« あかんかったらやめたらええんです | トップページ | 釜石、気仙沼、大船渡 »

2017年1月 4日 (水)

固定されているような、曖昧なような

20170103dscf9994
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

新年は息子夫婦と孫、そして娘夫婦も加わって賑やかに過ごしました。娘の夫(正式には娘婿というらしいですが)的には嫁の実家に行くことは色々気を使うので気が重いと思うのですが、喜んで来てくれるので感謝しています。

この娘婿は写真家なんです。僕は普段プライベートで音楽の話をそれほどしたいとは思わないので、彼も写真の話はしたくないのではないかと察し(特にカメラ好きの質問攻め)なるべくふれないようにしてきたつもりです。

それが今年、僕が撮った写真を見てもらう機会があって、少し撮影や機材について話す機会がありました。ちょっとした時間でしたが、レンズの画角について、用途による画角の選び方などなどとても参考になりました。会話の中で僕が「やっぱりズームじゃなくて単焦点レンズが欲しくなる」という話をしたら、「だったらズームレンズをテープで固定して使うのも良いですよ」とのアドバイスをもらいました。

もちろん単焦点レンズを選ぶ一番の理由はその写りにあるわけですが、具体的な使い途がなければ高価なレンズも宝のもちぐされになってしまいます。以前の僕がそういう状態に陥っていたからカメラやレンズを手放したのに、また買い集めたのでは意味がありません。

僕はこの「テープで固定する」が腑に落ちました。娘婿が「今度撮影機材用のテープを持ってきますよ」と言ってくれたのですが、もう既に僕の心はテープに逸ってしまいました。そして翌日の夕方(昨日)にはテープを手に入れてレンズの画角を35ミリ(フイルム時代の50ミリあたり)に固定して撮影に出かけるという、何かが点るとめちゃくちゃ素早いという相変わらずの一面を見せたのでした(笑)。

20170104dscf3870
FUJIFILM X30

20170104dscf3871
FUJIFILM X30

で昨日は孫が遊びに来ていたので一緒に近くの公園に出かけ、結局初のテープ固定撮影は孫を撮ることになりました。

20170103dscf0141
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

それにしてもこの「テープで固定」は僕に向いています。まずは単焦点の足で撮る楽しさが味わえること。テープを外して画角を変えてまた固定すれば違う画角の単焦点を楽しめること。実際に単焦点レンズ1本で撮っていると、「やっぱりあっちの画角が良かったんじゃないか、いややっぱりこれでいいんじゃないか・・・」と撮ることよりも迷いの方がメインになってしまうことが多い僕なのです。

というわけでどちらかに決めないと落ち着かないせっかちな僕は、物事が固定されているような、曖昧なような、というあたりが一番向いているのかもしれません。これをファジーっていうんでしたっけ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« あかんかったらやめたらええんです | トップページ | 釜石、気仙沼、大船渡 »

写真」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あかんかったらやめたらええんです | トップページ | 釜石、気仙沼、大船渡 »