« 諦めのエッセンス | トップページ | これからいろいろありまっせ »

2017年4月18日 (火)

5月の投げ銭ライブ

3月末のある土曜日僕は都内の楽器屋さんへ出かけました。その帰り道のこと、最寄駅で楽市楽座という手作り市が開かれていました。天気も良いしそこをぶらぶらして家まで歩いて帰ることにしました。手作りの小物や陶器、木工品や飲食のお店を眺めていたら、視線の先に全く思いがけないものが見えたのです。それはスティールパン。鉄のパンではなく(失礼)楽器です。

ウィキペディアによれば「20世紀最後にして最大の発明といわれるアコースティック楽器」ということです。どこで発明されたかというとカリブ海のトリニダード・トバゴ共和国です。元々はドラム缶から作られましたが、今は楽器として製作されているのだと思います。

Unknown

手作り市ではスティールパンが数台並んでおり、プレーヤーもスタンバイしている感じだったので僕は「次はいつ演奏するんですか?」と聞いたところ、「僕らはゆるい感じで演っているので、今から弾きますよ」と言っていただきました。そしてカリブ海っぽい曲を演奏していただきました。

僕はその音色に感動し、代表の方に、若い頃にヴァン・ダイク・パークスのDiscover Americaを聴いてスティールパンがとても好きになったことなどなどをお話ししました。

51osrbfzqfl_sx425_

そして「僕も歌を歌っているんだけど一緒に演奏してもらうことは可能ですか?」と聞いたところ、「いいですよ」とのこと。さらに「実はギンイロヒコーキというお店を開いていて、そこで投げ銭ライブをやってるんですよ」とお話ししたら、「僕は投げ銭でも弾きますよ」と言っていただきました。

でも僕は内心本当に一緒に演奏してもらえるのだろうか、という気持ちがゼロではありませんでした。なんせその方は僕のことを知らないし、歌を聴いたことがあるわけでもないんですから(汗)。

その方は伊澤陽一さんという方です。

A4f850_b054906bc2084bf090616e2af57d

伊澤さんのサイトはこちらです。→ Steel Pan Life

というわけで5月27日(土)に投げ銭ライブが決定しました。スティールパンの音色とどんなコラボになるのかが本当に楽しみです。ぜひ皆様お聴きのがしのありませんように。

1705

|

« 諦めのエッセンス | トップページ | これからいろいろありまっせ »

ギター」カテゴリの記事

コンサート情報」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 諦めのエッセンス | トップページ | これからいろいろありまっせ »