« 月夜の焚き火@仙台(5) | トップページ | 月夜の焚き火@仙台(7) »

2017年10月 5日 (木)

月夜の焚き火@仙台(6)

20170929dscf1353_2
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

15分程の休憩を挟んで、2部は榊原くん、崎村くん、黒津くん、由美子さんとの5人編成で進めてゆきます。

20170929dscf1361

1曲目は「ドキドキスキップ」。もちろんこのメンバーでは初めての演奏です。間奏は黒津くんのセミアコのソロ。ひょっとしたら「ドキドキスキップ」のラテン系のリズムでのソロは初めて聴いたかもしれません。

20170929dscf1365
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

続けて僕がウクレレに持ち替えて「かけがえのない世界」です。この曲は「What a wouderful world」の私訳バージョンで最近ではよく歌っています。由美子さんが一緒の時は彼女が歌っていますので、次第に彼女の持ち歌のようになっています。間奏はベースの崎村くんのソロ、ファンキーなベースはもちろん、メロディアスなベースも得意とする彼の音色を楽しませてもらいました。

20170929dscf1378
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

ここで1部で歌ってくれた和司くんに加わってもらって「ザット・ラッキーオールド・サン」を歌いました。最近の僕はこの歌が一番歌いたい歌になっているようです。どこでいつ歌っても気持ちが入りますし、聴いてくださった方からのレスポンスも多くなっています。もともとは久保田麻琴さんの歌で知っていたのですが、これまた私訳をして歌っています。「かけがえのない世界」も「ザット・ラッキーオールド・サン」も次のCDには収録したい曲です。

2部の4曲目は「北上夜曲」です。これは演奏的にフリーな部分が多いので、ミュージシャンそれぞれの味わいが聴こえてきます。今回は和司くんというボーカリストもいるので、彼にもソロをとってもらうこともできました。

20170929dscf1379
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

そもそもこの曲は東日本震災以降に歌い始めた曲です。その曲を仙台の仲間とこうして一緒に歌う日が来るなんて考えたことがありませんでした。会場には東京のゲストとしてお招きした釜石の高橋和義牧師も来てくださっているし、ちょっと特別な時間だったと思います。

20170929dscf1385
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

それは今回のライブのコンセプトである、過去、現在、未来のみっつがひとつになっていたからです。一緒に演奏しているミュージシャンたちの間で僕は歌いはじめ、東日本大震災から自分の今が変化しだし、そのことが僕にそれ以前とは違う未来をもたらしているからです。東日本大震災から僕は、僕たちは変わったんです。

この編成での最後の曲は「サヨナラは言わない」です。この曲は”東北応援団 LOVE EAST”のテーマ曲です。大震災から、この曲が生まれてから、6年が過ぎました。大震災は過去であり、今であり、そして明日でもあります。もうこの事実は僕たちの人生から外すことのできないことなのです。僕に自分の未来が見えているわけではありませんが、やがていつかあの大震災が今の僕の母であったと感じる日がくることでしょう。

今回の仙台でのライブでは自分の過去と現在と未来が手をとって踊っているようでした。

さあライブの方もフィナーレが近づいてきます。次回に続きます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月23日(祝)に稲垣潤一くんのライブにゲスト出演します。
是非お出かけください。
会場は <築地・汐留 BLUE MOOD>
昼夜2回公演です。詳しくはBLUE MOODのサイトでご確認ください。

20171001_162915_2

|

« 月夜の焚き火@仙台(5) | トップページ | 月夜の焚き火@仙台(7) »

音楽」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コンサート情報」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

ウクレレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月夜の焚き火@仙台(5) | トップページ | 月夜の焚き火@仙台(7) »