« 馴化 | トップページ | 平凡なことばたち »

2017年5月13日 (土)

ゴスペルミュジックウイーク

96ec89b98360838983v400

昨日はとても面白い1日でした。まずは友人であるサルーキ=のレコーディングに誘ってもらっていたので、午前中からリゾネーターギターを弾きに行きました。スタジオは神奈川県の唐木田にあるスタジオマークというところでした。

実は前日夜にレコーディング開始時間が早まったのかな?というような連絡が入っていました。唐木田というところは初めての上に、レコーディング後には石川県金沢までの移動があり、リゾネーターと大荷物を持って朝の混む時間の電車移動は無理と判断し、急遽妻に車でスタジオまで送ってもらうことになりました。その結果、予想以上にスムーズに目的地に着くことができて、なんとスタジオはまだ開いていませんでした(笑)。

やがてオープンしたスタジオでスタートまで待たせてもらおうと、申し訳なさそうに扉を開けたら、なんとオーナーでありエンジニアの方が顔見知りだったので、驚きつつひと安心しました。(*スタジオマークはとても綺麗で爽やかでした。レコーディングはもちろんリハもOKみたいです。グランドピアノもありましたよ)。

そんなこんなでスタートまで待つどころか、早速セッティングを始めてくださり(リゾネーターギターは珍しいのでマイクのセッティングにはちょっと時間もかかります)、メンバーの集合時間には録音が始められる状態となっていました。結局思っていたよりも時間がかかったので早めに始められて良かったです。

録音を終えて今度は電車で金沢へ向かいました。唐木田から金沢までは待ち時間も含めるとまあまあ遠かったです(汗)。

北陸新幹線が富山を過ぎるあたりでFacebookを見ていたら、金沢音楽堂で小坂忠さんがリハーサル中という投稿がありました。「え!」と思って検索したら、僕も参加する金沢でのゴスペルミュージックウイークの大きなコンサートがあることがわかりました。会場はどこだと検索するとなんと金沢駅隣接ではありませんか。これは顔だけでも出したいと思ったのですが、駅で出迎えてくださった方の配慮もあり、全てが順調に進み、金沢到着から20分後にはホテルへ荷物を置き、忠さんの楽屋を訪ねていました。

そうしたら最近よくデュオで一緒に演奏されている佐藤克彦さんもいらっしゃって、以前から一度演奏を伺いたいと思っていたので、これまたガビーン!と驚き爆発でした。

ところでコンサートは3組のアーティストで構成されていました。まず最初は韓国のアイビックバンドというラテンやジャズのテイストでの歌と演奏。

Img_4140_2

2番目は最近Lasting noteというユニットでの活動も始めた竹下靜ちゃん(実は高校生ぐらいの時から知っているんで・・・)。とても良かったです。帰り際に新しいCDをいただいちゃいました。

Img_4141

Img_4139

そして最後は小坂忠さん。佐藤克彦さんのオープンチューニングでのギターも絡みながらのステージは、久しぶりに時間を忘れて聴き入りました。

Img_4142

約2時間半近いコンサートでしたが個人的には新しい気づきをもらえた貴重な時間でした。

僕は今日の13:30から松任聖書教会。明日の13:00からはインマヌエル金沢キリスト教会で歌います。皆様のお越しをお待ちしております。今日も明日も面白くなりますよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1705

|

« 馴化 | トップページ | 平凡なことばたち »

ギター」カテゴリの記事

ギターとウクレレ」カテゴリの記事

コンサート情報」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馴化 | トップページ | 平凡なことばたち »