« 持ってけ泥棒交渉成立 | トップページ | プレイルーム化 »

2017年1月27日 (金)

弦とスライドバーとのセットでどうか

20170127dscf0290
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

僕にとっての関心事はいまだにリゾネーター関係のことなのです。でもさすがに今日はそれをブログに書くことをためらう気分になっています。それはある日「こうだ!」と確信を持って書いたことが、数日後には違う「こうだ!」と違う確信に変わることに我ながら呆れてきたからです。これは日常生活でもあって、時々妻から指摘をされます。こういう自分をひいき目に見れば「それだけのスピードで考えている」と言えますが、実のところは「何も考えていないんじゃないの」と言われそうで怖いです。

で今日は何が「こうだ!」なのかというと、スライドバーの評価は使用弦ごとにすべきだということです。以前張っていたコーテッドフォスファーブロンズの場合は弦が良く鳴るので、フィンガリングの力を少し抑制させながら弾いて、スライドバーは「Latch LakeのDynamic Diffusion Acmustaglide Slide」が良かったのですが、

20170127dscf0294_2
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

20170127dscf0296
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

今回張ったニッケル弦の場合はフィンガリングを強めにしても鳴りすぎることがなく、スライドバーも金属製じゃない方が良いことがわかったのです。

20170127dscf0297

なんと音だけでいうと1番はこの瓶の頭の形のもの。いつどこで買ったのかも覚えたいないスライドバーです。

そしてトータルには左の陶器製が良いです。このスライドバーはアコースティック弦で弾いている時には線が細く感じたのですが、ニッケル弦で強めに弾くととても良い味が出ます。

考えてみれば当たり前なのですが、スライドバーだけの良し悪しや、弦だけの良し悪しを語るのはNGであることがやっとわかりました。弦とスライドバーとのセットでどうかが大切ですねえ。


ーーーーーーーーーーーーー

岩渕まこと ギター&ウクレレ レッスン

16178891_926973187439892_3170949459

ギンイロヒコーキスタジオでのレッスンは個人レッスンが中心です。
弾き語りの方は歌や作曲まで、岩渕のスキルを活かしたレッスン
ができます。

個人レッスンは40分で3000円
ペアレッスン(ご夫婦や親子で)は50分で5000円です。

基本は月に2回のペースですが、毎週レッスンの方から月に1度
の方まで、それぞれのペースに合わせてのレッスンができます。

お気軽にお問い合わせください。
singanewsong@cmail.plala.or.jp

ーーーーーーーーーーーーー

|

« 持ってけ泥棒交渉成立 | トップページ | プレイルーム化 »

ギター」カテゴリの記事

ギターとウクレレ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 持ってけ泥棒交渉成立 | トップページ | プレイルーム化 »