« ことばと遊ぶ | トップページ | 山田の牡蠣 »

2017年7月10日 (月)

歌の苗

Img_4338

昨日は新生釜石教会の礼拝に出席し、その中で歌う機会も与えられました。柳谷雄介牧師のメッセージでは被災された時のことが話されていました。発災時は教会の1階の天井付近まで津波が押し寄せたものの、2階部分は使用できたので、教会を支援活動のために提供されたとのことです。礼拝堂は瓦礫が散乱していて使用できないので、礼拝は教会の外で捧げられていたようです。

Img_4341
壁にある白いラインまで浸水をしました。

Img_4342

教会としての復興支援が一段落しても、柳谷牧師はニュースでどこかに災害が発生したことが伝えられると、心がざわざわして落ち着かなくなる日々が長く続いたそうです。昨年8月末の岩手県岩泉町の台風による被害が伝えられた時も、心がざわざわして落ち着かなくなり、お医者様に相談したところ。「それはPTSDですね」と診断されたそうです。

どのように心がざわざわしたのかというと、ご自分たちが被災された時に多くの方々の支援をいただいたのだから、自分もどこかで災害が起これば、職を手放してでも支援に駆けつけなければいけないのではないだろうか、という思いに駆られたからだそうです。柳谷牧師はどこかで災害が起こったというニュースを耳にする度に苦しまれていたのです。

しかしそれがPTSDだとわかりホッとされたとのことでした。最近では心のざわざわも大分少なくなったとおっしゃっていました。

発災から6年が過ぎて生活が少し落ち着いてくると、被災された方々はご自身の内側の後悔や葛藤との闘いを余儀なくされるのかもしれません。

メッセージの中で柳家牧師は「支援に行くことができる人は行かせてもらえば良いし、それがかなわない人は普段の生活をしっかりとしましょう」と呼びかけておられました。

先日ブログに書いたマルチン・ルターの「明日世界が終わるとしても僕は今日林檎の苗を植える」ですね。

僕はこうして支援活動をさせてもらえるわけですから、僕はギターを抱えて歌の苗を植えにいきましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« ことばと遊ぶ | トップページ | 山田の牡蠣 »

」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ご夫妻での6日間、本当にお疲れ様でした。私たちは働きから退きましたが、今も岩手に、時間と、運転と、ギターと、歌と、祈りと、お話しと、聴く耳と、笑いと、涙と、たくさんの数えられないものを運んでくださって、誠に感謝にたえません。と、日本語で言うと何となく固苦しくなるので、英語にて。(時に日本語は何だかもどかしいです) Praying Our Father's Will be done though our work in relays, link and chain in love in Christ!!

投稿: Chiyokoshimakura | 2017年7月14日 (金) 15時55分

シマクラさま

嬉しいコメントをありがとうございます。レスポンスがしこたま遅くなってしまいました。
手紙の文字が僕たちだとすれば、その行間を神様が吹き抜けてくださることを願っています。僕も英語で堅苦しくなく言ってみたい。

投稿: ぶち | 2017年7月20日 (木) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ことばと遊ぶ | トップページ | 山田の牡蠣 »