« え!半音も | トップページ | 林檎と窓 »

2017年5月 3日 (水)

灯台下暗

20170502dscf0425

昨日カポタストのことでちょっとした発見がありました。僕がこれまでカポタストを選んできた基準は軽量で小ぶりということです。トンプソンでメインに使っているのはPAGE、リゾネーターで使っているのはSHUBBでどちらもアルミニウム製の軽量タイプです。

SHUBBカポは定番ですので良くできていますが、ウイークポイントはギターに装着した時、微妙に押弦の邪魔になるというところです。これはほぼどのカポにも共通していますが、PAGEのカポはほぼネックに寄り添うような形状なので使いやすいと思います。しかし少しネックが太いリゾネーターにはPAGEのカポはサイズが小さくて使うことができません。

20170502dscf0426

そこで昨日、普段は全く使うことがない、かなり昔に買ったジムダンロップの原始的(失礼)なカポを試してみました。そうしたらこれがなかなか良いではありませんか。もちろん軽量ですし、押弦時の邪魔にもなりません。ひとつ気にになるのが装着時に弦を横方向に引っ張りそうなところです。弦を引っ張ると音程が狂うのでそれでは使い物になりません。

20170502dscf0427

というわけでどうしたらうまく装着できるかを試してみたのですが、始めから絞めた時に動くであろう方向に、弦に当たる部分全体を微妙に動かしてから絞めると良いことがわかりました。

この原始的なカポが良いなんてまさに灯台下暗しでした。何十年前から持っていたのかも思い出せないですからね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1705

|

« え!半音も | トップページ | 林檎と窓 »

ギター」カテゴリの記事

ギターとウクレレ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« え!半音も | トップページ | 林檎と窓 »