ | オミット・サード »

2016年12月12日 (月)

理屈に合っていることだけが良いわけじゃない

Img_3998

先週土曜日には堺キリスト教会でのめおとバージョン、そして昨日は石川県の辰口キリスト教会でのソロバージョンのコンサートを終えて昨晩戻ってきました。皆さんにご心配をいただいた風邪もほぼ回復して、今日は久しぶりに普通な感じを味わっています。しかし痛めた声帯や気管はまだ完全ではなさそうなので、ここで安心しないようにせねばというところです。

風邪に関しては40代になった頃に治りにくくなったことを感じました。それからはひき始めが肝心なので気をつけてきたのですが、今回はそれも功をそうさずに皆様にご迷惑をおかけしました。妻に言わせると根のつめすぎだそうです。

風邪のおかげでコンサートも普段の生活もままならなくなった約3週間強の間にいろいろと考えたことや、変化したこともあったので、これから何回かに分けてブログにそれらを書いておこうと思います。

先ほどの、妻が言った根をつめすぎる件ですが、クリスマスコンサートの準備と相変わらず続いているリゾーネーターギター&オープンチューニングの探求のことだと思います。もう一つ加えるならば毎日ブログを書き続けていたことでしょうか(笑)。

こと日のクリスマスコンサートに関しては、秋口からプログラムにどんなメッセージを込められるかをいろいろ思いめぐらしながらプランを練りました。そして今年はクリスマスに表されているグッドニュースのスケールのようなものを表現できたらという思いが起こりました。クリスマスにある神の物語という方がわかりやすいかもしれません。

すでにここまで何箇所かでのコンサートを終えていますので、それが実現できているかどうかはわかりませんが、最後までそのイメージを持ちながら歌っていきたいと思っています。

もう一つの根をつめているリゾネーターギター関係のことですが、ここ半年ほどあれだけ色々試して選び抜いてきたスライドバーをこの間のある日、なんとなく最後に手に入れたTABのジャイアント・ボーンバーに換えてしまいました。理詰めでいけば重さといいサイズといいERIC-SARDINAS’PREACHIN Pipe 285 が良いのですが、ふとコンサート先に何本かのスライドバーを持って行こうという気持ちになり、リハーサルで弾いてみたらジャイアント・ボーンバーが良いや!と深く静かに思ってしまったというわけです。理詰めだけが正しいわけじゃない、理屈に合っていることだけが良いわけじゃない、という自分へのメッセージなのかもしれません。

ジャイアント・ボーンバーは陶磁器製なので、落とせば破損する恐れがあるので早速予備を揃えました。せっかくなのでPREACHIN Pipe 285と並んでもらいました。

Img_3997




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« かなり回復 | トップページ | オミット・サード »

ギター」カテゴリの記事

ギターとウクレレ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かなり回復 | トップページ | オミット・サード »