« さあ音楽やろうか | トップページ | メモメモ »

2017年7月31日 (月)

思い出の散歩道

Img_3705_1

昨年の今日は日曜日で釜石に滞在していました。昨年の6月中旬、数日間レコーディングで家を開ける時間が増えるのでいつものペットホテルへBoogieを預ける時の別れ際に、いつもと違う寂しそうな表情をしているのが気になりました。数日後にレコーディングを終えてBoogieをピックアップしに行った時に、ペットホテルの方が「あまり水を飲まなかったんですよ」と心配そうに伝えてくれました。

その後家に帰ってもいつもと様子が違うので、かかりつけの動物病院で診察していただいたところ、以前から治療をしていた腎臓の機能がかなり衰えているとのことでした。さらに他にも問題があって、短ければ後1ヶ月くらいかもしれないと言われたのです。

短ければ1ヶ月。そんな診断の結果になるなんて全く考えてもみなかったので、僕たち夫婦はその現実をなかなか受け入れることができませんでした。また7月は僕が家を留守にすることが多く、月末には釜石行きの予定があることなどもお医者さんに話しました。お医者さんは「じゃあ釜石から戻ってくるまで頑張ってもらえるように治療しましょう」とおっしゃってくださいました。

7月に入ってさらに体調が悪化して中旬には1週間ほど入院もしました。点滴で栄養をもらったBoogieは次第に元気を取り戻してきましたが、それと共に「家に帰りたい」と鳴き続けるようになったことと、これ以上入院しても治療の効果が見込まれないこともあり、退院することになりました。

29日に釜石へ旅立つ時には車で駅まで送ってもらう間、妻が「抱っこしていけば」と言ってくれました。僕もそうしたいと思っていましたが、あまり取り乱しては妻も不安になるだろうと我慢をしていました。しかし妻がそう言ってくれたので、駅までBoogieを抱っこすることができました。最初のソファーの上の写真はその日の朝のBoogieです。

釜石では時々スカイプでBoogieの様子を見ては、Boogie!と呼びかけたりしていました。Boogieがそれなりにちゃんとしているので、釜石から戻る前日の31日朝には、ひょっとしたら明日帰って会えるかもしれない、と思うようになりました。

そして午前中の予定を終えた足で、少しでも早い電車で帰ろうと駅へ向かい、乗車変更の手続きをしました。乗車変更も無事に出来て、次の場所へ向かう車中から妻へ電話をしたところ「たった今Boogieが旅立った」とのことでした。なんだかここまで気持ちを支えていたつっかい棒が外れて、僕はふわっとなった気がしました。結局駅までの抱っこがブーとのお別れになりました。

あれから今日までの1年はあっという間に過ぎた気がします。1年前はとにかくペットロスにならないようにと気を張っていたこともあり、なんとか平常心で過ごしてくることができました。

今年に入ってこんな歌を作りました。

思い出の散歩道

Boogie Boogie お前のこと
Boogie Boogie 忘れないよ
こぼれる笑顔をくれたBoogie

Boogie Boogie 明日のことは
Boogie Boogie 明日にまかせ
のんきに今を生きてたBoogie

いつも歩いた散歩道
時々わがままを言って
もう帰るよと座り込んでた散歩道

Boogie Boogie 出会いがあり
Boogie Boogie 別れが来て
涙の数だけありがとう

Boogie Boogie いつの間にか
Boogie Boogie 齢をかさね
なんだか急いでいたねBoogie

今日は一人の散歩道
今でもそばにいるようで
思い出だけが風にじゃれてる散歩道

Boogie Boogie お前のこと
Boogie Boogie 忘れないよ
こぼれる笑顔をくれたBoogie

この歌は冬の投げ銭ライブで歌いましたが、もう歌わないような気がします。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

両日ともにチケットはありませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み
いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくださ
い。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

20170725_91925






|

« さあ音楽やろうか | トップページ | メモメモ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さあ音楽やろうか | トップページ | メモメモ »