« みんなお疲れ様と地球が回る | トップページ | かな? »

2017年9月26日 (火)

「月夜の焚き火」@仙台 接近中

昨日は29日の仙台でのライブの準備をしながら、当日デュオで共演する佐々木和司くんと譜面のやり取りをして、その後電話で打ち合わせをしました。和司くんとは高校が一緒で、すごく仲の良い友達でした。二人のデコボコ感がちょうどフィットしていたのかもしれません。

その後彼は八木山合奏団という仙台では知る人ぞ知るバンドのメンバーとしてコロムビアレコードからデビューしています。僕より先のデビューですから芸能界的にいうと「先輩」ということになります。「カズシ!」なんて呼び捨てにしてちゃいけないんですね(笑)。

八木山合奏団でググったらこんな曲にヒットしました。歌っているのは「カズシさん(笑)」ですね。僕は初めて聴く曲ですが、ジャケットが今回のライブのタイトルの「月夜の焚き火」にぴったりです。

今回は八木山合奏団の黒津くんもギターで参加してくれます。そして多分、きっと、絶対、会場から八木山合奏団の高橋勝美さんが乱入することと思います。彼は年上ということもあり昔から「カツミさん」と呼んでいました。現在は高橋快晴というミュージシャンネームで和太鼓奏者として活動をしています。彼のFM太白の番組、「快晴流」にも何度か出演させてもらいました。

今回の仙台でのライブのために今年の初めから色々と骨折ってくれているのがキーボードの榊原光裕くんです。彼はプレーヤーとして作曲家、アレンジャーとして仙台の音楽シーンを牽引してきた人物です。以前の仙台駅の発車のベルなど、仙台に暮らしていたら彼の作品とどこかで出会っているでしょう。

なんと彼はバークリー音楽大学を首席で卒業したという経歴の持ち主で、彼の優れた、しかし抑制の効いた演奏は必聴ものです。

次の動画は現在の彼のユニット「Happy Toco」のものですが、多分初期の頃のだと思います。

崎村達也くんはその当時は珍しかったフレットレスベースを巧みに弾くベーシストでした。榊原くんと崎村くん、そして稲垣潤一くんとの4人で「HANKHANTEN」というバンドを組んでいたこともあります。

崎村くんとは先月のリハの時にほぼ40年ぶりの再会をしました。久しぶりに彼のメロディアスなベースが心地よく、「ああ俺はこの音の中にいたっけ・・・」なんて少しセンチな気持ちになりました。

ググったらこんな動画を見つけました。ベースが崎村くんだ。

そんなメンバーたちとの40年ぶりのライブが数日後に迫ってきました。予約してくださった方々の中にはずっと応援してきてくださったアナウンサーの方や、今回初めてお逢いするサプライズな方、昔から僕の歌を聴き続けてきてくれた辛口の友人たち(嬉し涙)も大勢駆けつけてくれます。そして小中の同期生たちも来てくれるそうです。

きっと僕自身が自分のルーツを再確認させられるような時になるだろうなと楽しみにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

東京に続く第2弾は29日(金)仙台です。

チケットは発行しておりませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み
いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくだ
さい。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

聴きにいってやろうか、という方は是非事前にご予約を願いします。

20170724img_4093

400929sendai

|

« みんなお疲れ様と地球が回る | トップページ | かな? »

音楽」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コンサート情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんなお疲れ様と地球が回る | トップページ | かな? »