« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

今週末はキャンプファイヤーだよ

16779754_10208858525243866_49957637

全く新しいコンセプトで取り掛かった「GOSPEL CAMPFIRE」がいよいよ今週末に迫ってきました。何が新しいのかというと今回のメンバーはそれぞれがGOSPELというくくりに入るものの、お互いにひと味もふた味も違うというところです。それは音楽のジャンルというだけではなく、GOSPELのど真ん中のイエスキリストとの出会いや関わりの物語が異なっているということです。

ひところGOSPELの世界(キリスト教会の世界という意味も含みます)では一致という言葉をよく聞いたように思いますが、個々のイエスキリストとの出会いや関わりの違いを考えてみれば全く同じ、ではないことの方が当たり前でしょう。かえって違いを認めつつ一緒に歩むことがGOSPELの本質を描き出すことにも繋がるように思いますし、GOSPEL(もともと良い知らせという意味)を生きる姿として映るようになれば良いのではないかと思います。

当然このような考え方は「自分はどうなのだろう」と問いかけてきます。そして昨年夏ごろから、焚き火を囲んで歌い合うというイメージのライブができないだろうかと考え始めたのです。それが今回「GOSPEL CAMPFIRE」として姿を現わします。

焚き火を囲むのは塩谷達也くんとそのユニット、チヨが率いるサルーキ=、そして僕の3組です。塩谷くんの歌唱力とコンポーザー、ゴスペルディレクターとしての評価は高く、僕もそう評価するひとりです。チヨは塩谷くんに言わせると「公家ぽい」とのこと。それはチヨの真っ直ぐさと、ちょっと高貴な感じのする夢追い人的なところをまとめての表現でしょう。塩谷くんが「公家ぽい」というのを聞いて僕は「なるほど」と思ったものです。という僕はといえば塩谷くんに言わせると「3回りぐらいひねくれた人」だそうです。そして彼は気がついていないと思いますが、会う度に僕を励ましてくれる奴(こういうことを書くのは気恥ずかしいのでこうして奴と言ってしまう)なんです。チヨは不思議でこの前は「ちょっとおしゃれして写真を撮ろう」なんていう思いがけないことを言ってきます。僕は「え!」と返しながら少しだけおしゃれをして彼を待ちます。

さて「GOSPEL CAMPFIRE」では会場の皆さんもそれぞれが焚き火として一緒に燃えて欲しいんです。「それってどうするの?」って僕もよくはわかりませんが、ステージではそれぞれが誰かのステージに侵入したり、初めてのコラボも予定しています。スタートしたらどんな風が吹いて、どんなキャンプファイヤーが見られるか一緒に楽しみましょう。またいつか一緒に焚き火を囲めるように、みんながあたたまって帰ることのできるキャンプファイヤーにしたいと願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

GODPEL CAMPFIRE のお問い合わせ/お申し込みは MAKOTO BOX までどうぞ。

singanewsong@cmail.plala.or.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

自作

20170320dscf0398_2

以前から川崎の宮前区にあるギターシェルターというお店に行ってみたいと思っていたのですが、先日近くまで出かける用事があったのでお店へ行って、小一時間ほど何台かのリゾネーターギターを試奏させてもらってきました。この時はまるっきり冷やかしということではなく、旅用に使うための少し軽く持ち運べるもので気に入ったものがあれば買おうかと考えていました。ちょっと面倒な客だったと思いますが、ご店主は嫌な顔ひとつせずに何台かを試させてくれましたが、結局「これだ!」という1台にめぐり合うことができずに店を後にしました。ほんの少し後ろ髪が引かれるものもあったのですが、ひとまずちょっと考えることにしました。そのお店はこちらです→ギターシェルター

この連休中に少し時間ができたので仕事部屋の整理をしたのですが、そのついでに前から作りたかったスライドバー立てを自作しました。と言ってもそんなに大げさのものではなく、あり合わせの板を切って、そこにスライドバーが動かないように支えの釘を打ち込んで、そこにバーを立てるという物です。

20170320dscf0395

板を切って適当な長さの釘を探して、一応板にドリルで穴を開けてから差し込みました。多めに立てられるように横方向に釘3本の列と2本の列を交互に配置することにしました。いざ釘をセットすると見た感じが拷問の道具のような恐ろしさを感じたので、使わないであろうテレビのアンテナケーブルの中身を出して被覆だけにし、それを釘より少し長めに切って差し込むことを思いつきました。

20170320dscf0396

スライドバーを箱に入れてしまうこともできるわけですが、すぐに手に取れる方が良いので作って良かったと思っています。そのうち釘ではなく全体が木製のものも作れそうな気がしてきたのでチャレンジしてみたいとは思っていますが、ちょっとあやしいです(笑)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

GODPEL CAMPFIRE の予約受付中です。

お問い合わせ/お申し込みは MAKOTO BOX までどうぞ。

singanewsong@cmail.plala.or.jp



16779754_10208858525243866_49957637

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

リゾネンまこと

Img_4072

最近ちょっとした楽しみにしているのが、ネットで販売中のリゾネーターギターを見ることです。ほぼ毎日同じ楽器に出会うわけですが、それでも日々、これ興味があるなあ〜とか、安い〜、とか新たに心惹かれるものがあったりして、ゴクゴク微量に一喜一憂してはぐっとこらえるという繰り返しを楽しんでいます。ちなみにこちら→デジマート

ところで一段落という言葉がありますが、僕のこれまでの経験的に思うところは、自分が興味を惹くものは大体その熱が一段落してから奥行きが出るというか深みが出るように思います。最近ではカメラ、自転車、そしてリゾネーターギター関係です。

お気付きかもしれませんが、今日わざわざ一段落について書いたのはリゾネーターギター関係が一段落してきたということです。楽器選びからオープンGの修練、そしてスライドバーに関してのあれやこれや・・・。

現在メインに使っているNational社のStyle-Oを手に入れてほぼ1年が過ぎますし、Kelly Joe Phelpsというシンガーを知ってリゾネーターに興味を持ってからは1年とプラス数ヶ月が過ぎています。そして体感的になんとなく一段落してきた今日この頃というわけです。一段落したということは飽きたということではなく、道具選びに関してほぼ終了ということです。

昨日は友人に削ってもらった重さの違う2本のスライドバーの長さを調節しました。先日瓶をカットしてもらったものを削ることにトライしたのですが、瓶よりも昨日削ってみたブラスの方が柔らかいということに驚きました。とにかく瓶を削るのはかなり大変でしたが、ブラスの方は拍子抜けするほど楽でした。バーの調整といっても長さ調整で、軽い方のバーを2〜3ミリ程度短く削ったということです。写真の左が重い方で、真ん中が軽い方、右は市販の陶器製のバーです。

Img_4074

Img_4075

ところで昨年末にひどい風邪をひいたこともあって運動することがめっきり少なくなっていましたが、先日から歩くことを始めました。今日は久しぶりにノルディックウォーキング用のストックを引っ張り出してきて小1時間歩いてきました。徐々にストックの使い方も思い出してきてちょっとだけスポーツぽい気分で歩くことができました。

Img_4070

今週は明日の墨田、そして週末の釜石でのライブがあるので今日も個人練習をします。というのもこれまでウクレレとリゾネーターの2本使いでしたが、これからはリゾ1本に絞ってみようと考えているからです。「オープンチューニングでなんでも弾く気かい!」と突っ込まれそうですがその通りなんです。

ひとまずリゾネンまことをよろしくです。

ーーーーーーーーーーーー
4月1日にこんなライブをします。みなさんぜひ聴きに来てください。

16864801_1303792466352054_336184165

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »